*

Web記事「試行錯誤が論理的思考力よりも重要」

公開日: : 最終更新日:2017/09/07 子供達の学ぶ心 , , , , ,

プログラミング教育では、試行錯誤が論理的思考力よりも重要
青山学院大学客員教授の阿部和広氏
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/499982/030900037/?rt=nocnt
 より

~~~~~~~~~
有識者会議では「プログラミング的思考」が繰り返し言われていました。プログラミング的思考は、将来どんな職業に就こうとも求められる普遍的な力として、ある活動を達成するために、どのように動きを組み合わせればよいか、その組み合わせを漸近的に改善していくこと、つまり、解を試行錯誤的に求めることを狙ったものです。

 つまり、いきなり答えが決まっているのではなく、自分で考えて、試してみて、失敗して、という過程を繰り返して答えに近づいていくんだということが言われていたわけです。そして、その結果として論理的思考が培われるというものです。活動の対象も、コンピュータに限定されず、コーディングを学ぶことが目的ではないと強調されていました。
(リンク先より引用)
~~~~~~~~~

書かれていることは、その通りで、
子供たちには、

   『試行錯誤しながら答えに近づいていく』

経験とトレーニングをしてもらいたいと思っています。

けれど、
学校や家庭、塾で、この

   『試行錯誤的に求める(=プログラミング的思考)』

を伝え、トレーニングするにはどうしたらいいか?

親も子供も先生も、答えを持っていません。
子供たち一人ひとりの人生がかかっているので、

あるアイディアを行ったグループと
そのアイディアを行わなかったグループの
比較実験をするわけにはいきません。

せいぜい、
アイディアAを行ったグループと
アイディアBを行ったグループでの
違いを見るくらいしかできません。

第一、答えも、落としどころも、正解も、誰も知りません。
行きつく先がわかっているかのような、取り組み方はできません。

とするとどうするか?

親、子供、先生がみんな集まって、「主体的・対話的で深い学び」を続けていくしかない。

少し考えてみれば、学校のどの教科も、

   「主体的・対話的で深い学び」をして、
   「試行錯誤的に求める」

ことができます。

~~~~~~~~~

ただ、時間がかかる。
手間がかかる。
30人の一斉授業ではできない。

(だって、先生がカリキュラムに沿ってぐいぐい引っ張っていくから、
 現在、教室で一斉授業が成り立っている。
 それが「主体的」なものをベースに、
 「試行錯誤的」な方法になったら、人が足りないのは明らか。)

子供たちの方が早く順応するのだろうけれど、
子供たちもやり方を変えるのに時間がかかるし、
まして、先生や親は、もっと難しいんじゃないかな。

(先生や親は、表向きはきれいな形にするのだろうけれど、
 「試行錯誤的」は必要だし、
 それを隠しちゃいけないとも思う。)

~~~~~~~~~

主体的に取り組むための基本として、
「ゴール」「目的」といったものは大切。

自分が望まないもののために努力させられるのは、誰も嫌なものだからね。

もし、親、子供、先生が取り組むなら、
まずこのテーマについてみんなで考えてからがいいだろう。

   『なぜ勉強するのか?』
   『勉強する、とはどういうことか?』

ノウハウや技術を覚えることよりも、
必要な時に自分で考える動機をもって、
その場に合うものを見つけ出す行動力を発揮することが大事だと思うから。

~~~~~~~~~

この話題はフラクタルだなあ。
もっとも、先生や親は、
さらにメタな視点で、場をつくる力がないといけないのだけれど、
これも「試行錯誤的」に自分で発見するしかないものだからなあ。


関連記事

「問題文が理解できない子供が増えている」というけれど、どんな利点があったのだろうか

読解力が危ない(1)~問題文が理解できないhttp://www.yomiuri.co.jp/kyoi

記事を読む

コーチングで子供たちに持ってもらいたいこと

教育現場や家庭でのコーチングはとても大切だと考えています。 「コーチングをする」ということではなく

記事を読む

no image

Vol. 5 [スケートを簡単に上手に滑るには?]

 若狭 喜弘(Yoshi)です。 【スケートを簡単に上手に滑るには?】  冬季オリンピックが終わり、

記事を読む

教育困難校での教育方法は知らないけれど・・・・・

モンキー高校と侮蔑される教育困難校の実態スマホを回収しなければ、授業は完全崩壊http://toyo

記事を読む

「学びラボ ロボット教室」の先生は、雑談が仕事?

かつて生徒から、 「先生は教えないねえ。雑談ばっかりだねえ」 と言われたことがあります。

記事を読む

将来をイメージできたら、勉強への取り組みが変わってくる

塾を運営しているコーチ仲間とミーティング。 成績アップはもちろんだけれど、現実感をもって目標、目的

記事を読む

毎月の調べもののテーマ(4月分)

ロボット教室で各家庭に配布している月刊広報の原稿を書いています。 作っているロボットの解説

記事を読む

ロボット教室の生徒諸君 その6

ロボット教室の生徒諸君 ロボットづくりは、 ロボットを作ることじゃなくて ←こんなの当然

記事を読む

ロボット教育、プログラム教育で、「目的としていないもの」を手に入れろ

ロボット教育、プログラム教育を 文部科学省は、2020年から小学校以上の必修にしようという案が出て

記事を読む

本を読もう!

子供たちのすべての基本は、    『本を読む』 だと思う。 海外では、教科書が分厚く、

記事を読む

それは美しいか?

武田鉄矢 今朝の3枚おろし「経営者のアートとサイエンス」(

樹木希林さん

【樹木希林さん】  亡くなって1か月半にもなって、それも

Vol. 120 [コーチングのエッセンス]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 119 [自分をプロデュース]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓

Vol. 118 [リスペクト(respect)]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑