*

Vol. 3 [卒業「お疲れ様です」]

公開日: : Core Infinity 通信

 こんばんは。若狭 喜弘(Yoshi)です。
【卒業「お疲れ様です」】
 いきなりですが、この言葉はご存知ですか?
   『お楽しみ様でした。』
 さて、何でしょうか?
 タイトルにも書いているので、引っぱってもしようがないですね。
 答えは、「お疲れ様です」の代わりの言葉です。
 このメール通信をお読みの方にはいらっしゃらないと思いますが、
   「仕事は苦役」「収入は苦しみの対価」
 と思っていらっしゃる方もいます。
 学生時代、就職にあたって、
   「自分の好きなことを仕事にしてはダメだ!!」
 と言われたこともありました。
 もちろん、その理由はわかりますし、これまでの時代の流れから理
解できます。
 これらは、
   「責任を負う」という言葉の裏返しですし、
   「働かざるもの食うべからず」と言い換えたものですし、
   「自分に戻れる場所を残しておくべき」というのもよくわかります。
 でも、この時代、その考えだけでは仕事を続けることはできません。
 否応なく、踏ん張りが必要ですし、発想力という柔軟性も必要です。
 そんな時、「人から与えられた苦役」では続きません。
 何よりも、自分の生き方に合った仕事であって欲しいです。
 選択の余地がなかったものであっても、改めて同じ職業を自分から
選びなおしていただきたいです。
 ご存知のように、
 人は「快を好み、不快を避け」ます。
 『快』時には、体力、免疫力、柔軟な発想力で満たされ、人が寄り
集まってくるフェロモンなどが発散されます。
 つまり、「好きだ」というのは、プライベートだけでなく、仕事の
上でも必要です。
 もっとも、「仕事好き」「仕事中毒」も、仕事をすること自体が目
的になってしまったら、自己満足で終わってしまいますが。
 仕事を手段として、どのような夢・・・・企業家の方にとっては
「ヴィジョン」を実現するか、その物語の主人公として生きたいです
よね。
 それで、話しは元に戻ります。
 「お疲れ様でした。」
 何か変ではないですか?
 好きなこと、イキイキ仕事をしていて、「お疲れ」はないでしょう。
 ある会社では、『「お疲れ様」禁止令』を出しているところもある
ようです。
 で、ある人からの提案。
   『お楽しみ様でした。』
 です。若狭は、
   『ありがとうございます。』
 を使っています。
 一人ひとり、組織ごとに一番ピッタリくるセリフを探してください。
 さらにもう一歩先のお話。
 三谷幸喜さんの発想が好きです。特に、
 「芝居が終わって、会場から出たお客さんが『あれ、今日の芝居っ
  てどんなだったっけ?でも楽しかったよね。』と言ってくれるも
  のを作りたい。」
 いいですね。
 2010年2月12日付の朝日新聞夕刊のコラム「三谷幸喜のあり
ふれた生活」に
 「見終わったあとのお客さんから『戸田恵子、頑張ったね』と言わ
  れないことを目指した。」
 とありました。すごいですね。
   『究極まで頑張りながら、お客さんにその頑張りが緊張として
    伝わるのではなくリラックスしていただいて、芝居の中身に
    没頭していただく』
 時として「頑張りを見せる」のもありですが、
 好きで人生の一部になっている仕事であれば、お客さんが自分の力
でワンランク上のものを得たように感じるものを提供したいですね。
 どうも、お楽しみ様でした。
                  若狭 喜弘(Yoshi)
 このメール通信は、 HPにてご登録頂いた方、名刺交換させていた
だいた方にお届けしています。
 毎月第2、第4水曜に、ニュースや新聞、雑誌、Web上の記事の中
からピックアップした話題について、『コーチの視点で社会を見る
と』をお伝えしてまいります。
  Twitterはじめました。http://twitter.jp/CI_Yoshi です。
 よろしかったら、フォローお願いします。
〓〓━━━━━━━━━━━━
《最新情報》
 京都チャプターで、2月に講演します。
 日本コーチ協会 京都チャプターの例会のご案内
 お申込みは、Webサイト( http://www.jca-kyoto.jp/)をご覧ください。
●2/28(日) 例会
  テーマ  「ほめる~あなたの気持ちを伝える~」
  講師   Core Infinity Coach(自分の核心を受入れ、無限大の未来を引き寄せる)
        京都チャプター副代表  若狭 喜弘氏
  □日 時□  2010年2月28日(日) 13:30~16:30
  □場 所□ ウィングス京都
  □参加費□  会員1,000円  一般2,000円
●3/28(日)例会
  テーマ  「高齢者介護とコーチング」
  講師   介護の現場にコーチングを活用し成果を出している施設長
         京都チャプター副代表  真辺 一範氏
  □日 時□ 2010 年3月28日(日) 13:30~16:30
  □場 所□ ウィングス京都
  □参加費□  会員1,000円  一般2,000円
 ある会で、落語の高座(3月20日)を務めます。(そのあとは懇親会)
 ご関心をお持ちいただいた方は、お問合せください。
 むしろ、落語は懇親会のつまみのネタのようなものでして、・・・・・
〓〓━━━━━━━━━━━━


関連記事

no image

Vol. 22 [何だか、うまく言えないけれど、違う気がする]

 「自分らしく100%表現」の 若狭 喜弘「Yoshi(よし)」です。  『Core Infinit

記事を読む

no image

Vol. 25 [価値観バリバリ?]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通信【Vol

記事を読む

Vol. 54 [禅は面白い]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通信【Vol

記事を読む

680eda4b33c6b9545a04b6435dc0673a_s

Vol. 93 [「前者・後者」は、本当は出発点だけど、壁だとしたらひとまずゴールかも]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

no image

Vol. 4 [元朝青龍関と国母選手]

 若狭 喜弘(Yoshi)です。 【元朝青龍関と国母選手】  オリンピックも、もう終盤。残すところ、

記事を読む

Sea urchin / shankaronline

Vol. 65 [お構いねぐ]

Sea urchin / shankaronline[/caption] 〓〓━━━━━━━

記事を読む

ed6c074e836529ec5fdab8c7512faf10_s

Vol. 89 [成長という危険なチャレンジ]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

f677451b587a076d49e07d25aa4dadef_s

Vol. 96 [シング・シング・シング]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

5b159e454dde3d58d750921bbc48932f_s

Vol. 95 [成長と成熟・・・・動的平衡も少々]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

a7e045843bd327cc16723843f2d06998_s

Vol. 90 [失敗してもいいんじゃない?]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

ab7b71a20276bf7df25cd18f1759d01c_s
「ロボット・プログラミング」は単なる手段

Vol. 105 [決断を早める方法]http://views.cor

3838c6972918910f26674362b98dc14d_s
Vol. 105 [決断を早める方法]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

287e064537d295454a926e7120b57393_s
Vol. 104 [責任感と報酬]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

a03f5d9a0b01c5056fb8bbdb1004126f_s
教育勅語と祖母の思い出

このところ教育勅語が話題に上っています。 思い出したことがあります。

a03f5d9a0b01c5056fb8bbdb1004126f_s
『「未曽有の体験」には、「同じ未曽有の体験」がないといけない』か

> 大津波や原発事故をもし「未曽有の出来事」と言うなら、それに対しては

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 2010年2月
    « 1月   3月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑