*

Vol. 10 [ディズニー・ストラテジー]

公開日: : Core Infinity 通信

 若狭 喜弘(Yoshi)です。
【ディズニー・ストラテジー】
 ある異業種交流会で、現在の地域経済が良くないことやその改善には風土
的に難しいことを、とうとうと述べている方がいらっしゃいました。
 それを聞きつつ、このようなことを思い出していました。
 「タイトルと何の関係があるんだ?」でしょうが、関係があるんです。
引き続きお読みください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ウォルト・ディズニーが作り出した言葉に「イマジニアリング(想像工学)」
があります。
 それは、ウォルト・ディズニーが様々な能力を発揮する際に、「3人の異
なるウォルト」を使い分けていたことを指します。
 『ドリーマー(夢想家)』『リアリスト(現実家)』『スポイラー(破壊
者)』という3人でした。
 最後の『スポイラー』は、破壊的なときには『スポイラー』、建設的なと
きには『アドバイザー』、それらを中立的に『クリティック(批評家)』と
呼び替えます。
 『ドリーマー(夢想家)』『リアリスト(現実家)』『クリティック(批
評家)』の3者は、未来のゴール達成のために欠かせない構成要素です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(ロバート・ディルツ博士のNLPコーチング, ヴォイス, 2006/12/22 より引用
 以降{ }で表示)
 詳細には、「イマジニアリング(想像工学)」や「ディズニー・ストラテ
ジー(戦略)」といった言葉で書籍に触れられていますので、ご覧ください。
 例として挙げた方は、『クリティック(批評家)』ですね。
 当初は感情的な反応で、
  「その状況の中でできること、だからこそ、できることを発想して
   ポジティブシンキングしようよ!!」
 と思っていましたが、
 「いや待てよ。大切な役割をしていただいているのだな。」と思い直しま
した。
 そう、3者が同時に必要なのです。
 「批評家」は、{アイディアを改良し、考えられる問題を回避するための
フィルターとして必要です。}
 要約しつつ引用すると、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 批評家の目的は、提案されたプランやプロジェクトを評価し、「潜在的な
問題」と「切れてしまっている関連性」を探すことにあります。
 「もし問題が生じたら何が起こるか」を論理的に考え、問題を回避するこ
とが目的です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 そう、「批評家」は大切です。
 でも、3者が同時に存在することが原則です。そうすることで、話は動い
ていくのです。
 と思いつつも、「批評家」の言葉はパワフルです。すべてのやる気を失わ
せるくらいに。
 ではどうするか?
 批評家が有効に働くには、2つ方法があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・肯定的意図を肯定的な言葉で表現する
    ・批判を質問の形変える
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 1つ目の{肯定的意図を肯定的な言葉で表現する}は、
 否定的な言葉「誰も集まらないよ」を
 「まずは少人数でも集まることからはじめよう」
 と言い換えることです。
 「その仕事は、ここでは受け入れられないよ」を
 「受け入れられる形にしよう」
 と言い換えることです。
 2つ目の{批判を質問の形変える}は、同じ文例を
 否定的な言葉「誰も集まらないよ」を
 「集まってもらうには、何をどのように伝えたらよいだろうか?」
 と言い換えることです。
 「その仕事は、ここでは受け入れられないよ」を
 「もし必要とされているとしたら、どんな風に需要が出ていると思う?」
 と言い換えることです。
 整理すると、
 否定的表現「誰も集まらないよ」
 肯定的表現「まずは少人数でも集まることからはじめよう」
 質問の形式「集まってもらうには、何をどのように伝えたらよいだろうか?」
 否定的表現「その仕事は、ここでは受け入れられないよ」
 肯定的表現「受け入れられる形にしよう」
 質問の形式「もし必要とされているとしたら、どんな風に需要が出ている
       と思う?」
 もちろん、表現は多様です。
 状況や発想力で、もっとパワフルな表現、心に響く表現にすることができます。
 そう、批評家の仕事への貢献は多大です。
 でも、その貢献は建設的に働いていただいてこそ力を発揮します。
 そして、
 グループであれば、3者の役割を分担して、
 一人であっても、3者の立場を順番に思考することで、思考、発想が現実
化していきます。
 あなたの中の「批評家」をもっと活用しましょう。
                  若狭 喜弘(Yoshi)
 このメール通信は、 HPにてご登録頂いた方、名刺交換させていた
だいた方にお届けしています。
 毎月第2、第4水曜に、実体験、ニュースや新聞、雑誌、Web上の記事の中
からピックアップした話題について、『コーチの視点で社会を見る
と』をお伝えしてまいります。
 Twitterはじめました。http://twitter.jp/CI_Yoshi です。
 よろしかったら、フォローお願いします。
〓〓━━━━━━━━━━━━
《最新情報》
 日本コーチ協会 京都チャプターの例会のご案内
 お申込みは、Webサイト( http://www.jca-kyoto.jp/)をご覧ください。
●6/27(日)例会
テーマ  「可能性をひらく質問」
講師   (財)生涯学習開発財団認定コーチ
         京都チャプター運営メンバー  高橋 美佐氏
□日 時□ 2010年6月27日(日)13:30~16:30
□場 所□ ウィングス京都
□参加費□ 会員1,000円  一般2,000円
●7/25(日)例会
テーマ  「ビジネス現場とコーチング」
講師   (株)ミル総本社代表取締役  藪 修弥氏
□日 時□ 2010年7月25日(日)13:30~16:30
□場 所□ ウィングス京都
□参加費□ 会員2,000円  一般3,000円
●草津駅前での辻落語の高座は終わりました。
 応援ありがとうございました。
〓〓━━━━━━━━━━━━


関連記事

no image

Vol. 29 [空腹と飢え]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通信【Vol

記事を読む

no image

Vol. 4 [元朝青龍関と国母選手]

 若狭 喜弘(Yoshi)です。 【元朝青龍関と国母選手】  オリンピックも、もう終盤。残すところ、

記事を読む

Vol. 88 [せめて中学生のころ、勉強するってどういうことかわかっていたらなあ]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

Vol. 105 [決断を早める方法]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

no image

Vol. 15 [子どもであることを止めた瞬間]

 「自分らしく100%表現」の 若狭 喜弘「Yoshi(よし)」です。  『Core Infinit

記事を読む

no image

Vol. 32 [コーチングは次元が高い]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通信【Vol

記事を読む

no image

Hyvaa joulua!

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通信【sre

記事を読む

Vol. 58 [近況に変化がありました]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通信【Vo

記事を読む

Vol. 75 [少年野球から考えた、アメリカ文化とコーチング]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

Vol. 112 [思わずにやけてしまうほどやりたいこと]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

Vol. 118 [リスペクト(respect)]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 117 [練習とトレーニング]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 116 [わかるようでわからない。コーチがリクエスト]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

コーチング、NLPの学び方

【質問】 ある方から、「NLPを学んで、現在やっている仕事のメニ

Vol. 115 [「けん玉少女」を承認する方法]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 2010年5月
    « 4月   6月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑