*

「では子どもたちは「読めて」いるのか?」

公開日: : et cetera-life, 子供達の学ぶ心

AI研究者が問う ロボットは文章を読めない では子どもたちは「読めて」いるのか?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yuasamakoto/20161114-00064079/
 より

リーディングスキルテストをご存知ですか?
「テストの問題文や、そもそも教科書の文章を理解できているのか」
という疑問から研究されているものです。

~~~~~~~~~
例えば、
「仏教は東南アジア、東アジアに、キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアに、イスラム教は北アフリカ、西アジア、中央アジア、東南アジアに主に広がっている

オセアニアに広がっているのは(     )である」

これに勘でしか答えられない生徒がかなりの割合でいるのです。
点数がよい子も、勘と統計的傾向で答えているだけの場合があります。

~~~~~~~~~

ロボット教室でも、
テキストを読みたがらない生徒、
問題を解きたがらない生徒、
講師用テキストから丸写ししようとする生徒 がいます。

利発な生徒でも、このような行動をすることがあります。
なんでかな、と思っていました。

・めんどくさがっている。
・考えたくない。
・「答えが一つ」「先生や親がジャッジする」という世界に生きている。
・「正解」だったらいいと考えている。
・考えてもわからないのをごまかしている。

という可能性まで思いついていました。
4番目の考えはかなり近いのですが、
まさか、「情報をまるっきり理解できていない」とは思いもよりませんでした。

~~~~~~~~~

もう少し言葉を足すと、
読めない、というか、Twitterの40文字程度の文字も、話し言葉も、

・理解できない、
・理解しようとしない、
・理解して会話していると想像していない

ように思います。

これをキーワードといいたくありませんが、
「読めない人たち」は、
目についた単語だけで会話をすることもありそうです。

会話はごまかせても、テストや文章ではごまかせないですから、それが表に出てきているように思います。

~~~~~~~~~

コーチングで、
やる気とか、モチベーションとか、目標とか、夢とかいうレベル
ではありません。

でも、まさにスキルなので、トレーニングすれば能力はすぐに上がります。
(この手の生徒たちと、一緒に取り組んでいくことをはじめました。)

~~~~~~~~~

コーチングは引用した文章の先ですね。
周りから見て「改善しなきゃ」
と思っていても、本人にその気がなければ取り組めません。

自分でゴール設定して、
自分で普段から取り組めるように、
楽しめる課題設定を一緒に考えていくのが次のステップです。

これがコーチングです。
・・・・・
考えてみれば、
需要というか、必要としている人数はこっちの方がありそうです。
でも本人がコーチング料金を払おうと思うかどうか、
それが課題です。
「草の根コーチング」を広めることが大事ですね。

           クライアント
          /      \
コーチ(親、友達)----専門家(医師や弁護士、教師など)

この3者の連携がうまくいけば、成果が得られます。

・・・・・

今うまく回っていないのは、
手軽なコーチングをできる人の数が絶対的に少ないこともありますが、
「専門家」が原因な気がしてきました。
情報をすべて抱えていますし、
その相談料が収入に直結するので、手放していないように思います。
専門家で、手放し方や役割分担を考えている人の数も少ないのですが。


関連記事

Sea urchin / shankaronline

太巻さん(あまちゃん)のコミュニケーション能力

Sea urchin / shankaronline[/caption] 太巻さん(あまちゃ

記事を読む

7621551872f9643a7487d53b418f4a15_s

「まア、ヒトのことやさかい、かめへんようなものの」

> 「まア、ヒトのことやさかい、かめへんようなものの」 > 田辺聖子  (折々のことば 選・鷲田

記事を読む

787ccddcba0f1f45d3013509a00177f2_s

毎月の調べもののテーマ(4月分)

ロボット教室で各家庭に配布している月刊広報の原稿を書いています。 作っているロボットの解説

記事を読む

Mr Robot has some RAM (1 of 3) / isherwoodchris

10年先のロボット研究のテーマは何だろうか?

Mr Robot has some RAM (1 of 3) / isherwoodchris[/

記事を読む

September2016

プロとは、「発見する人」「発明する人」

「奇跡の復刊を支えた、とある書店員の仕事の軌跡」 「書店の生態系」 と言っても、店員さん

記事を読む

November2016

NHK「終わらない人 宮崎駿」 その2

宮﨑 駿に再び火がついた! 最新作のきっかけはゴミ拾い?♢終わらない人 宮﨑駿 |NHK_PR|NH

記事を読む

feb233edc292a72ef25a9bc0ff3414c7_m-2

「Happy New Ears」

> Happy New Ears > 英語の語呂合わせ  (折々のことば 選・鷲田清一)

記事を読む

7621551872f9643a7487d53b418f4a15_s

どうやって知る?「探していたものは、前から足元にあった」

> 探していたものは、前からずっとここにあったのではないか。 > 宇野重規  (折々のことば 選

記事を読む

Title_learning child

フィンランドの学校教育

記事を読む

214e5214a0af8185173eddfbb66aab4c_s

(学校編)「学ぶってどういうことかイメージできない」ってことはないですか?

リブログした元の記事のタイトルは ”大学の存在が遠い、大学生のいない町で中学生は大学をイメージ

記事を読む

2b375e6ae4a8c5130fd689be8062ebbe_s
Vol. 106 [承認はとっても大事]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

ab7b71a20276bf7df25cd18f1759d01c_s
「ロボット・プログラミング」は単なる手段

Vol. 105 [決断を早める方法]http://views.cor

3838c6972918910f26674362b98dc14d_s
Vol. 105 [決断を早める方法]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

287e064537d295454a926e7120b57393_s
Vol. 104 [責任感と報酬]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

a03f5d9a0b01c5056fb8bbdb1004126f_s
教育勅語と祖母の思い出

このところ教育勅語が話題に上っています。 思い出したことがあります。

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑