*

子供、子供、子供。少なくとも叔父さんになる!

公開日: : 最終更新日:2016/09/05 et cetera-life, 子供達の学ぶ心

ここ数日、このような記事と出会って紹介しています。

 自分がいま結婚してないこと、子供がいないことを、最近までそれほど残念に思ったことはありませんでした。

 大人は、親は、子供に親にさせてもらうんだし、大人にさせてもらうんだなあ、と感じました。

 小学生向けロボット教室でも、その片鱗だけですが、体験させてもらっています。

 そして、友人の息子さんの心臓が調子悪いとのこと。
 彼とはスカイプで一度話しただけで、会ったこともないし、
 もうかれこれ3年ほどになるだろうから、覚えていてくれるかどうかわからないけれど、
 甥っ子を心配する叔父さんのような気持でいます。

 今日は特に何を書きたいかわからなくなっちゃいました。

 ともかく、お父さんも、お母さんも、頑張れ!かな。
 ほんと、叔父さんの気持ちでしか見守れないのだけれど。

 そういえば、去年くらいに武田鉄矢さんがラジオで、

   「子供には、寅さんみたいな叔父さんが必要だ」

 てなことを話されていました。

 それだったら、なってあげられるかな。

(以下は、そんな記事のリンクです。)
~~~~~~~~~~~~~

●受精から誕生までの10カ月の記録写真を見て、あなたは何を感じますか?【生命の神秘】 | BuZZNews(バズニュース) 世界の話題をあなたに!
 http://buzznews.asia/?p=27148

●子供をその手に抱くということ……全米を泣かせたCMがあまりに感動的で涙が枯れてしまいそう | Pouch[ポーチ]
 

●#1 小児期「ADHDの正しい理解のために」
 

●【サトシの涙】と、スペイン風オムレツ
 


関連記事

「前者・後者」について書いた記事一覧

「前者・後者の特徴と判別法」一覧 を公開しています。 「前者・後者」に関する考察

記事を読む

家族を愛するということ

> お父さん、お金持って帰ってくるだけやないの > 井村雅代  (折々のことば 選・鷲田清一)

記事を読む

プロとは、「発見する人」「発明する人」

「奇跡の復刊を支えた、とある書店員の仕事の軌跡」 「書店の生態系」 と言っても、店員さん

記事を読む

「信頼できる大人と出逢えれば変ります。」

> 問題を持つ少年少女が、どこで信用出来る大人と出逢えるか。 > 相手が先生でも、警察官でもいいん

記事を読む

言っちゃいけないよ「人の迷惑だ」

> 抑圧はいつも「人の迷惑だ」という発言から始まります。 > 駒崎弘樹  (折々のことば 選・鷲

記事を読む

誰にも、親を介護する、親を送る権利がある

> 親の介護とは、親を送るということは、自分の成長の完了じゃないか > 伊藤比呂美  (折々のこ

記事を読む

「自分の言葉では、まだ語れない」というしかない体験

> 「第二のふるさと」「宝物」といった言葉を使うのに抵抗がある。 > 「まだ、八坂での経験を消化

記事を読む

あなたの商売道具を教えてください。

Required tools / wza[/caption]  地味だけれど、興味を惹かれた

記事を読む

子供たちって、意外に創作を苦手に思っている?

「日本人がまた変なもの作ってる…」世界中で大ウケの工作家・乙幡啓子さんhttps://irorio.

記事を読む

いちばん弱い環

> 鎖の強さはいちばん弱い環(わ)で決まるのだ。 > ギルバート・K・チェスタトン  (折々のこ

記事を読む

Vol. 122 [「老害」って人のことを笑えない]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 121 [「コーチングのエッセンスを体験しよう」を開催して]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

それは美しいか?

武田鉄矢 今朝の3枚おろし「経営者のアートとサイエンス」(

樹木希林さん

【樹木希林さん】  亡くなって1か月半にもなって、それも

Vol. 120 [コーチングのエッセンス]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑