*

「ロボット教室基金」の枠は作れる

公開日: : 最終更新日:2017/01/11 et cetera-life, et cetera-opinion, 子供達の学ぶ心

> 破れてなかみのなくなった畳が畳であり、菜のない食事が食事であり、玩具のない遊戯が遊戯である。
> 野間宏
 (折々のことば 選・鷲田清一)

子どもは強いよ。
誰とでも友達になるし、なんでも遊びにする。
そんな牧歌的なのだけではなくて、
相性とか、こじらせ系の子供の変なアクションに困ってかかわりを薄くすることはあるけれど。

さらに、
鷲田さんのコメントにあるように、
生徒間に主に所得格差があると、
けなげに我慢して、がんばる。

ロボット教室でも、家庭の都合で上のクラスに上がらない生徒がいる。
それをはやし立てる生徒はいない。
とても素晴らしい。
プライドもあるし、一斉にロボット教室を始めているわけではないから、気づいていないだけかもしれないが。

だからこそ、
先生側の対応は繊細さが必要。
ロボット教室は、将来の何かに直結するわけじゃないから軽々しく引き受けられないが、
さらに上のことを学んでいけそうな生徒が断念せざるを得ないのを見ると、心苦しくなる。

そういう生徒のための『基金』を作りたいと思って考えた時もあった。
生徒個人に特定しないし、寄付していただいてもリターンはない。
才能ある子が学ぶチャンスの場を設けるための寄付は、どのように集めたらいいのだろうか?


関連記事

第4回ロボットまつりの司会が無事終了

今日は、第4回ロボットまつり(生涯教育株式会社主催)でした。 (写真は開場前の様子)

記事を読む

パソコン購入相談

今回のパソコン購入相談の方は、「音楽教室の先生」でした。 あなただったら、まずどんなことを質問しま

記事を読む

滋賀県知事選挙は、7月13日に投開票です。

at the voting booth / theocean[/caption]  本来、滋

記事を読む

学校は、子供が「学ぶの面白い」と思って学ぶところ

学校教育を、いまのような陸軍幼年学校みたいなバカなやりかたをやめて、うんとゆるくしたほうがいい。子供

記事を読む

「前者・後者」探求がさらに進化・深化していることを見て

僕は、以下の向江さんの記事を読んで反省しました。 ガーンと殴られた気分でした。 記事自体は、とて

記事を読む

勉強するってこういうこと・・・アリの研究を例にして

大学・・・・だけじゃないけれど、研究することの面白さを紹介しよう。 「勉強する」って、すでにわかっ

記事を読む

創り出すための道具が変わっていくことをあきらめる

> 「自分たちが信用して、やってた時代って終わったんです」と吐きだすように言った。 > デジタル技

記事を読む

プロとは、「発見する人」「発明する人」

「奇跡の復刊を支えた、とある書店員の仕事の軌跡」 「書店の生態系」 と言っても、店員さん

記事を読む

「悩む存在」は宝

> 「悩む存在」が生まれることを回避するのではなくて、それをつくり出すのを得意とするのが、アーティス

記事を読む

何にお金を使うか、何にお金を使わないか。 何に時間を使うか、何に時間を使わないか。

かあさんマンガ 「スタバ」 こういう「庶民代表」のようなの心地いいですね。 「牛丼一杯よ

記事を読む

Vol. 122 [「老害」って人のことを笑えない]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 121 [「コーチングのエッセンスを体験しよう」を開催して]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

それは美しいか?

武田鉄矢 今朝の3枚おろし「経営者のアートとサイエンス」(

樹木希林さん

【樹木希林さん】  亡くなって1か月半にもなって、それも

Vol. 120 [コーチングのエッセンス]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑