*

「人間の中に『好き』と言う感情があるから、戦争がなくならない」

公開日: : et cetera-opinion


魔法のコンパス 道なき道の歩き方, 西野 亮廣
 より

未読です。
この本の中に、タモリさんのことば
「戦争がなくならない理由」
が書かれているとのこと。

孫引きになるが、

「人間の中に『好き』と言う感情があるから」

だそうで。

「好き」は、
こだわり、守るもの、執着
敵対するもの、侵略してくるもの、自分の幸せを壊すもの
のが生まれてきます。
他者と比較する向上心
という、嫉妬につながるものもあります。

~~~~~~~~~

これはこれで真実だな、と思います。

けれど、「アキレスと亀」のように、
1mまではその法則に該当しても、
100mも、10kmも、100kmも、同じように該当するかはわかりません。

人って、昨日の続きの今日、今日の続きの明日を考えるけれど、
日常のニュートン力学の世界と、原子核の量子力学の世界は別の法則が働いているように、
一つの事実からすべてが説明できるわけではありません。
(物理学の世界の人たちは、それらを統合しようとしているわけですが)

だから、タモリさんの言うことは正しいと思うが、
どこまで範囲を広げても合っているかは、僕にはわからないのです。

もっとも、憎悪をあおる国や地域のリーダーがいれば、
一人対一人のときの話とまったく同じことが起こるのは、当然だけれど。

そんなとき、国や地域に「多様性」を持っていれば、別の判断もできるのです。
確かに、自分と違う意見は目障りだし、
統率を乱すようにも見えるし、
「何も決まらない」と思えることもあるでしょう。

でもこれは、生物の知恵です。
人間は意識的にそうしないといけないのがつらいけれど、
そういった生物の知恵を人間も使っていった方が
一人対一人のような直線的で破壊的な考えに陥らずに済むと思えるのです。

~~~~~~~~~

政治的右翼、左翼というだけでなく、あらゆる人たちは、
考えが近い人だけで固まろうとします。

特に最近は、SNSのツールだったり、
好みのものをお勧めする機能で、純度が高くなりがちです。
そして、「世界はこれが一番」という選民思想に近いものも生まれがちに思います。

英国が英語を世界に普及させたのは、どこに行ってもネイティブに意思疎通をできるようにするため。
そこに、もともとあった文化を尊重する気持ちはありません。興味や知的好奇心はあったかもしれないが。
結果的に現代の英語を使う人は、言葉としては多言語を気にする必要はありません。
逆に、だからこそさまざまな人種がUSAに入っています。
人権を守る戦いが、命をかけてのものもあったおかげで
現在は想定外の状態になっているということでしょう。

日本人は多様性が苦手に見えます。
もっと大胆に取り入れたらどうなるんでしょう?

~~~~~~~~~

「人間の中に『好き』と言う感情があるから、戦争がなくならない」

人の『好き』という所有の感情は自然と起こるもの。
その考え方は、正しくもあり、正しくもなし。


関連記事

January2017

ニュースの背景を知らないと・・・

なぜ中国人が騒いだか。http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=2722

記事を読む

988b5067e5983b1a7aa0e194f6e2c94a_s

ロボプロ講座で「スケジュールの自己管理」を促しています

ロボプロ講座の生徒さんに対して、「スケジュールの自己管理」を言っています。 小中学生に、「受け身じ

記事を読む

Earth_small

「効率化」、「創造」、そして「多様性」

 この話を知ってから、『効率化』、そして『創造』という言葉についての気持ちが変わりました。  

記事を読む

5ebe2285e05bfab8335f1b134b3de3d1_s

「日本が安くなってパワーを得た」としたら次は?

僕の欲しかった切り口の紹介。 日本が安くなったのは、悪いことではないhttps://cak

記事を読む

Title_learning child

子供たちが(本当に)学ぶには、塾などで忙しすぎるのではないだろうか?

(もしかしたら何を言っているかわからない人がいるかもしれない・・・) 子供たちが(本当に)学ぶには

記事を読む

Earth_small

「1000年コンサルタント」の言葉の先の現在

 お詫び。  昨年から今年の初旬にかけて、「1000年コンサルタント」と名乗っていました。

記事を読む

at the voting booth / theocean

滋賀県知事選挙は、7月13日に投開票です。

at the voting booth / theocean[/caption]  本来、滋

記事を読む

5ebe2285e05bfab8335f1b134b3de3d1_s

おそらく人間の大多数は戦を望んでいない

「折々のことば」より ~~~~~~~ > 平和のときには子が父の葬(とむら)いをする。しかし

記事を読む

December2016

「好き・やりたいがない人は仕事をしないでもいいか」問題

好きなことを仕事にしよう、に異論がある方へhttp://www.mizunohiroshi.com/

記事を読む

December2016

ノウハウが蓄積されたので、プロに任せなくても・・・・本当?

> 「年々、音楽事務所の占める割合が小さくなってきていてこれまでの経験から音楽祭のノウハウが蓄積され

記事を読む

"Critical position of the H.M.S Investigator" / 43021516@N06
わがままと最善と思う提案 with 覚悟

予算確保にも奔走 “歌手で社長”西川貴教が語るビジネス論https:/

Title_learning child
本を読もう!

子供たちのすべての基本は、    『本を読む』 だと思う。

Title_learning child
おじさんから甥っ子への手紙

あの場で話すと、「勉強しろ」と説教するような雰囲気になるから言わなかっ

Title_learning child
大物の、夏休みの宿題が残っていませんか?

夏休みも中盤にさしかかり、やることといえば・・・http://ameb

Title_learning child
読書感想文でも何でも、文章を書こう

読書感想文に「つまらん」とだけ書いたら教頭先生に呼ばれ、その結果国語が

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑