*

今できなくて、「面倒くさい」と逃げようとする君へ

公開日: : et cetera-life

塾の生徒への手紙
(実際には出していません。
 このことを伝えたいと思って、
 その時に使えるようにと願って言葉にしました)

もし、自分に該当すると思ったら、受取ってください。

~~~~~~~

 今できなくて、「面倒くさい」と逃げようとする君へ

 頭の回転がいい君だからこそ、
 僕からのメッセージを届ける。
 できる人なんだから、
 本気でやったら、ほかの人が届かないレベルまでいけるんだよ。

~~~~~~~

 でも今、できないんだな。
 それは見ていてわかったよ。
 隠そうとしても、ごまかそうとしても、誰が見てもわかる。

 最初、話したね。

 「一人一人、自分でしっかりとテキストを読んで、理解していかないと、ここのロボットはできないよ」
 「今動いているロボットを見て、
  ”これで遊びたい” と思うのだったら、
  塾に通うことをしないで、10万円程度するちょっと高価なおもちゃを買ってもらった方がよほどいいから。
  お金と時間の無駄になるからね」
 「ここのロボットは、組み立てるのは時間でも、内容でも1割程度。
  ほとんどはプログラムを書き換えて学んで、
  自分が動かしたいようにプログラムするのがほとんどだからね。
  それができずに挫折して辞めていく生徒も出てきているからね。
  学年が上がってから再チャレンジする予定の生徒もいるけれど」

 でも、その言葉を聞いていませんでしたね。

 「ごまかせる」
 「やり過ごせる」

 と表情に出ていました。

 僕はそれはわかったけれど、
 このような厳しくて、自己責任で取り組めるところに通うことで

 『(最初がそうでも、トップレベルまで変わって)化ける』

 生徒も見てきているので、

 「自分で決めたことをやるのは楽しい」

 と感じられる環境をつくり、そのように思えるようになることを期待して受け入れることにしました。
 学校でも家でも、もしかしたらほかの塾では、ごまかせてきたのかもしれない。

 けれどもそれは、君の優先順位が下がっていたから放っておかれただけなんだ。

~~~~~~~

 この塾でその後も君は、「ごまかし」「やり過ごして」きたね。

 でも、先日、ごまかしきれなくなって、

   「わからないです」
   「ほかの人、本当にわかっているの?」

 と言ったね。

 事実から言うと、ほかの人はわかっているし、今までのレベルのことは軽々と越えている人もいる。
 もちろん、苦労している人もいるが、しぶしぶでも正面から取り組もうとしている。
 やり過ごそうとしても、
 僕たち先生が、「この問題どうやった?」と聞いて、逃げさせてあげていない。

 もちろん、完璧な答え、正しい答えを求めているのじゃなく、

 基本の考え方を知ってもらうこと、
 手を動かして作図して、
 自分の頭で答えを出すこと、
 データをロボットに入れて試して結果をみること

 を求めているだけ。

 やる気があってこの塾に来たのなら、
 とても簡単なこと。

 言っておくけれど、
 「正しい答え」は、「ロボット作り」「プログラム作り」にはないからね。
 「よりよい答え」はあるけれど、それを判断するのは君だ。
 解答集はない。

~~~~~~~

 もともと、頭がよくて、発想が豊かで、
 努力しなくても、もしくは少しやってみただけでできていたんだ。
 幼稚園までは。

 ほかの人ができない理由がわからなかったはずだ。
 もしくは、「俺はスゴイ」と優越感があったかもしれない。

 けれど、何かにつまずき、わからなくなり、
 わからないことを口に出せないほどのプライドがあり、
 わからないままでここまで来た。

 優越感を持っていた相手が学校のテストでは点数を取っていたりする。
 ますますプライドから口に出すことができず、

   「まじめってバカくせえ」
   「お、まじめ!」
   「面倒くさい」
   「眠い」

 なんてバカな言葉を吐いていたんだな。
 同じ土俵に上がることはしなかったんだな。

~~~~~~~

 でも、今、
 自分のできなさを口にできた。

 そのように
 できない自分を認め、
 助けを求めることがスタートなんだ。

 大人の世界でも、そんな風に

   『現状を認める・受け入れる』

   『助けを求める』

 ことは大切なんだ。

 できない人は多いし、
 それをサポートできる人も多いとは限らない。

 僕は「人は根っこの部分では善だ」と思っているけれど、
 苦しみや苦労、
 もしくは以前の君のように、「自分はできる」という優越感から心がねじれてしまっている人もいる。

 それに、答えを教えることはみんな喜んでやるけれど、
 君が答えを見つける方法を身につけるまで、
 その日を楽しみに、時には我慢してそばにいることができる人は、少なくとも全員ではない。

 この塾は、それができる人がいる場所だよ。

~~~~~~~

 今はもう、努力しなくてもほしいものが手に入るほどの能力はない。
 このことを自覚してほしい。

 その上で、
 「本当にできるようになりたいこと」に取り組んでほしい。

 アメリカの大リーグに渡っていったイチロー選手も、
 子供のころから今の技術があったわけではなく、
 自分から学びに行き、知識を得て、考えて、トレーニングをして、技術を身につけていったんだ。
 40歳を越えて激しい運動のスポーツ選手でいることは、とても難しい。
 知識と技術があっても、続けられない。
 そのスポーツの技術のほかに、
 いつまでもスポーツ選手でいるための骨と筋肉と脳をトレーニングしていったんだ。
 それは、努力で手に入れたんだ。

 イチロー選手は、「努力」と思っていないかもしれないけれど。
 それは、「本当にできるようになりたいこと」だったからなんだ。

 そうじゃなかったら、

   「まじめってバカくせえ」
   「お、まじめ!」
   「面倒くさい」
   「眠い」

 って言っちゃうだろ?

~~~~~~~

 それでね。
 君は有利なんだよ。

 だって、もっと小さい時にはほかの人よりも優れていると言われていたんだろう?

 きっと、その有利さはまだ残っている。

 今気づいて努力しないと、消えてなくなるが。

 少しわかると、グッとわかり、
 グッとわかると、さらにグググッとわかる。

 速さが違うはずだ。
 そして、ほかの人よりも大きな発想の力を持っているはず。
 発想力は「さらに倍」と言ってもいい。

 可能性はあるんだ。

~~~~~~~

 さっき、「本当にできるようになりたいこと」と書いた。

 ゲームは、ゲーム機が目標を与えてくれる。
 モンスターを倒すとか、賞金を稼ぐとか、王様になるとか。
 けれど、自分の人生は、自分で目標を作らなきゃ。

 それが、「本当にできるようになりたいこと」だ。

 本当にできるようになる。
 楽しい世界が待っている。

 それは信じてほしい。

 僕は、本気になった君の道しるべになることはできる。
 RPGゲームの、「街の占い師」と言ってもいいかなあ。

~~~~~~~

 もう、今の自分のレベルをよくわかり、それを僕に話せるくらいになった。
 大変な進歩だ。

 改めて、

   「本当にできるようになりたいこと」

 を教えて欲しい。

 そして、
   「昔は簡単にできた」
   「昔は一番優秀だった」
 という昔話は、人と比べずに、

   「僕は、本来これくらい軽々とできる人だ」

 という自信のもとにしてほしい。

 そして、

   「めんどくさい」
   「わからない」

 と逃げるな。
 誰も君の人生を代りに過ごすことはできない。

 人だから、弱音を考えることもある。
 それも認めよう。人だから。

 それに、自分を大切にしてあげられるのは、自分しかいない。
 自分の身体の声、心の声をきちんと聴こう。

 「本当にできるようになりたいこと」
 があれば、努力する場所に必ず戻ってこれる。

 大丈夫。

 がんばれ。
 どんな助けをしたら、君の役に立つのか、教えて欲しい。
 僕はいつでも応援している。

※[余談]
 SFの世界だったら、
 もし「面倒くさい」と思って、自分の人生を生きるのが嫌で嫌でたまらなかったら、
 君の身体を買ってくれる人がいるかも。
 若い身体、きちんと動く身体があれば、夢は何でも実現できるからね。
 今何も持っていなくても、努力したら得られるんだから。


関連記事

December2016

「歌をありのままに詠み、ありのままに楽しむ」

> 歌ノ本體(ほんたい)、政治ヲタスクルタメニモアラズ、身ヲオサムル爲ニモアラズ、タヽ心ニ思フ事ヲイ

記事を読む

Am I organized? / koalazymonkey

手帳の選び方

Am I organized? / koalazymonkey[/caption] 手帳の話

記事を読む

a0782_000805

ロボット教室って何をするところ?

 ロボット教室の「教室便り」を書きました。  こちらでもお伝えします。 ------

記事を読む

5ebe2285e05bfab8335f1b134b3de3d1_s

コーチング時間に何をするか、クライアントが決める

[ http://core-infinity.sakura.ne.jp/how-to-treat-o

記事を読む

October2016

いちばん弱い環

> 鎖の強さはいちばん弱い環(わ)で決まるのだ。 > ギルバート・K・チェスタトン  (折々のこ

記事を読む

a03f5d9a0b01c5056fb8bbdb1004126f_s

すべてが物語にされる

> テクストの外などというものは存在しない > ジャック・デリダ  (折々のことば 選・鷲田清一

記事を読む

October2016

「いい話」を求めてます?

> 今日は天気がいいね。 > ある小学校長  (折々のことば 選・鷲田清一) 哲学者鶴見俊

記事を読む

7621551872f9643a7487d53b418f4a15_s

今まで経験したことがない新しい体験とは

> 根本的な新しさはひとつしかない。そしてそれはつねに同じ新しさである。すなわち死。 > ヴァルタ

記事を読む

December2016

「知的生産の技術」

Facebookで情報カードが紹介されているのを読んで、 その大本の本を読んだ。 知的生

記事を読む

January2017

データが多いところに目がいくが・・・・

これたまにふわっと思い出すと問題が片付くことがあってすき pic.twitter.com/xz5hS

記事を読む

Title_learning child
「問題文が理解できない子供が増えている」というけれど、どんな利点があったのだろうか

読解力が危ない(1)~問題文が理解できないhttp://www.yom

Title_family
共依存へのお誘いの特長

ひとつでも当てはまれば「共依存」の可能性 ・理不尽だと思っても相

84351b8e73a2804b7e6c0e664e69c403_s
僕の映画の観方

 僕は、映画も本も、何度も見返します。  自分でお金を払って映画館に

1dacf1a74ae1ca1767e15925d5c1d5b1_s
Vol. 110 [映画「この世界の片隅に」]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Title_learning child
Web「女子高生が開発した「負のSNSスパイラル」から抜ける勉強アプリの話」

女子高生が開発した「負のSNSスパイラル」から抜ける勉強アプリの話と、

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑