*

「子供の学習習慣をつけさせる」ために方便として「強制」も必要?

公開日: : 最終更新日:2017/07/18 子供達の学ぶ心

「子供の学習習慣をつけさせる」

というと、

「毎日机に〇時間座らせる」
「学校から帰ってきたらすぐに宿題を済まさせる」
「定期試験や夏休みの宿題は、計画的にできるようになる」

ことを思い浮かべがちです。
子供に期待していることをぼんやりと考えているときはそうでもないですが、
並べて見比べると、

「ともかく終わらせる」
「勉強は面倒なもの」
「親の手間がかからないように」

といった、『エゴ』が見えてきます。

わからないでもないですが、それは子供のための話ではないので、いったん脇に置きましょう。

~~~~~~~~~

以下は、最近Facebookに書いた文章の一部です。

> コーチングを受けようと思わない人のクライアント力を上げることができないのと同じように、
> 将来を考えたいと思っていない子供たちの将来を描くサポートをできないのも事実。

2文目は、子供が、

   ・自分で目標を決める
   ・そのための手段を考える

といったことを想定しています。

でも、これも含めて、

   ・自分なりの勉強スタイルを見つける
   ・まるで「習慣」のように、勉強の方法を身につける

これは、「勉強のスキルを身につける」ことと一緒です。

スキルは、トレーニングで身につきます。
トレーニングは、その都度頭で考えなくても、必要な行動を選んでできるようにすることです。
トレーニングに役立つのは、コーチングです。

~~~~~~~~~

コーチングは、引用した文章のように、

   「クライアントには、コーチングを受けようとする意志が必要」

とされています。もっと極端な言い方をする人もいます。

でも、「子供に学習習慣を身につけさせる」って、
本人の意思を待っていたら、いつになるのでしょうか?

大人であっても、「学習習慣を身につけたい」って、どれくらいの人が、いつ、願うでしょうか?

大人と子供の違いは、
子供は、

   ・強制であっても、ある程度は受け入れてくれる。
   ・反応が素直である。
   ・結果がわかりやすい。

子供だからって、強制していいわけではありません。
むしろ、丁寧に意思と感情を拾い上げていかなくてはいけません。
それを忘れていはいけません。

~~~~~~~~~

その上で。

「クライアントの意志」は、
成果を最大にするために必要で、
他人の習慣や潜在意識にかかわることの倫理的な課題、
クライアントがマイナスの結果を得た時にコーチが自分を守る法律的側面
クライアントから料金を頂戴するビジネス的側面(コーチのトレーニングのためには、金銭と時間の投資をしてきたので回収する必要があるし、高額になる)
のために必要なのでしょう。

~~~~~~~~~

「習慣」となっていることは「スキル」です。
「スキル」は、トレーニングで身につけることができます。
トレーニングは、「自分の意志」と「トレーニングせざるを得ない仕組み」の両輪で行います。

~~~~~~~~~

以下は、僕が今思っている一つの視点の意見です。
一般には、タブーだったり、否定される考え方です。
今後、意見が変わることもありますことをご了承ください。

コーチングでは、「クライアントの意志」の比重を大きく考えすぎているのかもしれません。

コーチングを受けようと思わない人、学習習慣を身につけようと思わない子供

意思を尊重していたら、おそらく一生その機会はありません。
ワークショップなどに誘うのも、「意思を尊重する」から外れるように思います。
「誘って」
「本人が了承して参加して」
「楽しい気持ちになって、自分の課題の解決法がここにあると思って」
「コーチングを受けようと思い始める」

「意思を尊重した」とはいえませんし、誘導です。
「よかれと思って」も、誘導は誘導です。

これまでの学校教育のカリキュラムも誘導でした。

そして、誘導でもしないと、知る機会がなく、トレーニング法を知る機会もなく、トレーニングすることもない人は大半です。
そもそも、「知らない」ときには誘導されないと、知る機会もありません。

通常のコーチングは強制はよろしくない、
という意見には10点満点の8点くらいの高い割合で賛成します。

でも、学習習慣を強制的につけさせるのをよろしくない、と否定するのは、
10点中2点くらいと、ほとんど賛成しません。

方便として、その時は理解されず、反発され、嫌われても、
強制的に学習習慣を身につけさせる、のは必要だと思います。
先生の側に、味方がいない中で
くじけずにやり続ける体力、気力もまた必要です。

学習習慣がそれでよいのであれば、コーチングも同じと言ってもいいでしょう。

あくまでも『方便』と十分に理解して実行できる、
コーチングや学習習慣への深い理解と、
関わる人への愛、
姿勢を貫き続けられる、気力、体力が必要で、

「方便」があれば「本当のこと」があり、

「本当のこと」も伝えられること、が大事です。

~~~~~~~~~

結論
「本当のこと」を、学習習慣もコーチングも
相手の身についた段階で相手に伝える力があり、
相手も受け取れるのであれば、
「方便」として、強制したり、むりやりやらせることも一つの方法。

子供だからって、強制していいわけではありません。
むしろ、丁寧に意思と感情を拾い上げていかなくてはいけません。
それを忘れていはいけません。

#Core_Infinity #学びラボ #コーチング #学び #気づき #生きる力 #課題設定力 #なんとかする力 #滋賀 #草津 #守山


関連記事

ab7b71a20276bf7df25cd18f1759d01c_s

「ロボット・プログラミング」は単なる手段

Vol. 105 [決断を早める方法]http://views.core-infinity.jp/2

記事を読む

Title_learning child

子供の「やる気」の引き出し方

「ふつうの主婦」が見つけた「わくわくエンジン」のかけ方https://news.yahoo.co.j

記事を読む

October2016

「おんぶに抱っこ」

> おんぶに抱っこ > 言い習わし  (折々のことば 選・鷲田清一) この言葉が使われる場

記事を読む

Title_learning child

「面倒くさい」と「やりきる」は別問題だよね

リンク先の記事と同じく、 「面倒くさい」 という生徒(ロボット教室)が多い。 中に

記事を読む

Title_learning child

こんなレベルのロボットで見本を見るんじゃない。テキストにみんな書いている。

以下の記事は、学びラボでは開講していない「アドバンス・プログラミングコース」のことについてです。(ロ

記事を読む

Title_learning child

人は意味を考えている?関係を見ている?

AIの弱点は「意味の理解」 東ロボくん研究・新井紀子さん 寄稿記事。 AIは、パターン分析を

記事を読む

Title_learning child

「ちがいを大切にする」に気づく授業

(花まる先生 公開授業)ちがい、大切にしてる?大阪市立新高小学校 金大竜(キムテリョン)さん(37歳

記事を読む

Title_learning child

学習障害を持つ子どもたちが先生に宛てた、重要なメッセージ。

記事を読む

Title_learning child

「ほめる」「承認」の記事一覧

「ほめる」「承認」について書いた記事の一覧です。 (2016/08/04現在) 「ほめる」と

記事を読む

Title_learning child

「思考表現することの楽しさ」

日本人は、テーマに対しての意見とその人自身を切り離して考える事ができない。だから、討論の授業だとして

記事を読む

7fbcc38131d233bb150d1a2dc8f574cc_s
コーチング、NLPの学び方

【質問】 ある方から、「NLPを学んで、現在やっている仕事のメニ

f315f35e8f399882ed458d1a903721b0_s
Vol. 115 [「けん玉少女」を承認する方法]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

7fbcc38131d233bb150d1a2dc8f574cc_s
京都チャプター3月例会『承認』で体験した「承認」

テーマ  組織活性化コーチング実践編2       ~チームメンバーの

9e1ba08a10d68dcea789e601b89954dd_s
Vol. 114 [部下に仕事を頼むとき]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

fb68e71a2abf9f8e840869f17fa4cbcc_s
『短い目で見れば嘘は引き合う』?

内田樹「『短い目で見れば嘘は引き合う』の解釈が現実的だと人々は考えるよ

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑