*

コーチング、NLPの学び方

公開日: : et cetera-opinion

【質問】

ある方から、「NLPを学んで、現在やっている仕事のメニューにコーチングを追加したい」と相談を受けました。
これだと相談内容がわかりませんね。
あえて僕が定義すると、

「これからコーチングのサービスを提供したい。
 そのためにNLPを学びにある団体のところで契約して行くことにしているが、それは適切だったか?
 なお、コーチングのトレーニングをしていないし、コーチをつけていない。」

長年やってきた経験からすると、設問の適切さが気になりますが、
一般に、相談する相手がいない場合に、ありがちな質問かと思います。

どのように、何を回答したか、ここに記します。

【回答】

結論から申しますと、
私はその団体のことを知りませんし、体験会に参加していませんのでわかりません。
けれど、Webサイトを拝見した範囲では、よい選択肢の一つだろうと思われます。

★[一般論]
あなたが
「何かに気づいて、自分の人生に生かすか」
それが得られれば、それで十分です。

何十万円かけようとも、たった一つのことがわかればそれで十分です。

体験会にいくつか参加されて、決められたのであれば、それが正解です。
インターネット上に、多くがそのように述べています。私もそのように思います。

実際に学んできた立場からいうと、体験会に参加したぐらいでわかるものではない、すべて終わってからというのも事実です。
[でも、くどいようですが大事なので繰り返します。体験会をいくつか参加して、決めることが絶対に大事です。]

お決めになったことがご縁ですから、ご縁を大切にされたら良いですね。

★[資格]
国際資格のことを気にされていましたが、
コーチングもNLPも、民間資格です。
ですから、資格をどれだけ
自分のよりどころにするか、自信を反映させるか、です。

トレーナーになるのであれば資格が必要です。
日常の自分を変え、普段使っていくのであれば、資格を取らなくても構いません。
人によっては、課程を修了しても、資格申請しない人もいます。有料です。(団体によって、受講料に含めているところもあります)

上級コースに上がる人、トレーナーになる人は資格を取ります。
私の場合は、多少なりともかっこをつけないといけないこともあり、
「米国NP協会(クリスティーナ・ホールさん系統)」のマスタープラクティショナーを表に出しています。

ただし、上級コース、トレーナー資格という場合、他団体の資格は基本的に無効です。
別の団体の上級コースに行こうとしても、最初から受講するよう求められることが普通です。

★[学びに必要なこと、学んだあとにも必要なこと]
コーチング、NLPなどを「コーチングとして提供」するだけでなく、
「日々の業務の中で生かす」場合も、以下のどれかを続けてください。

最低毎月1回。最初は毎週1回が望ましいです。
  ・コーチをつける
  ・セミナーなどトレーニングの場に出る

あなたは謙虚なのでトレーニングに通おうとされていますが、
人によっては、

   「自分はコーチングもできるし、やってきたから」

と、トレーニングに行かず、コーチも付けずに、コーチと名乗ってコンサルティングをする人もいます。
そんな一人を、「コーチングの根本の一番大切なことをわかっていないなあ」と思った記憶があります。

★[学ぶ目的と学ぶ人ごとの特性]
一方で、別の視点もあります。

   「コーチングがわかっている人」
   「コーチングを上手に伝えられる人」
   「コーチングを深くわかっていないけれど、コーチングが上手な人」
   「資格を持っている人」

これらは全く違います。
人それぞれ、資質があり、得意技があります。

クライアントさんにとって大事で、コーチの商売としてうまくいくのは、3番目の「コーチングの上手な人」でしょう。「頼れそう」とかも。

ですから、学ぶ立場からすると、

   「何のためにコーチングやNLPを学ぶか?」

これからブレなければいいと思います。

★[コーチングでビジネス]
コーチングで大儲けできるかは、
   商売と考えて、
   対象を誰に設定し、
   営業をどれだけ上手にやるか
の問題です。

マイコーチとのセッションで、
そのテーマについてコーチングを受けることはできますが、
それ自体はコーチングには何も関係ありません。

コーチングの誤ったイメージを広めないでいただければ、私としてはそれで十分です。

★[学ぶときの覚悟]
コーチングやNPを学ぶときに大事なことをもう一つお伝えしておきます。
一番懸案の人間関係を俎上に載せてください。

その人の顔を見るのも考えるのも嫌で、大嫌い、でも逃げられない関係。
これまで表立っては普通にして、封印してきた関係や感情。
自分のブラックなところ。

それに取り組みつつ、学びを進めてください。

「商売としてのコーチング」を考える人は、そのあたりをサラッとスルーしがちですが、それに取り組まないと、クライアントに結局何も提供できません。

そして、これらはとても「危険」ですね。
誰にでも話せることでもありません。

だからこそ、講師を選ばなきゃならないし、
一緒に学ぶ人も選ばなきゃならないのです。

講師や受講者の肩書やスペックではなくて、
自分が感じ取るインスピレーションで判断することです。

今後、どのように学びを進められているか、よろしければ状況をお聞かせください。
楽しみにお待ちしています。

※NLP団体の比較については下記を今回見ました。
https://successbeginstoday.org/nlp
http://www.chairng.com/unitedstates_nlp
http://www.nlpjapan.jp/cat_nlpmanabikata/1572/

以上は、その方に伝えたことです。
追加して、あと少し。

★[余談]
僕自身、きれいな言葉で言いきれていないのですが、
今はコーチングをこのように考えています。

『コーチングは、相手が持っている可能性を尊重したコミュニケーションの時の、自分のあり方、自分を知る方法、分析ツール』

本当のところは、「可能性」ではなく、

「生まれてきた目的」
「その人の人生の自由度」

なのですが、こんなことを言われてもわからないですよね。

もちろん、まったく違う定義をしてもらっても、
「多様であればあるほど」健全な社会
なので、構いません。

(追記)
かつて、このBlogで「NLPトレーナーになる方法のまとめ」という記事を書いています。
気になる方はお読みください。


関連記事

お返しする間柄

Rainbow Food III / dos82[/caption] 先日お盆で実家に帰った

記事を読む

ニュースの背景を知らないと・・・

なぜ中国人が騒いだか。http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=2722

記事を読む

道具は「やっちゃいけない使い方」を最初にされるもの

お詫びと訂正 | ビジネスジャーナルhttp://biz-journal.jp/2016/08/po

記事を読む

権力者とジョーク

> 権力者がジョークの流布を見逃すことができるなら、その権力は、あきらかに安定している > 宮田光

記事を読む

「教育」を実験してもいいじゃないか

> 教育はもつとも実験室化してはならぬものでありながら、もつとも実験室化しやすいもの > 福田恆存

記事を読む

東京造形大学 2013年度入学式 諏訪学長による式辞

 もうすでにご存知かもしれません。  新聞に掲載され、この学長の入学式の式辞を知りました。

記事を読む

コーチングのPCC,MCC資格

PCC,MCC資格 下記は、翻訳の際に誤りを含めた可能性があります。 正しくは、出典をご覧く

記事を読む

no image

「商売指南書 新井流」1回目読了

商売指南書 新井流  1回目読了。  「お客様のために」この言葉は何度も目にしてきま

記事を読む

「選挙」って、「社会の多様性」を映すもの

 選挙のことで、やっとわかったことがあります。  今まで、「変だな」と思っていても、「問い」の形に

記事を読む

新聞記事より 「消えた年金」について

「ごめんなさい」と言って調査を打ち切り、    「現状と困難な点を説明」    「自己申告を

記事を読む

デイタイム・ショート・コーチングの感想をいただきました。

デイタイム・ショート・コーチングの感想をいただきました。 (

Vol. 122 [「老害」って人のことを笑えない]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 121 [「コーチングのエッセンスを体験しよう」を開催して]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

それは美しいか?

武田鉄矢 今朝の3枚おろし「経営者のアートとサイエンス」(

樹木希林さん

【樹木希林さん】  亡くなって1か月半にもなって、それも

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 2018年4月
    « 3月   6月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑