*

こんなレベルのロボットで見本を見るんじゃない。テキストにみんな書いている。

公開日: : 最終更新日:2017/09/19 子供達の学ぶ心 , , , , ,

以下の記事は、学びラボでは開講していない「アドバンス・プログラミングコース」のことについてです。(ロボティクス・プロフェッサーコースの下のクラス)

~~~~~~~~~
 (ブロック)アドバンス・プログラミングコースの教室が、今年(2017年)の9月からはじまりました。
 「タブレットを使ったプログラミング」
 という、生徒たちにとって初めての体験になるので、スタートアップ講座からはじまります。

 はじまりなので、すべてのアドバンス・プログラミングコースを受講する生徒がスタートアップ講座を受講します。

 僕が連呼しているセリフはこれです。

   『こんなレベルのロボットで見本を見るんじゃない。
    テキストにみんな書いている。』

 完成品を見てモチベーションをあげてもうため、
 本当に困っている生徒のために、見本を用意しています。

 でも、それを見て作っていては、力がつきません。

   ・テキストを読む力
   ・テキストから読み取る力
   ・テキストから必要なことを探し出す力
   ・発想力
   ・応用力
   ・仲間同士で協力し合う力
    (わからないことをわからないと言い、
      教え方の練習、
      間違って教えていた時に謝る力)

 逆に、テキストを読まないでいると、

   ・テキストは面倒くさいものという思いを持つ
   ・テキストは、せっかく遊びたいのに設問がある嫌なものという思いを持つ
   ・どうせテキストを読まなくても構わないという思いを持つ
   ・テキストに書いていることを知る機会を逃す
    (自分が気づかないこと、
      見本から気づかないこと、
      友達が気づかないこと、
      先生がわざわざ教えてくれないこと)
   ・自分の頭で考えなくなる

ね。あまりよろしくないでしょ?
提携元のヒューマンアカデミー株式会社では、
小学生4年生くらい以上を対象に、
いろいろ考えて、わかりやすい教材を提供しようと知恵を絞っているんです。
生徒がテキストを読み、教室の適切なサポートがあればできるように作ってあるんです。

そこまで整った環境で、ロボット作りを楽しみ、チャレンジする経験を無駄にするのはあまりにもったいない。

今はまだ、「答えがある」世界にいるけれど、
勉強しているのは、「答えがない」世界に一人ひとりの生徒が進むためなんです。

がんばれ!!

~~~~~~~~~

ということは、ロボティクス・プロフェッサーコースに通ってきている君たちはわかっているよね。
だから、テキストと格闘しているよね。

僕は、心から応援しています。

(高校受験のために、お休みしている君たちも、応援しています。
 今までは、『勉強の仕方を勉強してきた』ようなものなんだ。
 ロボティクス・プロフェッサーコースを
 手を抜いてやってきたら、それなりのものしか手に残っていないし、
 自分なりに取り組んできていたら、見えていることがあるはずだよ)
052018d45872319e09e16bb4f704b29f_s


関連記事

Title_learning child

生徒自身が周辺住民とのトラブルを解決する仕組みをつくった

SPA!に、こんな記事がありました。 高校生が日本初の「騒音トラブル解決モデル」を発足。周辺住

記事を読む

Title_learning child

「勉強する」スキルを子供たちにつけさせたい

【補足追加】子供からも親からも不評だった小学校5,6年時の担任・Y先生の指導方法が「時間差」で素晴ら

記事を読む

Title_learning child

船出しよう

■船は出ているのだから、後戻りはできない (一語一会)ピアニスト・作曲家、西村由紀江さん 母の佑子

記事を読む

a0782_000805

ロボット教室って何をするところ?

 ロボット教室の「教室便り」を書きました。  こちらでもお伝えします。 ------

記事を読む

17e183c2fa25d4268502cc6f30288701_s

Vol. 86 [子供のころ思った、「こいつは天才!」]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

Title_learning child

「学び」を呼吸と同じように無意識にできるようになるために・・・

同じ勉強をしていて差がつく「本質的な理由」http://toyokeizai.net/article

記事を読む

Title_learning child

才能を花開かせるために考えておきたいこと

真の才能は「狂気に満ちた集中」から生まれるIT時代にこそ「真価を発揮する才能」とは?http://t

記事を読む

Title_learning child

「学びラボ ロボット教室」の先生は、雑談が仕事?

かつて生徒から、 「先生は教えないねえ。雑談ばっかりだねえ」 と言われたことがあります。

記事を読む

Title_learning child

本を読もう!

子供たちのすべての基本は、    『本を読む』 だと思う。 海外では、教科書が分厚く、

記事を読む

Title_learning child

勉強しているとき、文章を読むだけでは訳がわからない時

勉強法の一つの提案。 中二の息子が秀才の友達から勉強法を聞いて、やる気を出した!「まずは、文字

記事を読む

Title_learning child
「他人に与えてもらう夢は『娯楽』と呼ぶ」

岡野由美さんの「ぼんぼんすふぃあ」を読んでいて、 ポン、と膝

c7701fbc0bc5e12d4c655f776d01d3c4_s
捨てるほど「恵方巻」を作っている日本は不思議

恵方巻き、大量廃棄の現実 店頭に並ばないケースも…https://di

71bb8068a1060bb71f08e14ac08c34fd_s
Vol. 113 [介助法を知っているのを社会常識にしなきゃ]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

DSCF009219-2-mini
年賀状2018の画像の裏話

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

DSCF009219-2-mini
これからの僕のテーマ「夢をかなえる技術を伝えることと環境づくり」

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑