*

「裏の教育」と防ぐための方法

公開日: : 子供達の学ぶ心

親が子どもにうっかり授ける「裏の教育」
http://toyokeizai.net/articles/-/150043
より

・愛情を確認したいという衝動にかられて、試すような行動に出てしまう。
・「なにかできていないことがあるときは、それを理由に、相手をとがめていいんだ」
・お友達に対して「何々しないと、遊んであげないよ」とか言うようになる。
・(自業自得方式は、)子どもは「自業自得方式」を身につけます。たとえばお友達が忘れ物をしたときに、そういう子は助けてあげない。だって、それで困ったほうが本人のためになる、と思っているから。
(リンク先より引用)

ロボット教室の先生をしていると、このような行動をする生徒を見かけます。
生徒同士だけではなく、先生に対してもこのような言い方をします。

ほかには、

・「ロボット教室をやめようかなあ」とつぶやく。
・給料や家族のことをしつこく聞いてくる。

また、
「裏の教育」ではありませんが、トラウマ的に何かありそうだと思った行動として

・注意した際に、軽い気持ちで頭をポンとしようとしたら、ビクッと首をすくめる。
 (それ以降は、「恐怖心を持つ生徒がいる」と理解して、肩や腕を触れるようにしています)
・普通の会話をしているときに言葉を重ねてすぐさま否定して、話せなくする。

~~~~~~~~~

それに対して僕は、以下のことをしています。

・「見捨てないぞ」とメッセージを出す。
・目立つ生徒、目立たない生徒ともに目を配って、必ず1回は話をする。
・「こちらを試しているんだ」と、そのたびに思い出す。
・時には「試さなくてもいいぞ」と声に出す。
・最初からべたべたしないが、関わるタイミングを計って観察している。
・手を動かして手伝いながら、世間話をする。
・時に困ったことを生徒に相談する。
・汚い言葉、発想に対して、「それは下品だし、カッコ悪い」と伝える。
・「ありがとう」「ごめん」「うれしいよ」を伝える。

結局、
「相手を子供だ」と軽く考えて、思い通りに適当に扱おうとしたら、
「扱い方」を学ばれてしまいます。

大人と子供の違いは、
「裏の教育の結果」がすぐに現れるかどうか、です。

その分、付き合いやすいと思っています。

なお、生徒に理解してもらえなくて、
恨みつらみの言葉を残して生徒がやめていったこともあり、
常に緊張感をもって接しています。


関連記事

Title_learning child

理科実験で大切なことは何でしょうか?

毎月恒例の、先月末締切の原稿が終わりました。 今回調べたものは、昆虫標本の作り方、脚を広げて作る方

記事を読む

Title_learning child

生徒自身が周辺住民とのトラブルを解決する仕組みをつくった

SPA!に、こんな記事がありました。 高校生が日本初の「騒音トラブル解決モデル」を発足。周辺住

記事を読む

a0782_000805

ロボット教室って何をするところ?

 ロボット教室の「教室便り」を書きました。  こちらでもお伝えします。 ------

記事を読む

Title_learning child

ロボット教室の生徒諸君12~少し変える、「こんなのどう」って思いつく~

4ページ目を見てほしい。 大垣のMakerFaireで変形する車椅子や小学生発明家に出会っ

記事を読む

Title_learning child

子供の攻撃性

灰谷孝さんがFacebookに「子供の攻撃性」について書かれていました。 灰谷孝さんのFace

記事を読む

Title_learning child

動画『Alike』

小学校に通う子供とパパとの物語。 「何かを得るためには苦労しなければならない」 「

記事を読む

November 2013 Wellfleet MA Uncle Tim's Bridge / elmerfishpaw

子供、子供、子供。少なくとも叔父さんになる!

November 2013 Wellfleet MA Uncle Tim's Bridge / e

記事を読む

Title_learning child

「やりたいことをやる」例・・・・大根の新品種

「やりたいことをやる」という例。 高校時代、自分の名前を冠した大根を作って「○○大根美味しい!

記事を読む

787ccddcba0f1f45d3013509a00177f2_s

毎月の調べもののテーマ(4月分)

ロボット教室で各家庭に配布している月刊広報の原稿を書いています。 作っているロボットの解説

記事を読む

Title_learning child

「自分の言葉では、まだ語れない」というしかない体験

> 「第二のふるさと」「宝物」といった言葉を使うのに抵抗がある。 > 「まだ、八坂での経験を消化

記事を読む

Title_learning child
「他人に与えてもらう夢は『娯楽』と呼ぶ」

岡野由美さんの「ぼんぼんすふぃあ」を読んでいて、 ポン、と膝

c7701fbc0bc5e12d4c655f776d01d3c4_s
捨てるほど「恵方巻」を作っている日本は不思議

恵方巻き、大量廃棄の現実 店頭に並ばないケースも…https://di

71bb8068a1060bb71f08e14ac08c34fd_s
Vol. 113 [介助法を知っているのを社会常識にしなきゃ]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

DSCF009219-2-mini
年賀状2018の画像の裏話

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

DSCF009219-2-mini
これからの僕のテーマ「夢をかなえる技術を伝えることと環境づくり」

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑