*

「子供の夢」を聴くのは難しい

大谷由里子さんがこのような記事を書かれていました。
(やすきよのマネージャもされていた、元吉本興業の方です)

子どもの夢をつぶさないで!
https://haretal.jp/watashi/pw2017090401/

詳しくは読んでいただくとして、
一部抜粋すると、たとえば、・・・

> せっかく子どもが夢を語っているのにお母さんがその夢をぶったぎることがよくあるらしい。

> 私の友人の男性。子どもの頃お母さんに「夢は何?」と聞かれた。「宇宙飛行士」と答えたら、「夢みたいなこと言わないで」と言われたらしい。

忙しいとき、テストの点数が芳しくない時、こんなことをいっぱい言ってしまいそうです。

忙しいときにこう言うだけならいいけれど、
いつも忙しそうで、
時間を取ってくれそうもなくて、
時間を取って話を聴いてくれるかと思ったら、小言を言うための前置きだったとか。

よくある話です。

~~~~~~~~~

子供、大人にかかわらず、
「夢を語る」
のは大切です。

夢を語ったら、
  ・具体的になります。
  ・行動がわかります。
  ・行動する気になります。
  ・「自分がやる」という自覚が芽生えます。
  ・夢実現のための能力を自分で切り開いていきます。
  ・その夢の中で本当に実現したいことが何かわかります。
  ・夢を語る敷居が低くなります。
  ・夢が心の底の方から出てきやすくなります。
  ・別の夢が現れます。
  ・語ること、聴くことへの信頼感が高まります。

一方で、周りがやってはいけないこと
  ・夢を聴かない。
  ・夢を値踏みする。
  ・夢の実現可能性を今の能力から判断する。
  ・できていないことを引き合いに出して、できないと言う。
  ・夢実現のために親がお金を出す交換条件に、「勉強しなさい」と言う。
  ・「そんなことより数学の点数が・・・」と言う。
  ・「そんなことよりご飯を食べなさい」と言う。
  ・「そんなことよりお風呂に入りなさい」と言う。
  ・「そんなことより早く寝なさい」と言う。
  ・うまくいっていなさそうなとき、本人の気持ちを聴かずに、周りだけで判断する。
  ・無理やりやめさせる。

夢を語り、実現できていない人は、
自己肯定感が低く、
達成経験が少なく、
他人の夢を自分と同レベルに引きずり降ろそうとします。

そんなことは、自分も経験があるし、周りを見ても経験があることでしょう。

~~~~~~~~~

子供の夢を聴くときのポイントです。

たとえば、「ロボット教室に通いたい」というのは、夢ではありません。
単なる欲求です。
「おもちゃが欲しい」と似たようなものです。

夢は、「その先にあるもの」です。
大きな夢がある子供ならば、
その夢を根掘り葉掘り聞いて、リアルに、具体的にしてあげましょう。

一方、欲求しかない場合でも、
「目の前にあるもので、常に何か作っている」
のであれば、
「いつも何か作り上げているね。ロボット教室に通って、何ができるようになりたい?」
と聴いてあげるのもいいでしょう。

してはいけないのは、
「ある職業になるための勉強」
という言い方です。

ある技術を使える人が増えると、「普通」になり、目の前のことをこなすだけの作業員にしかならなくなります。
それも悪いことではありませんが、
「夢」とは「創造性」を刺激するものです。

「夢」が現実になったとき、「創造的に生きられる」・・・・次の夢が生まれる

のでないと、それは「夢」じゃありません。

~~~~~~~~~

夢を
話す方もトレーニングが必要ですし、
聴く方はもちろんトレーニングが必要です。

「子供の夢」を精一杯聴いてあげてください。


関連記事

Title_learning child

生徒自身が周辺住民とのトラブルを解決する仕組みをつくった

SPA!に、こんな記事がありました。 高校生が日本初の「騒音トラブル解決モデル」を発足。周辺住

記事を読む

Title_learning child

ロボット教室の生徒諸君 その8~ハウステンボスのロボット王国~

ハウステンボスのロボット王国http://www.huistenbosch.co.jp/event/

記事を読む

Title_learning child

学校で、書類を増やすより、授業内容をワクワクしながら変えていくには

> 今の改革は大学にアリバイづくりの大量の文書作成を促すだけで、肝心の授業内容はあまり改善されていな

記事を読む

Title_learning child

フィンランドの学校教育

記事を読む

Title_learning child

夏休みの計画をもう1回立て直そう

ご存知カジュさんのブログより。 いまさらだけれど、夏休みの計画通りに進んでいますか? 【

記事を読む

no image

Vol. 33 [「目標」と心の機微]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通信【Vol

記事を読む

Title_learning child

「学び」を呼吸と同じように無意識にできるようになるために・・・

同じ勉強をしていて差がつく「本質的な理由」http://toyokeizai.net/article

記事を読む

Title_learning child

ロボット教室の生徒諸君。

ロボット教室の生徒諸君。 君ならできる。 これは今やっていることの応用でできる。 ただし、

記事を読む

Title_learning child

本を読もう!

子供たちのすべての基本は、    『本を読む』 だと思う。 海外では、教科書が分厚く、

記事を読む

Title_learning child

滋賀県の幸福度(教育分野)は43位!

原データは書籍のようで、ここで詳細を検証することはできない。 ともかく、「滋賀県」が総合7位と

記事を読む

Title_learning child
「問題文が理解できない子供が増えている」というけれど、どんな利点があったのだろうか

読解力が危ない(1)~問題文が理解できないhttp://www.yom

Title_family
共依存へのお誘いの特長

ひとつでも当てはまれば「共依存」の可能性 ・理不尽だと思っても相

84351b8e73a2804b7e6c0e664e69c403_s
僕の映画の観方

 僕は、映画も本も、何度も見返します。  自分でお金を払って映画館に

1dacf1a74ae1ca1767e15925d5c1d5b1_s
Vol. 110 [映画「この世界の片隅に」]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Title_learning child
Web「女子高生が開発した「負のSNSスパイラル」から抜ける勉強アプリの話」

女子高生が開発した「負のSNSスパイラル」から抜ける勉強アプリの話と、

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑