*

「共感性羞恥」とは

公開日: : et cetera-data

“恥をかくシーン”が苦手…『共感性羞恥』がネットで話題に。。
http://matome.naver.jp/odai/2147206258901184101

目の前の相手やテレビに出ている人物と
自分を同一化させて
その感覚を感じる力が強い人のことを

   『共感性が高い』

と言います。

~~~~~~~

僕は

「相手を理解する」とは、
「相手の感覚を感じること」

と信じてきました。

が、世の中ではそうではないようです。

「相手の感覚を感じない」でいても「共感できる」ようだし、
「共感してもらえた」とは、「相手の感覚を感じてなくてもいい」らしい。

さらに、「承認」とは
「相手の感覚を感じて感覚を同調させること」ではなく、
「相手のかすかな行動に反応すること」らしい。

僕にとって最近判明したこと。

最低限、「自分の定義」と「世間の定義」を区別して知っておいた方がよい。

~~~~~~~

で、そんな「共感性」が高いものだから、
・バラエティ番組を笑えない。
・サスペンス物を見たくない。
・ジェットコースターにつけたカメラの映像を見たくない。

このうち、「恥ずかしい」という感覚を持つものを

   『共感性羞恥』

と呼ぶらしい。

~~~~~~~
《参考》

「共感的羞恥」がどの程度学術的な言葉なのか、調査しました。

なぜ、人の行為を見て恥ずかしくなるのか
http://ci.nii.ac.jp/els/110008114010.pdf?id=ART0009639066&type=pdf&lang=en&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1472744268&cp=

に、Miller(1987)が「empathic embarrassment(共感的羞恥)」と名付けたとあります。

あの恥ずかしい気持ちには名前があった
http://b8270.hateblo.jp/entry/20150121/1421845583

にも、語源についての調査結果があります。


関連記事

そろそろ来年のスケジュール帳探しの時期になりました

Am I organized? / koalazymonkey[/caption] そろそろ

記事を読む

いろいろな『考える』

Seagull in deep thought / criminalintent[/caption

記事を読む

「前者・後者論」の全体像

「前者・後者論」の全体像は、下記をご覧ください。 心屋仁之助さんの ■【永久保存版・全体概要

記事を読む

緊急地震速報が届いた時の対処法

緊急地震速報が届いた時の対処法 ★【事前調査時の着目点】 ・ 地震発生時に照明や掲示物な

記事を読む

主体的な人の特徴_ある一人から出てきた言葉

「主体的な人の特徴」 思いつくものを列挙しました。 京都チャプター 7周年記念セミナー  

記事を読む

わかさま(若狭)の本棚

記事を読む

日本科学未来館で開催された企画展「世界の終わりのものがたり」73の問い(2012)

日本科学未来館で開催された    企画展「世界の終わりのものがたり」73の問い を紹介し

記事を読む

Web情報『働かないアリも集団維持に必要 北大研究者が興味深い研究成果』

こういうネタは大好き。 メモとして残す。 内容は、タイトル通りです。 働かないアリも集

記事を読む

「前者・後者の特徴と判別法」一覧

==後者の若狭 喜弘が主催する「前者・後者を判定する会」==http://core-infinity

記事を読む

『前者・後者』とは・・・(メモ)

「人材育成」とか 「自分を生かす」とか 「人間関係をよくする」とかに 関心がある人の間で最近ブ

記事を読む

デイタイム・ショート・コーチングの感想をいただきました。

デイタイム・ショート・コーチングの感想をいただきました。 (

Vol. 122 [「老害」って人のことを笑えない]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 121 [「コーチングのエッセンスを体験しよう」を開催して]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

それは美しいか?

武田鉄矢 今朝の3枚おろし「経営者のアートとサイエンス」(

樹木希林さん

【樹木希林さん】  亡くなって1か月半にもなって、それも

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑