*

ICFのコア・コンピテンシーの単語に突っ込みを入れる_Share

公開日: : et cetera-opinion

 下記の記事を書きました。

    『ICFのコア・コンピテンシーの単語に突っ込みを入れる_Communication
     https://views.core-infinity.jp/?p=794

 その中で、「share」について触れました。

 書き終わってから、「かなり大事だな」と感じたので、もう一度考えます。

------------------------------

 辞書で調べると、

━━[動](他)[III[名]([副])]
   1 …を分ける,(人の間で)分配する;…を割り当てる((out/among, between …))
   2 …を(人と)共有する,分担する;…を(他人の使用に)供する;…について(人と)話す((with …))

━━(自)
   1 [I[副]](…を)ともにする;(…に)加わる((in …));(人と)分担する((with …))
   2 等分する,均等に分け合う((out)).

[類語]
   share (他)で自分のものを他人に分かち与える. (自)で共に享受する,参加する. 格式ばらない一般的な語.
   partake 特に食べ物などの分け前にあずかる. 文語.
   participate 主に行動面での積極的な参加.
   [ eプログレッシブ英和中辞典 提供:JapanKnowledge ]

 「取り分を受け取る」「分配する」「分担する」「分け合う」といった意味です。
 ほかに、「貢献する」といった意味も書かれています。

------------------------------

 日常生活では、

    「(カプリチョーザで)パスタをシェアする」
    「(結婚して)苦労を共にする」

 といった場面で、「シェア」という言葉や、概念を使います。

 「パスタ」は、一応注文した人のものなので、「取り分を受け取る」でしょう。
 「苦労」は、「分担する」でしょう。

------------------------------

 コーチングでは?
 というお話です。

 前回はこのように書きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[share]
 コーチングではコーチは、クライアントと一体化して互いに区別がつかなくなるくらいに、クライアントの立場になりきって、クライアントを理解します。
 それは、クライアントの持っている情報だけではなく、感情や感覚を共有するひつようがあるのです。
 そのために、クライアントから感情や感覚を教えてもらい、コーチも言葉や言葉外で受け取ったクライアントの情報を正しく受け取っているか、返します。
 このことを「share(シェア)」すると表します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そのこころは、・・・少しジャンプしたところを埋めますね。
 ICFのコア・コンピテンシーに、こんな節があります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4. Coaching Presence
Is present and flexible during the coaching process, dancing in the moment.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「コーチングの時間、まるでクライアントとダンスを踊るように柔軟でいましょう」

 と書かれています。

 「ダンス」。それは、互いの呼吸を合わせることです。
 同じ呼吸をしなくても、相手の呼吸と調和した呼吸をすることです。

 それは、音楽で例えると、

    ●倍音
    ●和音
    ●リズムが全く違っていても、テンポが一緒で、一緒に聞くと調和する

 など、「相手の重心がどこにあるか」それを感じながら、
 クライアントは「まるで制約がないかのように、一人で踊るよりももっと自由に踊り続けられる」

 『それがコーチングだ!』

 という訳なんですが、その時に「share」が大切になってきます。

------------------------------

 最初に挙げた記事に、「communication」についても述べています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   『Communicationとは、
    あいまいで言語化されていないものを明確化して、
    2人の間ですべての言葉の意味が一致するまで伝えあって、共有すること』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この「伝えあう」というのが、「share(シェア)」だと思ったのです。

 ということから、Facebookで書いた言葉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コーチングのトレーニングの場で「シェア(share)する」って手軽に使っていたけれど、『共有する』って意味なんですね。伝える側も、受け取る側も、「覚悟」と「責任」がついて回る、大切に使わないといけない言葉と気づきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 につながったのです。

まだ説明がジャンプしているかなあ。


関連記事

「スター」との異文化交流

 このBlogは、「人の役に立つために」などと考えずに書くと決めているので、続けてもう1本。

記事を読む

『短い目で見れば嘘は引き合う』?

内田樹「『短い目で見れば嘘は引き合う』の解釈が現実的だと人々は考えるようになった」https://d

記事を読む

「滋賀咲くアンケート : 滋賀咲くブログ台風18号被害に関する防災アンケート結果」

Typhoon #11 / oxborrow[/caption] 普段利用させていただいてい

記事を読む

“スルーする” コミュニケーション

 こんな記事がありました。    「“スルーされる人”に共通する残念な特徴     ht

記事を読む

デザインする

「デザインする」 とは、リンク先のようにすべて意図を説明できること。 「デザインの優劣」

記事を読む

すべての人に通じる言葉はない。言葉尻の揚げ足取りを取らないで

(寂聴 残された日々:17)バカは私 恨みを繰り返さぬためにhttp://digital.asahi

記事を読む

初対面のコーチに緊張する?

コーチが集まるあるところで、    「初対面の人に対して緊張するか?」 という話

記事を読む

Web『女の子はアインシュタインなんか知らなくていい?』から

女の子はアインシュタインなんか知らなくていい?(恵泉女学院大学学長 大日向雅美)http://www

記事を読む

コーチングとは、

これまで何度も整理してきましたが、現在お伝えできる最もフィットする言葉です。 ~~~~

記事を読む

トランプ大統領令

トランプ大統領、中絶に反対する大統領令に署名 そこに女性の姿はなかった 内容を精査していないの

記事を読む

Vol. 122 [「老害」って人のことを笑えない]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 121 [「コーチングのエッセンスを体験しよう」を開催して]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

それは美しいか?

武田鉄矢 今朝の3枚おろし「経営者のアートとサイエンス」(

樹木希林さん

【樹木希林さん】  亡くなって1か月半にもなって、それも

Vol. 120 [コーチングのエッセンス]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑