*

今年もよろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2014/01/09 et cetera-life

2014年が明けました
今年もよろしくお願いします

 企業年金研究会様主催の中小企業の従業員様向けのセミナーのうち私の担当回が計88回、延べ1,500名の参加をもって、昨年末で一旦終了となりました。毎回新しいタイトルの内容をリクエストされ、自分の内と外から素材を必死になって集め、セミナーの形に絞り出す日々でした。
 最終回に、受講された方から「自分が感じ、考えたことを柱にする。矛盾する自分を受け入れる。後悔しない人生の今を生きる。」を一貫して伝え続けていたと伺いました。
 一方、始まったこともあります。生涯教育様からの依頼で、ロボット教室や理科実験教室の生徒さんの様子を毎月寄稿させていただくことになりました。「教える」よりも「経験して学ぶを促す」日常を描いています。

 私にとって昨年は、びっくりするくらい多くのことが終わり、少し始まりました。
 2014年は、継続ではなく「終了と始まり」の始まりの年です。
 違う選択をして、違う動きをすることにします。きっと動いて感じるうちに、理解できることでしょう。

2014年正月
                   若狭 喜弘

 Webサイト http://core-infinity.sakura.ne.jp/
 Twitter   http://twitter.jp/CI_Yoshi
 Facebook  http://facebook.com/wakasa.yoshihiro


関連記事

目に見えない力とは、「何事につけて自分で決め、自分でやり切る力」

ある学校の姿が記されています。 『「目に見えない力」を養うと、学力は後からついてくる  ht

記事を読む

ジャスト・アイディア

My favorite / erwss[/caption] 今日あるやり取りの中で、

記事を読む

「日本の刑務所は、更生を手伝うよりも懲罰をすることが目的なんですね。」

> 日本の刑務所は、更生を手伝うよりも懲罰をすることが目的なんですね。再犯が多いのは、そのせいです。

記事を読む

ロボット教室の生徒諸君。その3

ロボプロ講座2年目冬タームをどんどん進んでしまった生徒諸君へ 宿題です。 「次回まで

記事を読む

「教える」よりも「安全の場をつくる」「学ぶ喜びを体験させる」

塾の先生として、 知って実践しておきたいことだったので、この記事を紹介します。 ~~

記事を読む

「学び」を呼吸と同じように無意識にできるようになるために・・・

同じ勉強をしていて差がつく「本質的な理由」http://toyokeizai.net/article

記事を読む

子供の自立のために、習い事をすること、時間の使い方を決めさせていますか?

異年齢により、小さい子が成長します。&「夢学童」環境の大切さ&「自立」するにはhttp://ameb

記事を読む

本物と物まね

> 彼らは本物がいないと成立しない。そして絶対に本物を越えることはない。それを分かっていながら、ひた

記事を読む

「みな、きちんと語ろうとするときは聞く者がいないし、真剣に聞きたいときは語る者がいないのだ。」

> みな、きちんと語ろうとするときは聞く者がいないし、真剣に聞きたいときは語る者がいないのだ。 >

記事を読む

熊本地震 寄付先に困ったらこちらはいかがでしょうか?

寄付先一覧のあるリンク 通常の公的なところ以外 お薦めという訳ではありませんが、 心のよりどころ

記事を読む

Vol. 118 [リスペクト(respect)]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 117 [練習とトレーニング]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 116 [わかるようでわからない。コーチがリクエスト]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

コーチング、NLPの学び方

【質問】 ある方から、「NLPを学んで、現在やっている仕事のメニ

Vol. 115 [「けん玉少女」を承認する方法]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑