*

Vol. 60 [くれない族]

公開日: : Core Infinity 通信

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓
  Core Infinity 通信【Vol. 60】   2013/06/05
〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓
配信解除、配信先変更は、以下のいずれかの方法にてお願いします。
→ このメールにそのまま返信する。
→ https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P69060698

 生きる『原点』を一緒に創るコーチ 若狭 喜弘(Yoshi:よし)です。
 『Core Infinity 通信』を引き続きご購読いただきましてありがとうござい
ます。

---------------------------------
《PR》気になったら、すぐにお問合せ(090-6660-6532)
★『原点』コーチング(名称を変更しました)
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/?p=494
★セミナー、個人ミーティング(コーチング、カウンセリング)、研修
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=190
★コーチ資格のために、ご協力のお願い
  http://pro.core-infinity.jp/?p=792
---------------------------------

【くれない族】

 えらく古い流行語から始めました。
 生きる『原点』を一緒に創るコーチの若狭 喜弘(Yoshi:よし)です。

 「くれない族」

 この言葉が、あるとき思い浮かんだんですが、どこで聞いたことがあったの
かわかりませんでした。

 調べてみたら、1984年のテレビドラマ「くれない族の反乱」というのがあっ
たのですね。
 私が大学に入った年です。
 そう思うと、そんなに昔じゃないですよね。
 (若い人は相手にしない!!)

 「”新”くれない族」は、石渡嶺司氏が定義した言葉だそうです。

 どちらにしても、

    「~してくれない」という言葉をよく使う人

 のことです。

-------------------------------

(以下の例は、個人が特定されないよう変更を加えています)

 なぜこんなに古い言葉を思い出したかというと、研修でこのようなやり取り
があったからです。

 「売上アップのためのもっと効果的な聴き方、話し方」

 というテーマで研修をした時でした。
 セミナーの最後に、このような時間を持ちました。

    これから、今日学んできた「聴き方」「話し方」の実践をしていただ
    きます。
    話す内容よりも、「聴き方」「話し方」の実践をしてください。
    話すときには、心を込めて伝え、
    聴くときには、「この人には実現する力がある」「この人は、常に最
    善を尽くしているんだ」と思い、応援する気持ちで聴いてください。

    話すテーマは
       『あなたは、この研修で、今後何を学びたいですか?
        講座への要望ではなく、自分が講座を受講した結果、
        変えていきたいこと、実現したいことを話してください。』

 としました。

~~~~~~~~~~~~~
※参考:どのような方が受講されているか?
 私は、中小企業の従業員さんが集まってこられる研修の講師をしています。
 その研修は、毎日昼間に開催されています。
 企業会員制ですので、限られた企業から来られています。
 また、従業員さんが希望する講座のみに参加される企業もあれば、
 送り出す企業から「仕事がない日は必ず研修に行け」と指示が出ていること
もあります。
~~~~~~~~~~~~~

 どのような発表があったと思われますか?

 大きく分けて、2種類ありました。

 一つは、「○○といったことを教えて欲しい」
     「○○の講座で学びたい」

 まさに、「くれない族」でした。

   「教えてくれ」
   「教えてもらえてないからできない」
   「そのテーマで講座を提供してくれないから学べない」

 こんな、内なる声が聞こえてきました。

 「くれない族」の言葉を聞いて、
 実は、最初は、そのような心積もりがなかったので、何を話されているのか、
日本語としてはわかっても意図が理解できませんでした。
 ある程度話を聞いて、チューニングを合わせてやっと理解できました。

 本来、このような内容のフィードバックしたらよかったですね。

   『本当に学びたいことだったら、自分で学んでください。
    自分で学んだ上のことだったら、どこまで学んでいて、研修では何を学
    びたいのですか?
    それを教えてください。』

-------------------------------

 もう一つは、私が話してもらいたいと思っていた以上の内容でした。
 できるだけ忠実に、でも個人が特定できないように記します。

 「最初は無理やり参加していたので、せっかくだからと思い、完全に理解し
  ようと一言一句にこだわって聞いていました。
  しかし、回を重ねるにしたがって、そのこだわりを捨て、講座の内容と自
  分自身を重ねて考えるようになりました。

  仕事のための研修ではありますが、 “すぐに役立つ技術” というのはそれ
  ほどなく、講座の中で伝えられる多くの情報の中から “自分に必要なもの
  を選びとる” ことが大切だと理解しました。

  受講中に関心を持つポイントは、講座の内容全部ではなくほんの一部でも、
  自分自身について考えられることに注目することです。
  もし、講座の内容に得られることが全く無いようであれば、ほかの受講生
  の仕事ぶりや考え方など参考になることを学びとるようにしました。
  そうしたら、研修の時間中もそうですし、職場でも、自由にいられるよう
  に変わってきたのがわかりました。

  また、仕事のための研修ではありますが、職場だけでなく、すべての場で
  ”充実して生きる” ことが、結果的に職場での貢献力を高めることになると
  今は思っています。
  その意味で、 “充実して生きる” ための考え方や方法を学んでいきたいで
  す。」

-------------------------------

 私は感動して聞いていました。

 「この視点で答えてもらいたい」と思っての設問でした。
 私にとって、完璧以上の答えでした。

 私は、これをずっと伝え続けてきました。
 スキルを教える形を取りながら。

-------------------------------

 もともとの発表テーマの意図を改めて記します。
 今回の発表テーマでは、こんなことを考えていたのでした。

    ●ある学びたいテーマがあったら、研修で学ぶのではなく、研修を視
     点を広げるために使う
    ●日常で本などを読んで学び、研修の時間中には実践トレーニングを
     する
    ●研修をカタログを見るように、学びたいテーマを探すために使う

 研修を受身で受けただけでは、実生活の役に立ちません。
 こんな意味合いで考えていただきたくて、「何を学びたいですか?」と問い
かけました。
 「自分の今の関心事」であり、「研修の使い方」、「学びたいことの決意表
明」を聞きたかったのでした。

-------------------------------

 ここまでお読みいただいて、いかがお感じでしょうか?

 今の社内、社会に「くれない族」は多くありませんか?
 「問題解決」には一所懸命で、忠実ではありますが、

    問題 ⇔ 問題解決

 の間だけで時間を過ごしている人がとても多くはありませんか?
 「学ぶ」という意味がとても狭い人はいませんか?

 その結果、手っ取り早い解決法や「正しいこと」を知りたがったり、今の職
場の人間関係の調和を優先するあまり新しいことを受け入れなかったり、といっ
た症状が出ていると感じます。

 ですが、
 私も、他人のことは笑えません。
 会社員時代には、こんな幅広い視点を持てませんでした。
 その一瞬は精一杯だったけれども、恥ずかしさを感じる過去の姿です。

 あなたのこれからのことを考えましょう。
 何が変われば、
 何を変えれば、実現するでしょうか?

 それとも、変わる必要、変える必要はないでしょうか?
 今の時勢にそんなことは無理でしょうか?

 今回綴ってきた体験は、「仕事がない時には研修に行って来い」って言葉と
しては穏やかに書いていますが、助成金を受け取れるので企業が研修に送り出
している面もあり、経営的に余裕のある会社の従業員さんのお話ではありませ
ん。
 そのような会社でさえ、このような成果が出ています。

 まだ私の意図を受け取っていただいている人数は少ないように感じますが、
最初は0%でした。
 それと比べれば、大いなる変化です。
 いや、少ないというのも正しくはありません。数割はいらっしゃいます。
 今後のこのグループの変化を楽しみに感じています。

-------------------------------

 さて、

 あなたは、「くれない族」をどうしますか?
 あなたが「くれない族」ではないとしたら、どのように働きますか?
 あなたは、どのように人生を充実させて仕事に活かしていきますか?

 一度お考えください。
 私が、話し相手になりましょう。

              生きる『原点』を一緒に創るコーチ
                    若狭 喜弘(Yoshi)

 このメール通信は、お申込みご登録頂いた方、名刺交換させていた
だいた方にお届けしています。
 毎月1回、実体験、ニュースや新聞、雑誌、Web上の記事の中からピックアッ
プした話題について、『コーチの視点で社会を見ると』をお伝えしてまいりま
す。

 Twitter、Facebook、LinkedIn、Google+で綴っています。
   http://twitter.jp/CI_Yoshi
   http://facebook.com/wakasa.yoshihiro
   http://jp.linkedin.com/in/wakasa
   http://gplus.to/yoshiwakasa
 より近いコミュニケーションをしましょう。

〓〓━━━━━━━━━━━━
《最新情報》
 私(Yoshi:よし)が主催、提供するサービスは、すべて
 『がんばろう日本 三方よしプログラム( http://p.tl/8J5q )』
 に則って被災地支援に役立てます。

★研修、勉強会、講演会の依頼をご検討の方へ★
 ※テーマ、参加者の特性、人数、回数、ご予算など、ご希望の内容にあわせ
  て最適なプログラムを提案します。
 ※各種学校・教育機関、自治体、NPOなど、社会的意義のあるものには柔軟に
  対応いたします。
 まずはお問合せください。
 http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=190

★『原点』を一緒に創るコーチング★
 あなたと個人ミーティングを。
 6月期、7月期分の個人ミーティング(全1回~)、体験ミーティング
(有料)、無料オリエンテーションのお申込みは、
 http://core-infinity.sakura.ne.jp/?p=494
 http://core-infinity.sakura.ne.jp/?p=284

★平日夜の個人ミーティング(梅田)
  ・日付:6月10日(月)、21日(金)
      7月1日(月)、10日(水)、16日(火)
      ほかにも可能な日程があります。お問い合わせください。
  ・時間:18:30~20:00
  ・場所:大阪・梅田にて(お申込みの方にお知らせします)

---------------------------------
《PR》気になったら、すぐにお問合せ(090-6660-6532)
★私が、コーチとして大切に思っている人
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/?p=371
★料金表
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=60

—————————————————————
★Cafe Third Place(カフェ・サードプレース)のご案内★
 ~名刺交換も勉強することも目的としない異業種交流会~
 [第31回]
 ・開催日:2013年6月26日(火)
 ・時 間:19:00~20:30
 ・場 所:ホテル ボストンプラザ JFKラウンジ(JR草津駅西口側)
 ・参加費:1,000円(飲食費は別途実費をお支払いください。)
 ・テーマ:「考える練習」。あなたの課題は、私の課題です。

 詳細は、https://www.facebook.com/Cafe3rdPlace

—————————————————————
 日本コーチ協会 京都チャプターの例会のご案内
 お申込みは、Webサイト( http://www.jca-kyoto.jp/ )をご覧ください。
●6/23(日)
テーマ  コーチの達人になろう! 効果的な質問
講師  京都チャプター運営メンバー
   戸田 紳司氏&なかにしようこ氏

□日 時□ 2013年6月23日(日)13:30~16:30
      *13:15~受付 開講5分前までにお集まりください。
□場 所□ ウィングス京都 2階 セミナー室B
   http://www.wings-kyoto.jp/
□参加費□ 正会員2,000円  一般3,000円

コーチングにおける「効果的な質問」とは、気づきや可能性、そして新たな学び
や行動を呼び起こすような質問です。
クライアントが自由に発想を広げ、本当に望んでいる方向に進んでいけるよう
な質問づくりのコツを探ります。

〓〓━━━━━━━━━━━━
メール通信をお届けしています。登録はコチラよりどうぞ。
→ https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P69060698
6月期、7月期 の研修、個人ミーティング(全1回~)、体験ミーティング、無料オリエンテーションを希望される方も上記よりどうぞ。


関連記事

no image

Vol. 19 [変形インターンシップ]

 「自分らしく100%表現」の 若狭 喜弘「Yoshi(よし)」です。  『Core Infinit

記事を読む

Vol. 111 [あくまでも「本人が自分で勝手に気づいた」と思ってもらいたい]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

no image

Vol. 15 [子どもであることを止めた瞬間]

 「自分らしく100%表現」の 若狭 喜弘「Yoshi(よし)」です。  『Core Infinit

記事を読む

Vol. 112 [思わずにやけてしまうほどやりたいこと]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

no image

Vol. 24 [コーチをつけない理由?]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通信【Vol

記事を読む

Vol. 82 [「ごめんなさい、って言いなさい」と脇から言われて困った話]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

Vol. 71 [京都造形芸術大学 社会人と学生の交流イベント「ロールモデル研究」に参加して]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

Vol. 116 [わかるようでわからない。コーチがリクエスト]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

Vol. 67 [あたりまえに生きる]

Winter Sunshine / damo1977[/caption] 〓〓━━━━━━━

記事を読む

Vol. 90 [失敗してもいいんじゃない?]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

Vol. 118 [リスペクト(respect)]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 117 [練習とトレーニング]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Vol. 116 [わかるようでわからない。コーチがリクエスト]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

コーチング、NLPの学び方

【質問】 ある方から、「NLPを学んで、現在やっている仕事のメニ

Vol. 115 [「けん玉少女」を承認する方法]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 2013年6月
    « 5月   7月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑