*

「共感性羞恥」とは

公開日: : et cetera-data

“恥をかくシーン”が苦手…『共感性羞恥』がネットで話題に。。
http://matome.naver.jp/odai/2147206258901184101

目の前の相手やテレビに出ている人物と
自分を同一化させて
その感覚を感じる力が強い人のことを

   『共感性が高い』

と言います。

~~~~~~~

僕は

「相手を理解する」とは、
「相手の感覚を感じること」

と信じてきました。

が、世の中ではそうではないようです。

「相手の感覚を感じない」でいても「共感できる」ようだし、
「共感してもらえた」とは、「相手の感覚を感じてなくてもいい」らしい。

さらに、「承認」とは
「相手の感覚を感じて感覚を同調させること」ではなく、
「相手のかすかな行動に反応すること」らしい。

僕にとって最近判明したこと。

最低限、「自分の定義」と「世間の定義」を区別して知っておいた方がよい。

~~~~~~~

で、そんな「共感性」が高いものだから、
・バラエティ番組を笑えない。
・サスペンス物を見たくない。
・ジェットコースターにつけたカメラの映像を見たくない。

このうち、「恥ずかしい」という感覚を持つものを

   『共感性羞恥』

と呼ぶらしい。

~~~~~~~
《参考》

「共感的羞恥」がどの程度学術的な言葉なのか、調査しました。

なぜ、人の行為を見て恥ずかしくなるのか
http://ci.nii.ac.jp/els/110008114010.pdf?id=ART0009639066&type=pdf&lang=en&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1472744268&cp=

に、Miller(1987)が「empathic embarrassment(共感的羞恥)」と名付けたとあります。

あの恥ずかしい気持ちには名前があった
http://b8270.hateblo.jp/entry/20150121/1421845583

にも、語源についての調査結果があります。


関連記事

草津市相談窓口

草津市の「生きる」ための相談窓口

草津市が、「こころの健康」を中心に 人が生きていくうえで困ること、 それも、おいそれと他

記事を読む

December2016

『学生と社会人の「コミュ力」、3つの決定的違い』

学生と社会人の「コミュ力」、3つの決定的違いhttp://toyokeizai.net/articl

記事を読む

そんきょ / imrishale

守破離

そんきょ / imrishale[/caption]  「守破離」は、よく使われています。

記事を読む

633a8bc082f309f934facd38b254000f_s

テレビ番組『イトイ式「夢」』

今日出会った番組です。 糸井重里さんが司会をする対話会です。 ~~~~~~~~~~ イトイ

記事を読む

7621551872f9643a7487d53b418f4a15_s

「前者・後者論」の全体像

「前者・後者論」の全体像は、下記をご覧ください。 心屋仁之助さんの ■【永久保存版・全体概要

記事を読む

5ebe2285e05bfab8335f1b134b3de3d1_s

「前者・後者の特徴と判別法」一覧(その2)

「前者・後者」について、 判別するための情報や、特徴がいろいろな人によって書かれています。

記事を読む

8cedde083515a7730f6ee8cbb65a8088_s

商店街ポスター展

Facebookの記事に書いたのですが、流れて行ってしまうので、こちらにもデータとして残しま

記事を読む

214e5214a0af8185173eddfbb66aab4c_s

「ほめる」と「承認」を区別する基準にした本とWeb

「ほめる」と「承認」を区別する。 そのための情報を調べたところ、 現在の調査では、以下の2つ。

記事を読む

Rules, Rules, Rules / liberato

対話、議論のルール

Rules, Rules, Rules / liberato[/caption] 対話、議論

記事を読む

Am I organized? / koalazymonkey

そろそろ来年のスケジュール帳探しの時期になりました

Am I organized? / koalazymonkey[/caption] そろそろ

記事を読む

Title_learning child
生徒自身が周辺住民とのトラブルを解決する仕組みをつくった

SPA!に、こんな記事がありました。 高校生が日本初の「騒音トラ

Title_learning child
こんなレベルのロボットで見本を見るんじゃない。テキストにみんな書いている。

以下の記事は、学びラボでは開講していない「アドバンス・プログラミングコ

b0f03620b746f98dd397a9e73084b6ec_s
「ダーウィンの出現を待っている。そして、ダーウィンの研究は、次のアインシュタインを待ち望んでいる。」

スウェーデン式 アイデア・ブック, 2005, フレドリック・ヘレーン

Title_learning child
「子供の夢」を聴くのは難しい

大谷由里子さんがこのような記事を書かれていました。 (やすきよのマネ

54b9498ccb4e0da3603c16e593a22f60_s
Vol. 109 [映画「グッド・ウィル・ハンティング」]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑