*

Web記事「試行錯誤が論理的思考力よりも重要」

公開日: : 最終更新日:2017/09/07 子供達の学ぶ心 , , , , ,

プログラミング教育では、試行錯誤が論理的思考力よりも重要
青山学院大学客員教授の阿部和広氏
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/499982/030900037/?rt=nocnt
 より

~~~~~~~~~
有識者会議では「プログラミング的思考」が繰り返し言われていました。プログラミング的思考は、将来どんな職業に就こうとも求められる普遍的な力として、ある活動を達成するために、どのように動きを組み合わせればよいか、その組み合わせを漸近的に改善していくこと、つまり、解を試行錯誤的に求めることを狙ったものです。

 つまり、いきなり答えが決まっているのではなく、自分で考えて、試してみて、失敗して、という過程を繰り返して答えに近づいていくんだということが言われていたわけです。そして、その結果として論理的思考が培われるというものです。活動の対象も、コンピュータに限定されず、コーディングを学ぶことが目的ではないと強調されていました。
(リンク先より引用)
~~~~~~~~~

書かれていることは、その通りで、
子供たちには、

   『試行錯誤しながら答えに近づいていく』

経験とトレーニングをしてもらいたいと思っています。

けれど、
学校や家庭、塾で、この

   『試行錯誤的に求める(=プログラミング的思考)』

を伝え、トレーニングするにはどうしたらいいか?

親も子供も先生も、答えを持っていません。
子供たち一人ひとりの人生がかかっているので、

あるアイディアを行ったグループと
そのアイディアを行わなかったグループの
比較実験をするわけにはいきません。

せいぜい、
アイディアAを行ったグループと
アイディアBを行ったグループでの
違いを見るくらいしかできません。

第一、答えも、落としどころも、正解も、誰も知りません。
行きつく先がわかっているかのような、取り組み方はできません。

とするとどうするか?

親、子供、先生がみんな集まって、「主体的・対話的で深い学び」を続けていくしかない。

少し考えてみれば、学校のどの教科も、

   「主体的・対話的で深い学び」をして、
   「試行錯誤的に求める」

ことができます。

~~~~~~~~~

ただ、時間がかかる。
手間がかかる。
30人の一斉授業ではできない。

(だって、先生がカリキュラムに沿ってぐいぐい引っ張っていくから、
 現在、教室で一斉授業が成り立っている。
 それが「主体的」なものをベースに、
 「試行錯誤的」な方法になったら、人が足りないのは明らか。)

子供たちの方が早く順応するのだろうけれど、
子供たちもやり方を変えるのに時間がかかるし、
まして、先生や親は、もっと難しいんじゃないかな。

(先生や親は、表向きはきれいな形にするのだろうけれど、
 「試行錯誤的」は必要だし、
 それを隠しちゃいけないとも思う。)

~~~~~~~~~

主体的に取り組むための基本として、
「ゴール」「目的」といったものは大切。

自分が望まないもののために努力させられるのは、誰も嫌なものだからね。

もし、親、子供、先生が取り組むなら、
まずこのテーマについてみんなで考えてからがいいだろう。

   『なぜ勉強するのか?』
   『勉強する、とはどういうことか?』

ノウハウや技術を覚えることよりも、
必要な時に自分で考える動機をもって、
その場に合うものを見つけ出す行動力を発揮することが大事だと思うから。

~~~~~~~~~

この話題はフラクタルだなあ。
もっとも、先生や親は、
さらにメタな視点で、場をつくる力がないといけないのだけれど、
これも「試行錯誤的」に自分で発見するしかないものだからなあ。


関連記事

a0782_000805

ロボット教室って何をするところ?

 ロボット教室の「教室便り」を書きました。  こちらでもお伝えします。 ------

記事を読む

Title_learning child

「受験数学」と「大学数学(または数学研究)」の違いは大きい

哲学な日々 考えさせない時代に抗し 野矢 茂樹 より。 ~~~~~~ (森毅先

記事を読む

Title_learning child

学校にも「コーチングの心」を

教師が子どもを追い詰める―― 「指導死」の現場からhttp://news.yahoo.co.jp/f

記事を読む

Title_learning child

「ちがいを大切にする」に気づく授業

(花まる先生 公開授業)ちがい、大切にしてる?大阪市立新高小学校 金大竜(キムテリョン)さん(37歳

記事を読む

bar magnet on a compass array / daynoir

家の中の電磁波を「理科実験」として見る

bar magnet on a compass array / daynoir[/caption]

記事を読む

Title_learning child

学習障害を持つ子どもたちが先生に宛てた、重要なメッセージ。

記事を読む

Title_learning child

ロボット教室の生徒諸君 その6

ロボット教室の生徒諸君 ロボットづくりは、 ロボットを作ることじゃなくて ←こんなの当然

記事を読む

Title_learning child

動画『Alike』

小学校に通う子供とパパとの物語。 「何かを得るためには苦労しなければならない」 「

記事を読む

Title_learning child

夏休みの宿題をがんばれ!

夏休みの宿題が終わりそうにない!ピンチ!!という方とその親御さんへhttps://ameblo.jp

記事を読む

Title_learning child

ロボット教室の生徒諸君。

ロボット教室の生徒諸君。 君ならできる。 これは今やっていることの応用でできる。 ただし、

記事を読む

Title_learning child
「他人に与えてもらう夢は『娯楽』と呼ぶ」

岡野由美さんの「ぼんぼんすふぃあ」を読んでいて、 ポン、と膝

c7701fbc0bc5e12d4c655f776d01d3c4_s
捨てるほど「恵方巻」を作っている日本は不思議

恵方巻き、大量廃棄の現実 店頭に並ばないケースも…https://di

71bb8068a1060bb71f08e14ac08c34fd_s
Vol. 113 [介助法を知っているのを社会常識にしなきゃ]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

DSCF009219-2-mini
年賀状2018の画像の裏話

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

DSCF009219-2-mini
これからの僕のテーマ「夢をかなえる技術を伝えることと環境づくり」

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑