*

「面倒くさい」と「やりきる」は別問題だよね

公開日: : 最終更新日:2016/09/09 et cetera-life, 子供達の学ぶ心

リンク先の記事と同じく、

「面倒くさい」

という生徒(ロボット教室)が多い。

中には、

「遊んでくるからやっといて」

とか、

「一緒にやって」

とか。

自分ができないことを人に頼むのは大切なんだけれど、
                ↑
            (これ本当に大切)

やりもしないうちから、

「面倒そう」

というだけで、他人にやらせようという生徒がいる。

自分から

「ロボット教室に行きたい」

と言いだしたはずなのにね。

~~~~~~~

「自分ができないことを人に頼むのは大切」

これは本当に大切で、
頼みごとができるようにもなってもらいたいから、
流れがわかるまで、分担してパーツ集めなどをする。

それを言えない生徒には、

「雰囲気でにおわすのではなく、
 言葉で言いなさい」

とも伝えている。

~~~~~~~

また、面倒くさがって、
よけいに面倒なことをやっていることも多い。

例えば、
ロボットを作り始める前に、前回のロボットを分解するように言うが、
それを面倒くさがる。

ロボットのパーツを最初に集めるように言うのだけれど、
それを面倒くさがる。

写真だけを見て作るのじゃなく、文字も読むように言うが、
それを面倒くさがる。

テキストに書いてあるパーツを使うように言うが、
それを面倒くさがって、適当にそれっぽいパーツで済まそうとする。

テキストの順番に作っていくように言うが、
それを面倒くさがって、目に付いた写真だけを見て作ろうとしてうまくいかないと言う。

その結果、
パーツが足りない。
自分のパーツケースを探せばあるのに、「○○くんが取った」と言う。
完成間近になって間違いがわかって、ほとんど分解して作り直さなければならなくなる。
かんしゃくを起こす。
ロボットが完成しない。

ということが起こります。

リンク先の言葉じゃないけれど、

『面倒くさいって思いながらもやるっきゃないでしょ!』

~~~~~~~

完成させる達成感を持ってもらいたいので、
というか、「完成しなかった感」を積み重ねてもらいたくないので、
最後はなんとしてでも手伝って、
完成したロボットで遊んでもらい、
家にも持ち返ってもらおうとしています。

そのうち、

「面倒くさいと言いつつも、
 やりたい、と言ったことの責任を自分で取る」

ようになってくれるといいなあ、と思っています。


関連記事

Title_learning child

「学びラボ ロボット教室」の先生は、雑談が仕事?

かつて生徒から、 「先生は教えないねえ。雑談ばっかりだねえ」 と言われたことがあります。

記事を読む

November2016

ロボットの成長は考えなくてもいいから世話を焼ける

> あっ、そうか。自分で動けなければ、誰かに動かしてもらえばいいのか > 岡田美智男  (折々の

記事を読む

Sleeping Cat / mchaconcr

エクストリーム土下座

 今回の記事は、完全に「ネタ」です。  って書かなくてもお分かりになると思いますが・・・・。

記事を読む

214e5214a0af8185173eddfbb66aab4c_s

(学校編)「学ぶってどういうことかイメージできない」ってことはないですか?

リブログした元の記事のタイトルは ”大学の存在が遠い、大学生のいない町で中学生は大学をイメージ

記事を読む

214e5214a0af8185173eddfbb66aab4c_s

子供は見ている、「この人の力になりたい」

> ママ、起きて仕事していいよ > 2歳の女の子  (選・鷲田清一)  (折々のことば   

記事を読む

a64c7b1b7b4db62d05b7deca893008d4_s

読んでみよう、納得と言わせる文章講座に行ってきました

『新聞記者が教える!記事の書き方&レイアウト講座』に参加してきました。  日時:2017年12月7

記事を読む

Title_learning child

生徒自身が周辺住民とのトラブルを解決する仕組みをつくった

SPA!に、こんな記事がありました。 高校生が日本初の「騒音トラブル解決モデル」を発足。周辺住

記事を読む

DSCF009219-2-mini

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます  コーチングはそのままに、多くの人のお力添えのおかげで

記事を読む

December2016

「恩というものは他人に着せるものではない。自分が着るもの」

> よくおぼえておきなさい。恩というものは他人に着せるものではない。自分が着るものだということを、な

記事を読む

Title_learning child

「教育の情報化(ICT化)」を横目で見て思うこと

貧困層の子どもたちにパソコンを与えることが、教育問題解決となるのか?http://nge.jp/20

記事を読む

Title_learning child
「他人に与えてもらう夢は『娯楽』と呼ぶ」

岡野由美さんの「ぼんぼんすふぃあ」を読んでいて、 ポン、と膝

c7701fbc0bc5e12d4c655f776d01d3c4_s
捨てるほど「恵方巻」を作っている日本は不思議

恵方巻き、大量廃棄の現実 店頭に並ばないケースも…https://di

71bb8068a1060bb71f08e14ac08c34fd_s
Vol. 113 [介助法を知っているのを社会常識にしなきゃ]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

DSCF009219-2-mini
年賀状2018の画像の裏話

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

DSCF009219-2-mini
これからの僕のテーマ「夢をかなえる技術を伝えることと環境づくり」

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑