*

生徒自身が周辺住民とのトラブルを解決する仕組みをつくった

公開日: : 最終更新日:2017/09/20 子供達の学ぶ心 , , , , ,

SPA!に、こんな記事がありました。

高校生が日本初の「騒音トラブル解決モデル」を発足。周辺住民からの苦情も激減
https://nikkan-spa.jp/1393643

なんでも、学校は何かと音が出ます。
部活だと、応援団の練習や吹奏楽部は大きな音を出すのが練習です。
体育祭だとピストルの音や声援があります。
それに対して苦情が来ることがあると。
できるだけ音が出ないように工夫していたが、
考えてみたら、地元の人と話をしたことがないじゃないか、
と気づいたところから話がはじまったようです。

地元の人から意見を聴く会を開催したら、
集まった人で決議できる場をつくろうとなったとのこと。

その名は『鼎談深志』(「深志」は、長野県松本深志高校だから)

(こんなサイトもありました。
 鼎談深志 (ていだんふかし)
 http://www.nagano-c.ed.jp/fukasi/teidan/teidanfukashi.htm

~~~~~~~~~

 普段、小中学生の生徒や子供自身、
 もしくは、それくらいの子供を持つ保護者の方や先生に向けた情報を提供しています。

 今回は高校の話ですが、
 高校生がこれくらい自律的に社会とかかわりあっていく経験はとても貴重なことだと思ったので紹介しました。

 何でもかんでも地域に出ていけばよい、というものでもありませんが、
 好きで選んだ学校生活、部活なのに、
 昔はまるで考えたこともなかった対処をしていたり、
 我慢をしていたり、
 といったことがあります。

 苦情があるので対処していても、アピールするものでもないので、
 地域の人はあまり知らないことになります。

 「言ってくれたら、そんなこと気にしないで、と言ってあげられたのに」

 というたぐいのことも多くあります。

 苦情に対して誠心誠意話を聴くのは当然としても、
 そのことばのまま実行すればよいものではありません。

 苦情を言ってきた人を疑うとか、否定するものではないけれど、
 今回だったら地元の人の代表者と話して、
 状況を知り、解決策を一緒に考える姿勢は大切だと思うのです。

 「言われたまま行動する」
     ↓
 「関係者とともに、自分の頭で考え、決める」

 自立した行動の経験は、将来になってからのリソースとして生かされるのです。

 これは、小学生でも中学生でも一緒で、
 親や先生が実践して見本を見せ続けることからですね。


関連記事

787ccddcba0f1f45d3013509a00177f2_s

毎月の調べもののテーマ(4月分)

ロボット教室で各家庭に配布している月刊広報の原稿を書いています。 作っているロボットの解説

記事を読む

Title_learning child

「子供の夢」を聴くのは難しい

大谷由里子さんがこのような記事を書かれていました。 (やすきよのマネージャもされていた、元吉本興業

記事を読む

Title_learning child

生徒が自分にもしてほしいこと?

【生徒が自分にもしてほしいこと?】  ロボット教室は、生徒はほとんど男の子です。先生も、男の先

記事を読む

Title_learning child

アカウンタブル(主体性)な行動とそうでない感情が同居可能

昨日、京都チャプターの仲間との雑談の中で。 ~~~~~~~~~ (そのメンバーの話) アメ

記事を読む

Title_learning child

学校は、子供が「学ぶの面白い」と思って学ぶところ

学校教育を、いまのような陸軍幼年学校みたいなバカなやりかたをやめて、うんとゆるくしたほうがいい。子供

記事を読む

Title_learning child

人類が米作りをはじめたとして、どんなよいこと・悪いことが起こるだろうか

(花まる先生 公開授業)歴史、白黒つけられる?東京・筑波大付属小学校 由井薗健(ゆいぞのけん)さん(

記事を読む

Title_learning child

「ロボット教室基金」の枠は作れる

> 破れてなかみのなくなった畳が畳であり、菜のない食事が食事であり、玩具のない遊戯が遊戯である。

記事を読む

Title_learning child

子供たちが(本当に)学ぶには、塾などで忙しすぎるのではないだろうか?

(もしかしたら何を言っているかわからない人がいるかもしれない・・・) 子供たちが(本当に)学ぶには

記事を読む

Title_learning child

子供の「やる気」の引き出し方

「ふつうの主婦」が見つけた「わくわくエンジン」のかけ方https://news.yahoo.co.j

記事を読む

Title_learning child

ロボット教室の生徒諸君 その6

ロボット教室の生徒諸君 ロボットづくりは、 ロボットを作ることじゃなくて ←こんなの当然

記事を読む

Title_learning child
「他人に与えてもらう夢は『娯楽』と呼ぶ」

岡野由美さんの「ぼんぼんすふぃあ」を読んでいて、 ポン、と膝

c7701fbc0bc5e12d4c655f776d01d3c4_s
捨てるほど「恵方巻」を作っている日本は不思議

恵方巻き、大量廃棄の現実 店頭に並ばないケースも…https://di

71bb8068a1060bb71f08e14ac08c34fd_s
Vol. 113 [介助法を知っているのを社会常識にしなきゃ]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

DSCF009219-2-mini
年賀状2018の画像の裏話

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

DSCF009219-2-mini
これからの僕のテーマ「夢をかなえる技術を伝えることと環境づくり」

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑