*

「私はあなたにどのように役立つか」を考えた

公開日: : et cetera-opinion

 このところ、私自身の業務の紹介文を考えていました。
 自分の心とピントがあった言葉を綴ることができず、ほかのことが止まっていました。

    「私はコーチです。」

 これは正しいです。
 ただし、

    「私は、パン屋です。」
    「私は、歯医者です。」
    「私は、弁護士です。」

 と言ったところで、行動圏の中にそのお店しか無かったら感謝しながら利用しますが、そんなことはほとんどありません。
 それに、「歯医者です」と言っても、虫歯を直したいのに、その人は「歯並び矯正」の専門かもしれません。
 「弁護士です」と言っても、相続の話を相談したいのに、「海難事故の裁判」が専門かもしれません。

    「私はコーチです。」

 こんなざっくりした言い方では、あなたの心に届きません。
 そもそもの目的の、私を指名していただくことはできません。

 コーチは、コーチングをしているのです。
 すべては、クライアントが気づき、クライアントが責任を持って行動して、クライアントが成果を手にすることです。
 コーチは、それらのサポートをすることしかできません。
 コーチがやっていることはこれだけです。

 どのような飾り言葉をつけても、それだけです。
 どんな資格を持っていようと、それだけです。

--------------------------------

 「仕事」とは何か?
 このような言葉を聞いたことがあります。

    「仕事とは、人の役に立つこと。むしろ、そのことを “仕事” という。」(植松努さん)
    「お客さんは素人。だから、あなたに依頼して何ができるか全く知らない。
     おせっかいなくらいに、心から親切に、教えてあげなければならない。」
     (新井諭史さん)

 何度も反芻して、「何をお伝えしたら、”役に立つ” とご理解いただけるか?」を考え続けました。
 そして『雁字搦め(がんじがらめ)』になりました。

 だって、「コーチについて」は、多くの人が言っています。
 「コーチングの成果」についても、多くの人が言っていますし、実際に成果を出しています。

    『私(=若狭)は、あなたにどんなことを提供できるか?』

 コーチングは、「考え方」を身に付けていただくサービスです。
 「モノ」ではありません。
 「モノ」の使い方は教えられますが、「考え方」の使い方は教えられるものではありません。
 それは、コーチングを依頼してきたときの問題意識で既に決まっているものですし、
 依頼してきた人、状況、タイミングで全く違います。

 強いて言えば、

    「自分へのコーチング(=セルフ・コーチング)できるようになる」

 ことを、結果的に教えることになるのかもしれません。
 ただし、「セルフ・コーチング」の方法を学ぶトレーニングというのはなく、コーチングを受けて実践していく中で、自然自然に視点の移し方や質問の仕方が身に付くからです。

 これは、「手放しているから、手に入る」といったものだと思っています。

 それに、

    「自分へのコーチング(=セルフ・コーチング)できるようになる」

 これを望む人は、たまにいらっしゃいます。
 このような人は、突き詰めると、

    ・コーチに頼むとお金がかかるから
    ・コーチに余計なことを言われたくないから

 という、後ろ向きの考えがあるように感じます。

 しかし、コーチングを上手に活用している人は、

    ・定期的にコーチと会話する機会を持つ。
     (もしくは、いざという時に話せるコーチを確保している。)
    ・日常で、コーチとの会話を思い出して、自分自身に対して視点を変える質問をする。

 ということをしています。

--------------------------------

 最初の話題に戻ります。

    『私は、あなたの○○○にお役に立てます。』

 何をお伝えすればいいのでしょうか?

 私じゃなくても、コーチとして活動している方は、大勢いらっしゃいます。
 そして、クライアントさんが成果を出しているコーチも大勢いらっしゃいます。

 私は、あなたの何のお役に立てるとお伝えしたら、本当にお役に立てるのでしょうか?

 それは決して、「私の専門」に限るということではありません。

 経営コンサルタントの方とお客様との懇談に同席させていただいたことがあります。
 そのコンサルタントの方は、お客様の悩みの中から、言葉巧みに「自分の専門分野」の説明だけをされていました。
 お客様の悩みの本質を知ることなく、『「ヒト・モノ・カネ・情報」のどれかが、経営者の悩みです』というスタンスでした。
 それも、目の前の人を見ておらず、かなりステレオタイプな発想をされていると感じました。

--------------------------------

 コーチはどうあるべきか?

    『私の専門分野は○○○です』

 と掲げられればいいですね。
 そして、コーチを探している人に選んでいただければいいですね。

 でも、コンサルティングを依頼しようかという人以上に、コーチングを頼もうという人は、

    『クライアント自身の本当の課題に気づいていない。
     だから、誰に頼めばいいのか、本当のところはわかっていない』

 と思っています。
 そもそも、コーチングを体験して知っている人もまだ限られています。
 「コーチングの成果」なんて、体験したことがない人にはわからないものなので、さらに「コーチングの使い方」を想像もできません。

 今後、学校や、新入社員研修で、良質の体験ができていればいいですね。
 それは、コーチング業界のためではなく、コーチングの成果を手にする人を増やすためにです。

--------------------------------

 ですので、私(Yoshi:わかさま)は、今(2013.06.09)の自己紹介文として、

    『私の夢』
     http://core-infinity.sakura.ne.jp/?p=586
    『私(Yoshi:わかさま)の使用説明書・・・・どのように役立てるか?』
     http://core-infinity.sakura.ne.jp/?p=588

 を書くことにしました。
 下記に綴りました。お読みください。


関連記事

選挙って、何を選ぶものなんだろう?

 夕方散歩をしていたら、参議院議員選挙の街宣車と何度も遭遇しました。  ある陣営は、まるで追いかけ

記事を読む

「集団的自衛権」の最近の話題にコメントする

Ceasefire: Empty Promises / swamibu[/caption]

記事を読む

あなたが、わたしに対して反対意見を言うことの権利は命がけで守る

"Persevere" wildflower Pendant / rubygirlcreation

記事を読む

日本人の成功法則?問題対処法?

保育業界「人手不足なので保育士免許を不要にします」介護業界「人手不足なので介護資格を不要にします」I

記事を読む

宝くじに当たったら?

[326/365] Lottery Money / sophistechate[/caption

記事を読む

東日本大震災3年目の日に

Praying Gopher / danelow[/caption] 3年前のあの日、 今

記事を読む

『短い目で見れば嘘は引き合う』?

内田樹「『短い目で見れば嘘は引き合う』の解釈が現実的だと人々は考えるようになった」https://d

記事を読む

デザインする

「デザインする」 とは、リンク先のようにすべて意図を説明できること。 「デザインの優劣」

記事を読む

京都チャプター3月例会『承認』で体験した「承認」

テーマ  組織活性化コーチング実践編2       ~チームメンバーの『つなぐ力』を強める~    

記事を読む

誕生日を越えて

Burning Man 2013 / foxgrrl[/caption]  昨日は、誕生日の

記事を読む

Vol. 122 [「老害」って人のことを笑えない]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 121 [「コーチングのエッセンスを体験しよう」を開催して]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

それは美しいか?

武田鉄矢 今朝の3枚おろし「経営者のアートとサイエンス」(

樹木希林さん

【樹木希林さん】  亡くなって1か月半にもなって、それも

Vol. 120 [コーチングのエッセンス]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 2013年6月
    « 5月   7月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑