*

「ロボット教室基金」の枠は作れる

公開日: : 最終更新日:2017/01/11 et cetera-life, et cetera-opinion, 子供達の学ぶ心

> 破れてなかみのなくなった畳が畳であり、菜のない食事が食事であり、玩具のない遊戯が遊戯である。
> 野間宏
 (折々のことば 選・鷲田清一)

子どもは強いよ。
誰とでも友達になるし、なんでも遊びにする。
そんな牧歌的なのだけではなくて、
相性とか、こじらせ系の子供の変なアクションに困ってかかわりを薄くすることはあるけれど。

さらに、
鷲田さんのコメントにあるように、
生徒間に主に所得格差があると、
けなげに我慢して、がんばる。

ロボット教室でも、家庭の都合で上のクラスに上がらない生徒がいる。
それをはやし立てる生徒はいない。
とても素晴らしい。
プライドもあるし、一斉にロボット教室を始めているわけではないから、気づいていないだけかもしれないが。

だからこそ、
先生側の対応は繊細さが必要。
ロボット教室は、将来の何かに直結するわけじゃないから軽々しく引き受けられないが、
さらに上のことを学んでいけそうな生徒が断念せざるを得ないのを見ると、心苦しくなる。

そういう生徒のための『基金』を作りたいと思って考えた時もあった。
生徒個人に特定しないし、寄付していただいてもリターンはない。
才能ある子が学ぶチャンスの場を設けるための寄付は、どのように集めたらいいのだろうか?


関連記事

接触恐怖からの自由

> 人間が……接触恐怖から自由になれるのは、群衆のなかにいる瞬間だけである。 > エリアス・カネッ

記事を読む

日本コーチ協会 神戸チャプターで紹介いただきました

 日本コーチ協会 神戸チャプターのWebサイトに私の紹介を載せていただきました。 ≪リンク先≫

記事を読む

ニュースの背景を知らないと・・・

なぜ中国人が騒いだか。http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=2722

記事を読む

すべてが物語にされる

> テクストの外などというものは存在しない > ジャック・デリダ  (折々のことば 選・鷲田清一

記事を読む

「ロボットの設計は、そのお手本としての人間が十分にわかっていなければできるものではありません。」

(こころの水鏡)ロボット、作る人間を映す 興福寺貫首・多川俊映 より 孫引きになりますが、この

記事を読む

「自分の言葉では、まだ語れない」というしかない体験

> 「第二のふるさと」「宝物」といった言葉を使うのに抵抗がある。 > 「まだ、八坂での経験を消化

記事を読む

コンテクストとコミュニケーション・トレーニング

 日本人は、ニュアンスを受け取る(コンテクストが高い)、共通性が高いので説明をしない国民と言われてい

記事を読む

成功と失敗をどういう風に表現するか?

日本「打ち上げ失敗」アメリカ「partial success」 pic.twitter.com/jW

記事を読む

Web記事「別れのコーチング」「密室性」「対人性」

コーチングの「スキル」ではない「暗黙の了解」の話。 クライアント獲得につながらないコーチングの話題

記事を読む

ロボット教室の生徒諸君 その9~生徒のみんなに何を得てもらいたいか?~

僕が講師をしているロボット教室で、 生徒のヤル気や発想力に刺激を与えるにはどうしたらいいか、 と

記事を読む

Vol. 122 [「老害」って人のことを笑えない]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 121 [「コーチングのエッセンスを体験しよう」を開催して]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

それは美しいか?

武田鉄矢 今朝の3枚おろし「経営者のアートとサイエンス」(

樹木希林さん

【樹木希林さん】  亡くなって1か月半にもなって、それも

Vol. 120 [コーチングのエッセンス]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑