*

生徒自身が周辺住民とのトラブルを解決する仕組みをつくった

公開日: : 最終更新日:2017/09/20 子供達の学ぶ心 , , , , ,

SPA!に、こんな記事がありました。

高校生が日本初の「騒音トラブル解決モデル」を発足。周辺住民からの苦情も激減
https://nikkan-spa.jp/1393643

なんでも、学校は何かと音が出ます。
部活だと、応援団の練習や吹奏楽部は大きな音を出すのが練習です。
体育祭だとピストルの音や声援があります。
それに対して苦情が来ることがあると。
できるだけ音が出ないように工夫していたが、
考えてみたら、地元の人と話をしたことがないじゃないか、
と気づいたところから話がはじまったようです。

地元の人から意見を聴く会を開催したら、
集まった人で決議できる場をつくろうとなったとのこと。

その名は『鼎談深志』(「深志」は、長野県松本深志高校だから)

(こんなサイトもありました。
 鼎談深志 (ていだんふかし)
 http://www.nagano-c.ed.jp/fukasi/teidan/teidanfukashi.htm

~~~~~~~~~

 普段、小中学生の生徒や子供自身、
 もしくは、それくらいの子供を持つ保護者の方や先生に向けた情報を提供しています。

 今回は高校の話ですが、
 高校生がこれくらい自律的に社会とかかわりあっていく経験はとても貴重なことだと思ったので紹介しました。

 何でもかんでも地域に出ていけばよい、というものでもありませんが、
 好きで選んだ学校生活、部活なのに、
 昔はまるで考えたこともなかった対処をしていたり、
 我慢をしていたり、
 といったことがあります。

 苦情があるので対処していても、アピールするものでもないので、
 地域の人はあまり知らないことになります。

 「言ってくれたら、そんなこと気にしないで、と言ってあげられたのに」

 というたぐいのことも多くあります。

 苦情に対して誠心誠意話を聴くのは当然としても、
 そのことばのまま実行すればよいものではありません。

 苦情を言ってきた人を疑うとか、否定するものではないけれど、
 今回だったら地元の人の代表者と話して、
 状況を知り、解決策を一緒に考える姿勢は大切だと思うのです。

 「言われたまま行動する」
     ↓
 「関係者とともに、自分の頭で考え、決める」

 自立した行動の経験は、将来になってからのリソースとして生かされるのです。

 これは、小学生でも中学生でも一緒で、
 親や先生が実践して見本を見せ続けることからですね。


関連記事

Title_learning child

ロボット教室の生徒諸君 その6

ロボット教室の生徒諸君 ロボットづくりは、 ロボットを作ることじゃなくて ←こんなの当然

記事を読む

Title_learning child

コーチングで子供たちに持ってもらいたいこと

教育現場や家庭でのコーチングはとても大切だと考えています。 「コーチングをする」ということではなく

記事を読む

Title_learning child

船出しよう

■船は出ているのだから、後戻りはできない (一語一会)ピアニスト・作曲家、西村由紀江さん 母の佑子

記事を読む

Title_learning child

タブレット授業は必要?

滋賀県の「子ども県議会」で、タブレット授業について質問が出たという。 > 「学校のタブレット端

記事を読む

Title_learning child

子育てのためにも、キラキラと生きる

> 家事と自分の仕事は、やり直しが利く。育児はやり直しが利かない。 > 穐吉(あきよし)敏子  

記事を読む

Title_learning child

ロボット教室の生徒諸君。その3

ロボプロ講座2年目冬タームをどんどん進んでしまった生徒諸君へ 宿題です。 「次回まで

記事を読む

Title_learning child

学習障害を持つ子どもたちが先生に宛てた、重要なメッセージ。

記事を読む

November 2013 Wellfleet MA Uncle Tim's Bridge / elmerfishpaw

子供、子供、子供。少なくとも叔父さんになる!

November 2013 Wellfleet MA Uncle Tim's Bridge / e

記事を読む

[326/365]  Lottery Money / sophistechate

宝くじに当たったら?

[326/365] Lottery Money / sophistechate[/caption

記事を読む

Earth_small

先生、何歳?

 ロボット教室にて。  「若くないけど、若狭先生!」  「そうじゃなくて、いつも若い若狭先生

記事を読む

7fbcc38131d233bb150d1a2dc8f574cc_s
京都チャプター3月例会『承認』で体験した「承認」

テーマ  組織活性化コーチング実践編2       ~チームメンバーの

9e1ba08a10d68dcea789e601b89954dd_s
Vol. 114 [部下に仕事を頼むとき]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

fb68e71a2abf9f8e840869f17fa4cbcc_s
『短い目で見れば嘘は引き合う』?

内田樹「『短い目で見れば嘘は引き合う』の解釈が現実的だと人々は考えるよ

Title_learning child
「他人に与えてもらう夢は『娯楽』と呼ぶ」

岡野由美さんの「ぼんぼんすふぃあ」を読んでいて、 ポン、と膝

c7701fbc0bc5e12d4c655f776d01d3c4_s
捨てるほど「恵方巻」を作っている日本は不思議

恵方巻き、大量廃棄の現実 店頭に並ばないケースも…https://di

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑