*

本を読もう!

公開日: : 最終更新日:2017/10/13 子供達の学ぶ心 , , , , ,

子供たちのすべての基本は、

   『本を読む』

だと思う。
海外では、教科書が分厚く、
それを授業まで、試験までに読んでいることを求められるという。

日本に住んでいても、同じ人間。
もっと本を読もう。

学校の課題図書じゃないんだから、
小説やライトノベルでも、もちろん構わない。

ともかく、たくさん読んでほしい。

たくさん読むと、

  ・本を読むことへの恐れが少なくなる。
  ・ことばを覚える。
  ・小説では飽き足らなくなって、エッセイやノンフィクション、技術書に興味が移るかも。

という訳で、このまま言いっぱなしでは誰も読まないので、これから何回かに分けておすすめ図書を紹介していくことにする。

目標100冊。
100冊到達後は、ジャンル別に整理したい。

※本をなぜ読むか?
 大人は、
 「その作家が好き」
 「時代小説が好き」
 「手っ取り早く情報や知識が欲しい」
 「仕事の専門書は、本」
 「今度、その本を書いた人と会うから」
 などある。

 単なる趣味で本を読むと聞くと、
 「そんな暇はないよ」
 と思うし、
 必要だから読んでいると聞くと、
 「そんなに必死に読んでも頭に入ってこないよ。第一間に合う?」
 と思う。

 でも言い訳している時間がもったいない。
 とにかく本を読みだせば、自分の読書の目的が見えてくる。

 いや、逆だな。

 ゲームの取扱説明書や攻略法の本は必死に読むだろう?

 「自分がやりたいこと」

 に近づいていくために、本を読もう。
 目的をもって本を選んで、
 目的をもって本を読むと、
 欲しいものが手に入るぞ。

~~~~~~~~~


1.「どうせ無理」と思っている君へ 本当の自信の増やしかた, 2017, 植松努


2.ロボットの天才 (空想科学文庫) , 2011, 高橋智隆


3.不可能は、可能になる, 2010, 古田貴之


4.Tehuくん先生の世界にひとつだけの授業 今、小学生のキミに伝えたいこと。, 2014, うえみあゆみ


関連記事

子供、子供、子供。少なくとも叔父さんになる!

November 2013 Wellfleet MA Uncle Tim's Bridge / e

記事を読む

「学び」を呼吸と同じように無意識にできるようになるために・・・

同じ勉強をしていて差がつく「本質的な理由」http://toyokeizai.net/article

記事を読む

「教育の情報化(ICT化)」を横目で見て思うこと

貧困層の子どもたちにパソコンを与えることが、教育問題解決となるのか?http://nge.jp/20

記事を読む

滋賀県草津市周辺の子供たちが学ぶ場の情報

滋賀県草津市周辺の子供たちが学ぶ場の情報。 若狭視点でのセレクション。(2016.12.20現在)

記事を読む

ロボット教室の生徒諸君11~「学ぶ」ということ~

仕事や学校だと 「失敗したくない」 と、やる前からあきらめてしまうかもしれないけれど、

記事を読む

フィンランドの学校教育

記事を読む

僕の提供する教育は?(【オランダ教育に触れるイベントin京都】参加報告)

【オランダ教育に触れるイベントin京都】~「自己肯定感」と「生きる力」を引き出す教育とは~ 【日程

記事を読む

夏休みの宿題をがんばれ!

夏休みの宿題が終わりそうにない!ピンチ!!という方とその親御さんへhttps://ameblo.jp

記事を読む

「ロボット・プログラミング」は単なる手段

Vol. 105 [決断を早める方法]http://views.core-infinity.jp/2

記事を読む

「ロボット教室基金」の枠は作れる

> 破れてなかみのなくなった畳が畳であり、菜のない食事が食事であり、玩具のない遊戯が遊戯である。

記事を読む

デイタイム・ショート・コーチングの感想をいただきました。

デイタイム・ショート・コーチングの感想をいただきました。 (

Vol. 122 [「老害」って人のことを笑えない]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 121 [「コーチングのエッセンスを体験しよう」を開催して]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

それは美しいか?

武田鉄矢 今朝の3枚おろし「経営者のアートとサイエンス」(

樹木希林さん

【樹木希林さん】  亡くなって1か月半にもなって、それも

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑