*

自由主義

公開日: : 最終更新日:2016/12/21 et cetera-life

> 人類がかくも美しく、かくも矛盾に満ち、かくも優雅で、かくも曲芸的で、かくも自然に反することに到着したということ
> オルテガ・イ・ガセット
 (折々のことば 選・鷲田清一)

「自由主義」のことだそうで。
「国家や集団や権威による統制」と比較して、
「個人などが自由に判断し決定する事が可能であり自己決定権を持つ」
ことを指します。

結果(今の社会の現状)はともかく、ルールとしてはごく普通のことに思えます。

鷲田さんのコメント部は、語る人によって微妙に意味が違いそうです。

> 自由主義とは、大多数の人々と考えも感じ方も違う人々がそれでも生きてゆけるように場所を空けておくこと。
> しかも自分を制限し、犠牲にしてまでもそうすること。
> この「至上の寛容さ」が自由主義の要(かなめ)である。
 (リンク先より引用)

「他人の自由のために、自分の自由を制限する」
って、正しいように見えますが、えらく窮屈な発想です。

「自分の自由を制限する」のも、
「他人に、自ら自由を制限するよう求める」のも、
それって「自由な社会」でしょうか。

「他人の自由を尊重する」のは当然としても。

ものごとは、そんな2元論じゃないと思うんだよな。
そんな1本の軸上の場所取り争いするようなものじゃないと思うんだなあ。

「他人の自由を尊重する」
そのうえで、
「自由に自分の人生を求める」
のでいいと思うんだ。

そのためには、
「自分がやりたいことを、自由に考えて自由に行動する」
ことを自分に許し、実際に行動するのが大事だと思うんだ。
その際、
「所有欲」
「おいしい、楽なところだけ」
「行動しないでうまくいった結果だけ」
は、「自分が求めていること」から除外したほうがいい。

それでも日本では、制限されてきているように思うから、
「知識」と「実行力のトレーニング」が必要
だと思うのです。

※自由主義(Wikipediaより)
自由主義(じゆうしゅぎ、英: liberalism、リベラリズム)とは、国家や集団や権威などによる統制に対し、個人などが自由に判断し決定する事が可能であり自己決定権を持つとする思想・体制・傾向などを指す用語。


関連記事

November2016

「みな、きちんと語ろうとするときは聞く者がいないし、真剣に聞きたいときは語る者がいないのだ。」

> みな、きちんと語ろうとするときは聞く者がいないし、真剣に聞きたいときは語る者がいないのだ。 >

記事を読む

Title_learning child

「思考表現することの楽しさ」

日本人は、テーマに対しての意見とその人自身を切り離して考える事ができない。だから、討論の授業だとして

記事を読む

WAKASA Yoshihiro

気づき力 & 気づかせ力 に集中する

WAKASA Yoshihiro[/caption] 日本コーチ協会 京都チャプター「設立4

記事を読む

Title_learning child

「受験数学」と「大学数学(または数学研究)」の違いは大きい

哲学な日々 考えさせない時代に抗し 野矢 茂樹 より。 ~~~~~~ (森毅先

記事を読む

WAKASA Yoshihiro

あるところでの研修が、今日で一旦終了しました

WAKASA Yoshihiro[/caption] あるところで、研修の講師を約2年半させ

記事を読む

Title_learning child

ロボット教室の生徒諸君 その7~生徒のあなたたちに期待すること~

塾で、生徒のあなたたちに期待すること。 ①実験の事実を目で見て、純粋に「理科ってすごい」と思っ

記事を読む

プレミアム商品券-small

草津「プレミアム商品券」で、コーチを雇えます

草津商工会議所からの案内で、   『草津「プレミアム商品券」取扱店』 となりました。 事情

記事を読む

Title_learning child

滋賀県の幸福度(教育分野)は43位!

原データは書籍のようで、ここで詳細を検証することはできない。 ともかく、「滋賀県」が総合7位と

記事を読む

988b5067e5983b1a7aa0e194f6e2c94a_s

普段使っている言葉を覚えたときのように、コーチングを学ぶ

「コーチングを学ぶ」のと、「言葉を学ぶ」は同じ。 「言葉」というのは、日本語を話す両親から生まれた

記事を読む

Title_learning child

学校は、子供が「学ぶの面白い」と思って学ぶところ

学校教育を、いまのような陸軍幼年学校みたいなバカなやりかたをやめて、うんとゆるくしたほうがいい。子供

記事を読む

Title_learning child
生徒自身が周辺住民とのトラブルを解決する仕組みをつくった

SPA!に、こんな記事がありました。 高校生が日本初の「騒音トラ

Title_learning child
こんなレベルのロボットで見本を見るんじゃない。テキストにみんな書いている。

以下の記事は、学びラボでは開講していない「アドバンス・プログラミングコ

b0f03620b746f98dd397a9e73084b6ec_s
「ダーウィンの出現を待っている。そして、ダーウィンの研究は、次のアインシュタインを待ち望んでいる。」

スウェーデン式 アイデア・ブック, 2005, フレドリック・ヘレーン

Title_learning child
「子供の夢」を聴くのは難しい

大谷由里子さんがこのような記事を書かれていました。 (やすきよのマネ

54b9498ccb4e0da3603c16e593a22f60_s
Vol. 109 [映画「グッド・ウィル・ハンティング」]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑