*

露悪的

公開日: : et cetera-life

常識を身につける小さな旅
http://yang-hua.hateblo.jp/entry/2016/09/28/235241

この記事を題材に。
といっても、記事そのものではなく、
この記事が「ライターの登竜門」となっているところで、

   『文章が露悪的になってるところがある』

とアドバイスされていた。
自由ポータルZ
 2016年09月30日号
 ご当地ソングの旅と常識を身につける旅
 http://portal.nifty.com/cs/fpz/detail/160930197557/1.htm

それで、
自分も陥りそうだなあ、と思ったので少し考えたのだった。

~~~~~~~

まず『露悪的』

ろ‐あく【露悪】
欠点や悪いところをわざとさらけ出すこと。「―趣味」
(デジタル大辞泉)

~~~~~~~

こういう視点で見直すと、
確かに自分の欠点を挙げている。
Blog記事に関係あること、ないこと、
結構なボリュームで書いてある。
パソコンで2回スクロールするくらいある。

もちろん、オチのために自分の身をさらすのは必要なこと。
でも、少し多いかなあ。

「笑われる」ではなくて「笑わせる」。

さらりと笑わせる
さじ加減が難しい。

『バカ』カテゴリーの記事なので、
どんどんディープになるのかも。

もし、継続して何度も訪問してもらって読んでもらう記事にしようと思ったら、

バカさ加減はサラリと書いて、

「どうせバカなことやるんだろうなあ」
「またバカやってるよ」

と思わせるよう、

「こんなことにチャレンジしてきました」

というのがいいのかも。

~~~~~~~

わざわざここで記事にしたのは、
リンク先のライターへの指導のためではなく、自分の書いたことの振返りのため。
(他人を指導するほど百戦錬磨の文章書きではないので・・・)

正直なところ、「難しい」。

例えば、セミナー講師として
カッコをつけて誰かになろうとしても、なりきれない。

そんな状態で発した言葉が、
相手に届くとはまったく思えない。

思えないものは届かない。

「上手にやる」

ということができない。

まず、自分がわかるかどうか。
そして、自分の中から出てきた言葉じゃなければ口から出せず、
実感を込めて語ることはできない。

欠点、悪いところといっても、
一見「近く見える内容」より、
「ほとんど無関係」と他人には見えてしまうものが、
「強力に関係する」ことはある。

だから余計なことを書きすぎてしまって、
「露悪的」と思われているかもしれない。

コーチという職業柄、受講者の理解が深まるのであれば関係することを「自己開示」に躊躇はない。

もっとも、その場の状況によって、

「何を」「どの程度」「どのように」したらよいか

力加減がわかっていない。

誰かに教えてもらうものではなく、
体感的につかむもの
と思うので、おそらくしばらくはこのままだろう。

ここで問題は、
解決策を何かをつかんだら、その課題への興味が急速に薄れてしまうこと。

ということは、「常に露悪的」ということか。

そのうちに、だいたいのことに共通する法則をつかむかもしれない。
それまでは現状のまま、おつきあいいただければと思う。


関連記事

ロボット教室の生徒諸君 その8~ハウステンボスのロボット王国~

ハウステンボスのロボット王国http://www.huistenbosch.co.jp/event/

記事を読む

教育勅語と祖母の思い出

このところ教育勅語が話題に上っています。 思い出したことがあります。 ~~~~~~~~~

記事を読む

紹介『ソーシャルメディアで伝わる文章術』

(ちょっと長めの文章になったので、Facebookからこちらにも複製。) 日本コーチ協会 京都

記事を読む

淀むと朽ちていく

tumbledown barn / kingstongal[/caption]  廃村の廃屋

記事を読む

「教える」よりも「安全の場をつくる」「学ぶ喜びを体験させる」

塾の先生として、 知って実践しておきたいことだったので、この記事を紹介します。 ~~

記事を読む

プレゼントする人の心得

贈った側が贈ったものは、 捨てられても、 切り刻まれても、 売られても、 もったいない使

記事を読む

大学は、「分かりきらないところをなんとかヤリクリして筋道を見つけていく」ところ

哲学な日々 考えさせない時代に抗し 野矢 茂樹 より。 ~~~~~~ 教師は(高校

記事を読む

教えすぎない

inspiration / tsoumplekas[/caption] 「教えすぎない」

記事を読む

太巻さん(あまちゃん)のコミュニケーション能力

Sea urchin / shankaronline[/caption] 太巻さん(あまちゃ

記事を読む

今後30年間に変化するもの

今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在になるhttp://www.newsweekjap

記事を読む

デイタイム・ショート・コーチングの感想をいただきました。

デイタイム・ショート・コーチングの感想をいただきました。 (

Vol. 122 [「老害」って人のことを笑えない]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 121 [「コーチングのエッセンスを体験しよう」を開催して]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

それは美しいか?

武田鉄矢 今朝の3枚おろし「経営者のアートとサイエンス」(

樹木希林さん

【樹木希林さん】  亡くなって1か月半にもなって、それも

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑