*

コーチングのスキルは、使い手次第で良くも悪くもなる

公開日: : et cetera-opinion

電通の新入社員が、その年の12月25日に投身自殺したニュースを知って。

どこかに相談するとか、
会社を辞めるとか、
次の仕事を探すとか、
まったくそんな余裕がなかったのだろう。

「そんなもんだ」

の会社の中で、サポートがあるはずもなく、
自分の状況を中立に話す相手もなく、
そんな場を見つける暇もなく、
そんな場を紹介してくれる人も自分の人脈の中にはおらず、

自尊心と、
判断力を

無くしていったのだろう。

~~~~~~~

で、僕はコーチングで「アカウンタビリティ(主体性)」なんて語っている。

自死した新入社員は、

仕事は山のように降っては来たのだろうか、
主体性は無くしていなかったように思う。

主体的に取り組んでいなかったら、

「放り出して、まずは自分がいきる方法を本能的に探す」

はず。
それを考える間も与えないほど仕事から逃げられないようなマネジメントをしていたのかもしれないが。

少なくとも逃げなかったから、
有名大学に入学・卒業し、
有名企業に就職できた。

仕事をはじめても、
「逃げる」
という選択肢はもともとなかったのじゃないだろうか。

そんな気持ちが出てきても、
「弱気になるな自分!」
「逃げるな自分!」
と叱咤してきたのだろう。

だから逃げるとしたら、
正月休みに入って、
自死するしかないと思ったのだろう。

~~~~~~~

コーチングって、スキル・技術だけを使ったら、
ここまで追い込むことができる。

「それはコーチングではない」
否定する人はいるだろうけれど、

コーチングを構成するスキル・技術は、
「責任を取らせる」ように、
追い込む方面にも使える。

スキル・技術は、
ニュートラルなもので、
良いものでも悪いものでもない。

今回のように「主体性」だけでも、
ニュートラルで、
良いものでも悪いものでもない。

電通も、
会社の立ち上げ時、会社の成長時には、
「多少無理でもやろう」という心意気と、
「もう無理だ、私は離れる」という自由があったのだろうと思う。

時間が経つと、
「表層的な行動」が『文化』として引き継がれ、強化されていく。
「俺たちはこれでやってきた」
というエビデンス(証拠)をつけて。

~~~~~~~

僕は、コーチングの技術を伝えるならば、
その人の心の根っこを一緒に見つめることをしないといけないし、
心の根っこが安定するまで付き合う責任があると思う。

コーチングではよく
「自己責任」
といわれるし、

心の根っこの、たとえば「弱気になる部分」を「ファウンデーションが整っていない」などということがある。

性善説はいいし、
僕も人は性善説でいいと思っている。

けれど後天的に、
しつけ、
学校でのいじめや人間関係での学び、
社会に出てのいじめや人間関係での学び、
「社風」「空気」という圧力で、

拗ねたり、
ひねくれた物の見方しかできなかったり、
周りを敵と思うようなこともあるだろうし、
「本心は出さないもの」

と勝手に結論付けていることもまた多いのじゃないかと思う。

だから、スキル・技術だけ教えると、
「人を操る技術」
となる。

相手が冷静に考えようとしたら、
「主体性・積極性がない」
と否定してやれば、こっちの土俵に戻ってくる。

人の心をもてあそぶ技術にもなる。

催眠術をかけるとか、
幻覚剤をのませるとか
とてつもない技術を使ったり、
法律違反を犯さなくても

人の心の仕組みを知っていれば
かなりのことができる。

自分から「自己責任で」暴走していってくれることもできる。

~~~~~~~

だから僕は、コーチングの技術を伝えるならば、
その人の心の根っこを一緒に見つめることをしないといけないし、
心の根っこが安定するまで付き合いたい、
と思っている。

「コーチングは目標達成」

ってかっこいいんだけどね。

コーチングは本来、今回の電通の新入社員のような場合は、
少なくとも面談の時間は
冷静になるように、
まず深呼吸をして、
弱音を吐ける場をにして、
「コーチングをしない」ことだ。

僕はね。
ここまで考えても、
僕にとって、やはりコーチングは大切なもの。

この大切に思う気持ちと
伝えなきゃならないことを
しっかりとお伝えしていきたいのだ。


関連記事

ネット上にさらす人は、もっと相手を選んでもらいたい

高取しずかさんのFacebook投稿https://www.facebook.com/shizuka

記事を読む

海外の人が、日本の大歌手の歌を上手に歌ったら何を感じる?

今、KBS京都ラジオを聴いていた。 大友良英さんの番組。 ~~~~~~~~~ 今、南米らしいの

記事を読む

それでも「何のために人間は生きるか」を自分に問おうよ。

> 「何のために」人間は生きるかという問い……を拒否することが〈生きる〉ということの現実性だというだ

記事を読む

「私はあなたにどのように役立つか」を考えた

 このところ、私自身の業務の紹介文を考えていました。  自分の心とピントがあった言葉を綴ることがで

記事を読む

アイスブレイクが一杯詰まったサイト紹介

 「仕事のプロのためのコーチング技術」にかつて書いた記事の再掲です。    「アイスブレイクが

記事を読む

理化学研究所の小保方さんの論文にかかわる騒動について思うこと

Kauai Bird / ssshupe[/caption]  理化学研究所の小保方晴子研究

記事を読む

滋賀県知事選挙は、7月13日に投開票です。

at the voting booth / theocean[/caption]  本来、滋

記事を読む

ゲームの途中を楽しむ

Othello / unloveable[/caption] お盆で実家に帰った時、甥っ子、

記事を読む

ペンは剣より強し?

> The pen is mightier than the sword. > ブルワー・リットン

記事を読む

京都チャプター3月例会『承認』で体験した「承認」

テーマ  組織活性化コーチング実践編2       ~チームメンバーの『つなぐ力』を強める~    

記事を読む

Vol. 122 [「老害」って人のことを笑えない]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 121 [「コーチングのエッセンスを体験しよう」を開催して]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

それは美しいか?

武田鉄矢 今朝の3枚おろし「経営者のアートとサイエンス」(

樹木希林さん

【樹木希林さん】  亡くなって1か月半にもなって、それも

Vol. 120 [コーチングのエッセンス]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑