*

ICFのコア・コンピテンシーの単語に突っ込みを入れる_Communication

公開日: : et cetera-opinion

 ICFのコア・コンピテンシーを読み直していました。

 国際コーチ連盟(ICF)は、http://www.coachfederation.org/credential/landing.cfm?ItemNumber=2206&navItemNumber=576
 日本コーチ協会(JCA)は、http://www.coach.or.jp/coaching/competency.html

 にあります。

 今回は特にこの項目。

     C. Communicating Effectively
      (効果的なコミュニケーション:日本コーチ連盟の和訳、以下同じ)
       5. Active Listening (アクティブ・リスニングをしている)
       6. Powerful Questioning(効果的な質問をしている)
       7. Direct Communication (率直なコミュニケーションがある)

 コーチングを学んでいる方は、ぜひ国際コーチ連盟の原文もご覧ください。

 ブラックな言葉を吐きたいところですが、日本語にする上で大変だったのだろうと思います。
 その上、一旦公開されたものですから、改訂したいと思っても、難しい面があるのでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そんなこんなで、感じたことをいくつか。

●日本語で、もしくは心理学を学んでいないと言葉の意味が分からないものがあるなあ。

 目についた言葉は、「share」と「reframe」

 コーチングでどのような意味で使うかというと、

    「share」:情報やお互いが感じたことを共有する。

    「reframe」:判断の枠組み、視点、価値観を変える。

 感じがつかめますか?
 日本語に以下の意味での考え方がないように思います。

[share]
 コーチングではコーチは、クライアントと一体化して互いに区別がつかなくなるくらいに、クライアントの立場になりきって、クライアントを理解します。
 それは、クライアントの持っている情報だけではなく、感情や感覚を共有するひつようがあるのです。
 そのために、クライアントから感情や感覚を教えてもらい、コーチも言葉や言葉外で受け取ったクライアントの情報を正しく受け取っているか、返します。
 このことを「share(シェア)」すると表します。

[reframe]
 「フレーム」を変えることです。
 「フレーム」とは何か?
 「フレーム」とは、日常的に意識せずに使っている、視点や捉え方のことです。
 意識していないので、

   「誰もが同じ捉え方をしている」
   「私の視点は正しい」

 と、考えるまでもなく信じています。

 コーチングを受ける人は、現状を変えたい人です。
 現状を変えたい人は、新しい視点を取り入れ、捉え方を変える必要があります。

 そのような「フレーム」を変えることを「reframe(リフレーム)」といいます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●修辞学なのだろうけれど、動詞と名詞で違う言葉を使っているなあ。

7. Direct Communication
2.Reframes and articulates to help the client understand from another perspective what he/she wants or is uncertain about.

 この文で、「reframe」と「another perspective」は同じ意味です。
 「自分の捉え方の枠組み」と「視点」ですから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●少なくともこの項のタイトルは、キャッチーな言葉を使っているだけだ。

 タイトルを並べます。

   C. Communicating Effectively
    5. Active Listening
    6. Powerful Questioning
    7. Direct Communication

 どれも2単語です。
 「5.」「6.」「7.」は、形容詞を入れ替えても意味が通じると思いませんか?
 例えば、

    5. Powerful Listening
    6. Direct Questioning
    7. Active Communication

 それなりにわかりますね。

 すべて造語かもしれませんし、
 「Active Listening」という言葉だけはもともとあって、ほかのスキルに形容詞をつけたとも考えられます。

 私(Yoshi:わかさま)は、何度読んでも、「Active Listening(アクティブ・リスニング)」の「アクティブ」の意味がわかりません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●「Communication」の訳に挑む。

 「7. Direct Communication」を中心に。

 日本語では、カタカナ語で「コミュニケーション」と書かれます。
 わかったような、わからない言葉です。
 私はそう感じてます。

 これまでは、

   「言葉のやり取り」や「言葉でないやり取り」

 と、一応定義づけていました。
 TA(交流分析)でいうところの「ストローク」といってもいいか、と思っていました。

 で、今回。
 「7. Direct Communication」です。
 「Direct」が強調する意味だけだったら、この節は「Communication」です。

 だとしたら、この節は、「Communication」の定義が書いてあるわけです。

 そう思って読んだ結果、

   『Communicationとは、
    あいまいで言語化されていないものを明確化して、
    2人の間ですべての言葉の意味が一致するまで伝えあって、共有すること』

 と理解しました。


関連記事

『国の形(ビジョン)』はコーチングの『目標・目的』だから、『私』が決めないで誰が決める?

 「プレミアム商品券」って、  国からの『税金』のバラマキだよなあ、  と思うに至って。

記事を読む

馬鹿なロボットと高機能なロボット

Mr Robot has some RAM (1 of 3) / isherwoodchris[/

記事を読む

ゲームの途中を楽しむ

Othello / unloveable[/caption] お盆で実家に帰った時、甥っ子、

記事を読む

ペンは剣より強し?

> The pen is mightier than the sword. > ブルワー・リットン

記事を読む

ディベートとダイアログ

 敗戦の日にあたり、国内も国外も、  「私が正しい」と思い込みの評価だったり、捏造した事実だったり

記事を読む

教育困難校での教育方法は知らないけれど・・・・・

モンキー高校と侮蔑される教育困難校の実態スマホを回収しなければ、授業は完全崩壊http://toyo

記事を読む

『昨日まで世界になかったものを。』(旭化成のCMシリーズ)

 朝日新聞の「CM天気図」で紹介されていた旭化成のCMです。    旭化成のWebサイト内

記事を読む

コーチングのスキルは、使い手次第で良くも悪くもなる

電通の新入社員が、その年の12月25日に投身自殺したニュースを知って。 どこかに相談するとか、

記事を読む

アイスブレイクが一杯詰まったサイト紹介

 「仕事のプロのためのコーチング技術」にかつて書いた記事の再掲です。    「アイスブレイクが

記事を読む

給料

「ガンジーも助走つけて殴るレベル」系表現に新ネタ。「IMFも賃上げを要求するレベル」。そしてこれは事

記事を読む

Vol. 122 [「老害」って人のことを笑えない]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 121 [「コーチングのエッセンスを体験しよう」を開催して]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

それは美しいか?

武田鉄矢 今朝の3枚おろし「経営者のアートとサイエンス」(

樹木希林さん

【樹木希林さん】  亡くなって1か月半にもなって、それも

Vol. 120 [コーチングのエッセンス]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑