*

生徒が自分にもしてほしいこと?

公開日: : 最終更新日:2016/09/09 et cetera-life, 子供達の学ぶ心

【生徒が自分にもしてほしいこと?】

 ロボット教室は、生徒はほとんど男の子です。先生も、男の先生が比較的多いです。そのための安心感か、男子生徒(特に低学年)は男の先生にカンチョーを執拗にしてくることがあります。道具は、ロボットの黒いブロック・パーツだったり、黄色い棒状のパーツだったり、自分の指だったり。その月に本人が組み立てたロボットで、男性の急所を狙って当てたり叩いたりしてくることもあります。
 カンチョーは不意打ちで、お尻の調子が悪くなる先生もいましたので止めるよう、そのたびに生徒に伝えています。

 でも、それらの行動には何か意味があるはずです。
 「そのような行動は何を意味するのだろうか?」と考えました。

 第1には、コミュニケーションをとりたいのでしょう。気持ちとその理由は、

  ●「相手をしてもらいたい」
     (⇒ 一人で作る不安)

  ●「大人の体はこれくらいのことは大丈夫」
     (⇒ お父さん、お母さんは、強い。先生も強い。大丈夫)

  ●「やめろと言われるのがおもしろい」
     (⇒ 言葉などをやり取りするのが楽しい)

  ●「こっちの方がロボットを作るよりもおもしろい」
     (⇒ ロボットで遊ぶのはいいけど、テキスト通りに作る
        のは好きじゃない)

  ●「たとえ怒られても、関わってもらえる方がいい」
     (⇒ 交流分析(心理学)で、
       「マイナスのストロークでも、ないよりはマシ」
       というのがあります。
       「愛」の反対が「無関心」の言葉通り、
       「無関心よりは、怒られる方がいい」と無意識で
       選んでいることがあります)

などでしょう。おそらく、性への関心も関係あると思っています。

 最近、もう一つの理由を知りました。「固有受容覚への刺激を欲しがっている」。
 固有受容覚とは、「筋肉、腱、関節などで体の内部に刺激を感じること」を言います。つまり、カンチョーしてくる生徒は、お尻や腰の辺り、下半身内部に刺激を欲しているようです。
 そのまま同じことをしてあげれば喜ぶとはされていますが、エスカレートするだけです。お尻をポンと叩くなど、刺激の種類と強さを変えて返すのが、第一歩です。カンチョーであれば場所なのか、動きなのか、強さなのか、深さなのか、生徒が求めているものを冷静に知ることが必要です。

 コミュニケーションはキャッチボールです。受け取ったら返します。
 どんな気持ちでやってくるのか、何を求めてやってくるのか、何をどの程度どのように返せばいいのか、何よりも、カンチョーを生徒に選ばせないようにするにはどうしたら良いか、先生は教室でロボット以外のことも必死に考えています。


関連記事

Vol. 103 [学習指導要領改訂案の生きる力、対話的、カウンセリング、キャリア、多様性]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

おじさんから甥っ子への手紙

あの場で話すと、「勉強しろ」と説教するような雰囲気になるから言わなかったけれど、 やはり伝えておい

記事を読む

都市の臭い

> それらはなぜか獣の内臓を連想させたのだと言えばいえる。たぶん都市の見えない部分からの信号。 >

記事を読む

2014年秋のロボプロは、『リンク・ロボット』

Robots only eat old people / r80o[/caption]

記事を読む

今の時代を生きるには「よほど好きなことをする」

> 日本は一位とか二位とかを争う野暮(やぼ)な国じゃなくていい。「別品」の国でありたいと思うのです。

記事を読む

家族といえども自分以外の人を心配し続けるのは・・・

家族といえども自分以外の人を心配し続けるのは、本当の自分を生きることに責任を取らない言い訳であり、自

記事を読む

小中高校時代にも「自分で切り開く体験」をしよう

僕はロボット教室の運営をしているのですが、 生徒たちと話していると、どうしても 『塾』 のことを無

記事を読む

教育困難校での教育方法は知らないけれど・・・・・

モンキー高校と侮蔑される教育困難校の実態スマホを回収しなければ、授業は完全崩壊http://toyo

記事を読む

ホーバークラフトを作れなかった

小学生のための「理科実験教室」のまとめを毎月末にしている。 ~~~~~~~ 知っているようで

記事を読む

子育てのためにも、キラキラと生きる

> 家事と自分の仕事は、やり直しが利く。育児はやり直しが利かない。 > 穐吉(あきよし)敏子  

記事を読む

Vol. 119 [自分をプロデュース]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓

Vol. 118 [リスペクト(respect)]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 117 [練習とトレーニング]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 116 [わかるようでわからない。コーチがリクエスト]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

コーチング、NLPの学び方

【質問】 ある方から、「NLPを学んで、現在やっている仕事のメニ

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑