*

「 子供達の学ぶ心 」 一覧

船出しよう

■船は出ているのだから、後戻りはできない (一語一会)ピアニスト・作曲家、西村由紀江さん 母の佑子さんからの言葉 より ~~~~~~~ 記事を読んで思ったのは、 「行動を始めるのは大事

続きを見る

コーチングで子供たちに持ってもらいたいこと

教育現場や家庭でのコーチングはとても大切だと考えています。 「コーチングをする」ということではなく、 子供に「どんな自己認識を持たせるか」です。 それは、「特定の望ましい自己認識」ではなく、

続きを見る

「おんぶに抱っこ」

> おんぶに抱っこ > 言い習わし  (折々のことば 選・鷲田清一) この言葉が使われる場面は別にして、 鷲田さんの視点が面白い。 おんぶと抱っこで、 「親と子の視線がどこを向いて、何

続きを見る

先生がまず「疑問が思い浮かぶ喜び」を全身で感じる

9月末までの原稿のために調査したこと。 星座早見板の東西南北、 地区別星座早見板の違い、 太陽系の惑星の明るさを決める条件は地球からの距離だけか、 地球の自転と公転、 夏が暑い理由、冬が

続きを見る

子供が伝わる言葉、言い方、もっと応用が利く伝え方は?

幼児の勘違い、防災のヒントに 幼稚園が27年記録http://digital.asahi.com/articles/ASJ977JNMJ97UTFL00T.html?rm=377 火事の避難

続きを見る

自分は何に共鳴してその仕事をしたいのだろうか

やりたいこと、っていいながら、結局なにかの「職業」につきたいだけということはある。でも、その「職業」が世の中に与えている本質的な価値はなにで、その価値提供は本当にその「職業」でないとできないのか、と考

続きを見る

学校にも「コーチングの心」を

教師が子どもを追い詰める―― 「指導死」の現場からhttp://news.yahoo.co.jp/feature/344 文中にある 「先生も追い込まれているんです」 これがすべて。

続きを見る

学校は、子供が「学ぶの面白い」と思って学ぶところ

学校教育を、いまのような陸軍幼年学校みたいなバカなやりかたをやめて、うんとゆるくしたほうがいい。子供に学校は競争の場ではなくて勉強する場所なのだと教えなければ日本の病根は直らないのではないかしら。 h

続きを見る

ロボット教育、プログラム教育で、「目的としていないもの」を手に入れろ

ロボット教育、プログラム教育を 文部科学省は、2020年から小学校以上の必修にしようという案が出ているという。 それについて、下記のような取り組みや意見がある。 「ロボット教育」は、子ど

続きを見る

「自分で本を調べてでも、これをやりたい!」そう思えるほど興味や疑問があるものは何ですか?

毎月1回書いている原稿。8月末の分。 調べたこと:プロペラ(プロペラって、どこの部分までがプロペラか) 編集後記的な文章は下記。 読者は小学生とその保護者です。 ~~~~~~~

続きを見る

僕の提供する教育は?(【オランダ教育に触れるイベントin京都】参加報告)

【オランダ教育に触れるイベントin京都】~「自己肯定感」と「生きる力」を引き出す教育とは~ 【日程】8月26日  【場所】株式会社megami 五条オフィス 【講師】石川尚子 https://

続きを見る

「ほめる」「承認」の記事一覧

「ほめる」「承認」について書いた記事の一覧です。 (2016/08/04現在) 「ほめる」と「承認」を区別する基準にした本とWebhttp://views.core-infinity.jp/2

続きを見る

「ほめる」のは、対等なコミュニケーションを手抜きしてる?

 ロボット教室の講師をしています。  生徒と接する時に心がけていることがあります。    『ほめない』  です。  でも、こんな時に、あなたはどうしますか? ・生徒が

続きを見る

「教える」よりも「安全の場をつくる」「学ぶ喜びを体験させる」

塾の先生として、 知って実践しておきたいことだったので、この記事を紹介します。 ~~~~~~~ 「ちょっと子どもを見ていてください」は、 子ども全体を見ながら、かかわりかたを見

続きを見る

「面倒くさい」と「やりきる」は別問題だよね

リンク先の記事と同じく、 「面倒くさい」 という生徒(ロボット教室)が多い。 中には、 「遊んでくるからやっといて」 とか、 「一緒にやって」 とか。

続きを見る

ロボット教室の生徒諸君 その9~生徒のみんなに何を得てもらいたいか?~

僕が講師をしているロボット教室で、 生徒のヤル気や発想力に刺激を与えるにはどうしたらいいか、 といつも自分に問いかけています。 すごいもの、とにかくすごいものを作っているのを紹介するのもいい

続きを見る

ロボット教室の生徒諸君 その8~ハウステンボスのロボット王国~

ハウステンボスのロボット王国http://www.huistenbosch.co.jp/event/robot/ リンク先をご覧ください。 こんなのも作られているぜ。 ~~~~~~~

続きを見る

生徒が自分にもしてほしいこと?

【生徒が自分にもしてほしいこと?】  ロボット教室は、生徒はほとんど男の子です。先生も、男の先生が比較的多いです。そのための安心感か、男子生徒(特に低学年)は男の先生にカンチョーを執拗にしてくる

続きを見る

ロボット教室の生徒諸君 その7~生徒のあなたたちに期待すること~

塾で、生徒のあなたたちに期待すること。 ①実験の事実を目で見て、純粋に「理科ってすごい」と思ってください。  そして、   「なぜだろう?」   「少し変えたらどうなるだろう?」  

続きを見る

ロボット教室の生徒諸君 その6

ロボット教室の生徒諸君 ロボットづくりは、 ロボットを作ることじゃなくて ←こんなの当然 エンターテイメント(使う人の面白さ)といった 人がわかりやすいメッセージを出すことと 人からのメ

続きを見る

Title_learning child
生徒自身が周辺住民とのトラブルを解決する仕組みをつくった

SPA!に、こんな記事がありました。 高校生が日本初の「騒音トラ

Title_learning child
こんなレベルのロボットで見本を見るんじゃない。テキストにみんな書いている。

以下の記事は、学びラボでは開講していない「アドバンス・プログラミングコ

b0f03620b746f98dd397a9e73084b6ec_s
「ダーウィンの出現を待っている。そして、ダーウィンの研究は、次のアインシュタインを待ち望んでいる。」

スウェーデン式 アイデア・ブック, 2005, フレドリック・ヘレーン

Title_learning child
「子供の夢」を聴くのは難しい

大谷由里子さんがこのような記事を書かれていました。 (やすきよのマネ

54b9498ccb4e0da3603c16e593a22f60_s
Vol. 109 [映画「グッド・ウィル・ハンティング」]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑