*

「他人に与えてもらう夢は『娯楽』と呼ぶ」

公開日: : et cetera-opinion, 子供達の学ぶ心

岡野由美さんの「ぼんぼんすふぃあ」を読んでいて、
ポン、と膝をたたいたことがある。

中のフレーズにこのようなのがありました。

「他人に与えてもらう夢は『娯楽』と呼ぶ」

これなんだよね。

「娯楽」 に 「Entertainment」 の訳が当てられていて、
 まさにそれだと思ったのだ。

~~~~~~~~~~

仕事の方が尊いとか、娯楽は下等などとはいわないが、

仕事帰りに一杯飲んでくる とか、
マージャンをする とか(今の時代ではないかな)
競馬に行く とか
テレビを見る とか

子供たちだったら、

ゲームをする とか
ゲームセンターに行く とか。

「消費」 する 『娯楽ビジネスのお客さん』 なんだよね。

そんなのを、「やりたいこと」 「夢」なんて言うな!!という話。

もし、「ディズニーが好き」というのだったら、

   「ミッキーになったらよくって、
   その代わり、常に誰かから見られる生活をしては?」

という話。
お金を払ってもてなしてもらうことを目指してはダメだ。
もてなす側・・・・でもなくて、
自分ができるサービスを提供する立場にならないと。

結局、やりたいこと、夢が 『娯楽』 の範囲のことだったら、

   「誰かからもてなされること」

じゃないか。

だとしたら、そんなことを「夢」 「やりたいこと」なんて言っている人間の小さなこと。

それで満足しているなら、それでもいいけれど。

~~~~~~~~~~

ロボット教室で、
「うちにはテレビを置かないんだ」と話すと、

「テレビはおもしろいよ」
「お金ないの?」
「うちで使わなくなったのあるから使う?」などと言われる。

子供たちは、時間の使い方について考えたことがないから、
あまりに自分たちには潤沢すぎて
あり余っているので、
友達同士で遊ぶことが終わったら、
今の時代は 「娯楽」 に行くしかない。
おとなが 「娯楽」 に連れていくし。

さらに逆転現象が起こっていて、
「娯楽」 が先に子供たちのスケジュールの枠を占めるようになってきているようだ。

学校と塾で予定がいっぱいだと、
「娯楽」 が必要だよな。
「娯楽」 は、自分で予定を決めているわけではないけれど、
「他人から決められた時間」ではないからね。
受け身の時間でも、まだ自分の時間だから、
「娯楽」を先にスケジュールしてしまう。

~~~~~~~~~~

僕はね。

娯楽に僕自身の時間やお金をかけるのをとてももったいないと思っている。
そんな時間があったらもっとやりたいことがある。
誰かから指示・命令されたことではなくて、
「やらなきゃいけないこと」がある。

(このことは、子供たち、サラリーマンしか経験していない人には理解しがたいことらしいが)

だから、僕の時間やお金をそんなものに使いたくない。

だから、僕の夢ややりたいことは 「娯楽」 じゃない。

~~~~~~~~~~

今、一つ気づいたのだが、
子供たちがゲームをしたがるのは、

もしかすると、
「失敗してもやり直せるから」
かもしれない。

もしくは、
「学校の勉強と違い、失敗しても、人生には何の影響もない」
からかもしれない。

自動車教習所内の運転の前の、コンピューターシミュレーターの段階だな。
教習所のコースに魅力があると誘い、
実技コースに誘い、
一般社会に出航させることが必要なのか。

モデルもきちんと見せないといけないな。

~~~~~~~~~~

「娯楽」 を 「夢」 や 「やりたいこと」 などという人とあまり付き合いたくない。
疲れていて、癒されたいのであれば、
まず疲れをとって、癒されてから来てほしい。

「もてなされる」 よりももっと楽しい世界にはおつきあいしよう。


関連記事

Web動画『学校を飛び出した子供たち_フリースクールのすごさ』

学校を飛び出した子供たち_フリースクールのすごさ20160220houdoutokusyuhttp:

記事を読む

白黒はっきりさせるとバラバラになる

> 危険なのは実際に専制において行(おこ)なわれるコントロールではなく……断片化なのです。 > チ

記事を読む

ノウハウが蓄積されたので、プロに任せなくても・・・・本当?

> 「年々、音楽事務所の占める割合が小さくなってきていてこれまでの経験から音楽祭のノウハウが蓄積され

記事を読む

ロボット教室の生徒諸君 その7~生徒のあなたたちに期待すること~

塾で、生徒のあなたたちに期待すること。 ①実験の事実を目で見て、純粋に「理科ってすごい」と思っ

記事を読む

ロボット教室の生徒諸君 その5

ロボット家政婦さんで思いだしたネタ。 こんなのがありました。 ロボ子ちゃんオーバーケア あ

記事を読む

Vol. 87 [「天才」のまま生きていくために]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

学校は、子供が「学ぶの面白い」と思って学ぶところ

学校教育を、いまのような陸軍幼年学校みたいなバカなやりかたをやめて、うんとゆるくしたほうがいい。子供

記事を読む

あまちゃん(9月13日放送)

2013年9月13日放送の「あまちゃん」を見て心に残っていること。  「あまちゃん あらす

記事を読む

自分は何に共鳴してその仕事をしたいのだろうか

やりたいこと、っていいながら、結局なにかの「職業」につきたいだけということはある。でも、その「職業」

記事を読む

「問題文が理解できない子供が増えている」というけれど、どんな利点があったのだろうか

読解力が危ない(1)~問題文が理解できないhttp://www.yomiuri.co.jp/kyoi

記事を読む

Vol. 121 [「コーチングのエッセンスを体験しよう」を開催して]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

それは美しいか?

武田鉄矢 今朝の3枚おろし「経営者のアートとサイエンス」(

樹木希林さん

【樹木希林さん】  亡くなって1か月半にもなって、それも

Vol. 120 [コーチングのエッセンス]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 119 [自分をプロデュース]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 2018年2月
    « 1月   3月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑