*

「民主主義には二度万歳をしよう」

公開日: : 最終更新日:2016/10/24 et cetera-life

> 民主主義には二度万歳をしよう。一度目は、多様性を許すからであり、二度目は批判を許すからである。ただし、二度で充分(じゅうぶん)。
> E・M・フォースター
 (折々のことば 選・鷲田清一)

そうだな。
三度目は自画自賛、
四度目は民主的な制度で選ばれた強い人を讃える万歳になるから。

人って弱いもので、
最初は対等な立場だから、信頼関係を築きながら互いに批判し合うことができる。
でも、どちらかが権力を持つと対等ではなくなり、
本人たちだけじゃなく周りの人も含めて力の差が極めて大きくなる。
また、権力を持った人と、その後の世代の人とは、
対等に、信頼関係を築きながら互いに批判し合うことが難しい。

『民主主義で「万歳」』と言い続けていちゃいけないんだ。
毎回民主主義を作りだすつもりで、
「多様性」「批判」が常にあるよう工夫しないとね。


関連記事

inspiration / tsoumplekas

教えすぎない

inspiration / tsoumplekas[/caption] 「教えすぎない」

記事を読む

Japanese Postcards / dannychoo

年賀状を送る受け取る

Japanese Postcards / dannychoo[/caption]  新年のあ

記事を読む

Title_learning child

ロボット教室の生徒諸君 その4

こんな世界もあるぞ。 Siriを物理化したロボット動画に、技術者の愛を見た http://w

記事を読む

5ebe2285e05bfab8335f1b134b3de3d1_s

子供を子供扱いしないで、「生きる力」を思い出させる

幼稚園児を子供扱いしなかったら驚きの成長をとげた話http://blog.tinect.jp/?p=

記事を読む

December2016

誰にも、親を介護する、親を送る権利がある

> 親の介護とは、親を送るということは、自分の成長の完了じゃないか > 伊藤比呂美  (折々のこ

記事を読む

7621551872f9643a7487d53b418f4a15_s

『課題研究メソッド~よりよい探究活動のために~』

別件で調べ物をしていたら、このような書籍が発売予定とのことです。 著者ご本人の宣伝記事ではありませ

記事を読む

Title_learning child

「自分の言葉では、まだ語れない」というしかない体験

> 「第二のふるさと」「宝物」といった言葉を使うのに抵抗がある。 > 「まだ、八坂での経験を消化

記事を読む

December2016

今後30年間に変化するもの

今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在になるhttp://www.newsweekjap

記事を読む

September2016

子供たちや動物は、人の大人を調教している

> われわれはいかに子供たちによって、いかに動物たちによって教育されることであろう! > マルティ

記事を読む

Old lady's offer / theo_reth

お金が無い時でも人にプレゼントするには?

Old lady's offer / theo_reth[/caption] このようなWe

記事を読む

Title_learning child
おじさんから甥っ子への手紙

あの場で話すと、「勉強しろ」と説教するような雰囲気になるから言わなかっ

Title_learning child
大物の、夏休みの宿題が残っていませんか?

夏休みも中盤にさしかかり、やることといえば・・・http://ameb

Title_learning child
読書感想文でも何でも、文章を書こう

読書感想文に「つまらん」とだけ書いたら教頭先生に呼ばれ、その結果国語が

Title_learning child
夏休みの計画をもう1回立て直そう

ご存知カジュさんのブログより。 いまさらだけれど、夏休みの計画通

Title_learning child
「ちょっと難しい」はどれくらい難しい?

日本語で開発要件を正確に伝えるのは難しい「ちょっと難しい」にはどういう

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑