*

みんなの中で共通する無意識

公開日: : 最終更新日:2017/02/08 et cetera-opinion

> 「僕はね、集合的無意識にアクセスしたいと思っているんですよ」
(一語一会)映画プロデューサー・作家、川村元気さん 詩人の谷川俊太郎さんからの言葉
 より

そのココロは?

~~~~~~~~~
多くの人が感じ、気づいていながら、なぜか表現されていないこと。そこに触れ、形にしていく。
(リンク先より引用)
~~~~~~~~~

「集合的無意識」のことばは知っていたが、意味を考えたことがなかった。

もともとは、ユング心理学の基本になったもので、
「集団に属する個人の意識の奥に潜む、原始から受け継いできた古態的な経験」
(日本国語大辞典)

おそらく谷川俊太郎さん、川村元気さんはそのような、
「集団の中の共通の視点」
ではなく、

「どんなバックボーンを背景に持つ、人種、国、文化、性別などによらないもので、
 見えているのにあまりに当たり前すぎて、
 意識して見ないと見えてこないもの」

これを拾い出してみんなに提示するのは怖い。

「当たり前」と言われたり、
「極論」「危険思想」と言われたりしそう。

みんなそのことの意味を深く考えずに言葉をやり取りしていても、
言葉を冷静に分析していったら、
とんでもない差別的視点が前提に含まれていたなんてことはある。
そして、分析して言葉にした者が
「ひどいことを言う」
とラベル貼りされてしまう。

でも、だからこそ、詩人や言葉を扱う人にとっては甘美な世界であろう。


関連記事

Web『女の子はアインシュタインなんか知らなくていい?』から

女の子はアインシュタインなんか知らなくていい?(恵泉女学院大学学長 大日向雅美)http://www

記事を読む

2ちゃんねるの情報流出事件をながめて

 ブラックな自分って、絶対に居るんだし、無くすことはできない。  2ちゃんねるって、その発散場所に

記事を読む

考える前にシャッターを押すことの大切さ

 「考える前にシャッターを押すことの大切さ」をFacebookに短い文章で書きました。  それ

記事を読む

「コンピテンシー」余話

Measure Competency Importance for Each Role / den

記事を読む

“スルーする” コミュニケーション

 こんな記事がありました。    「“スルーされる人”に共通する残念な特徴     ht

記事を読む

憲法で「愛」の形を強制されるのは困る

Webにこのような記事があった。 『改憲派の憲法学者が安倍政権の改憲を批判する理由…愛

記事を読む

それでも「何のために人間は生きるか」を自分に問おうよ。

> 「何のために」人間は生きるかという問い……を拒否することが〈生きる〉ということの現実性だというだ

記事を読む

すべての人に通じる言葉はない。言葉尻の揚げ足取りを取らないで

(寂聴 残された日々:17)バカは私 恨みを繰り返さぬためにhttp://digital.asahi

記事を読む

ノウハウが蓄積されたので、プロに任せなくても・・・・本当?

> 「年々、音楽事務所の占める割合が小さくなってきていてこれまでの経験から音楽祭のノウハウが蓄積され

記事を読む

理化学研究所の小保方さんの論文にかかわる騒動について思うこと

Kauai Bird / ssshupe[/caption]  理化学研究所の小保方晴子研究

記事を読む

Vol. 118 [リスペクト(respect)]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 117 [練習とトレーニング]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 116 [わかるようでわからない。コーチがリクエスト]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

コーチング、NLPの学び方

【質問】 ある方から、「NLPを学んで、現在やっている仕事のメニ

Vol. 115 [「けん玉少女」を承認する方法]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑