*

「教育の情報化(ICT化)」を横目で見て思うこと

公開日: : et cetera-opinion, 子供達の学ぶ心

貧困層の子どもたちにパソコンを与えることが、教育問題解決となるのか?
http://nge.jp/2016/12/09/post-136572

日本でも取り組みがあります。

教育の情報化の推進
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/index.htm

しばらく前まで「ICT化」と言っていましたが、
最近は「教育の情報化」という言い回しになっているようです。

僕は、
「当然だな」
としか思えない結果です。

~~~~~~~~~

実際に現場では、どこでも同じことが起こっています。

・IT機器で、ゲームをする。
・IT機器で、動画を見る。
・IT機器で、SNSにつなぐ。

その理由として、

・IT機器を知らない生徒は、使い方を全く分からないので何もできない。
・IT機器の使い方を知っている生徒は、興味の方向に従って使う。
・(生命の危険がない状態だと)人間の興味の方向は、「食欲」「遊び」「性欲」「睡眠欲」である。
 (「学習欲」の順位はかなり下がる)

これを、論理的に、思考で、善悪で叱っても仕方ありません。
人はそんなものでは動きません。

大人でさえ、FacebookやTwitterに頻繁にアクセスし、
Instagramに投稿する写真を撮るために食事をしたり、人と会うような
本末転倒なことをしているのですから。

もし、「学習させたい」ならば、

・学習することに飢えさせる。
・学習することと生きることを直結させる。
・学習することしかできない、生徒が見たことがないまったく新しい機器を使う。

ココまで考えると、

『学習するのは手段。
 だったら、目的は何だ?
 それが伝わっていないし、
 生徒と共有できていないぞ』

とたどり着きます。

僕の個人的な意見なんですが、

「ゲームのようにして学習させる」ことは、かなりレベルが低いところでとどまる。

と見ています。

一つの正解に向けて、IT機器に判定させることでしかない。

たくさんの正解、たくさんの道筋があることに気づかせるのが教育じゃないか?

IT機器だと、
もし「たくさんの正解」を出させようとしたら、
そのプログラムを作った人が考えた範囲の、
「たくさんの正解」でしかありません。

では、道具としてIT機器はどうか?

確かに、IT機器でしかできないことはある。
それまで先生が手作りしていたことを、
全国で、きれいに整えられたものを使うことができる。

でも、そうしたら、当日、
先生が生徒の顔を見て内容や使い方変えることはできないし、

もともと先生がやっていたことだったら、
IT機器にこだわる必要はない。

~~~~~~~~~

「教育の情報化」に携わっている人に聞くと、
(その人はITの専門家で、教育の専門家ではない)

・使い方を教える。
・勝手なことをしている生徒を叱るか、放置する。

と聞きました。

機材としても、
企業にOA環境が入っていき、
一人に1台になっていく段階で、
様々なトラブルが発生したのと
同じことが起こっているようです。

(僕がかかわるロボット教室でも、
 パソコンからロボットにプログラムを書き込めないトラブルが
 かなりの頻度で発生しています。
 なおかつ、原因不明です。)

~~~~~~~~~

学校では、

・IT機器の使い方を教えること
・(IT機器を使うことを含めて)学ぶことにワクワク感を持たせること
・生徒から出てくる、発想を出させ(評価しないで)、さらに伸ばすこと

を、段階別にグループに分けるしかないのじゃなかろうか。

ただし、
「ワクワク感」
「発想」
これは、生徒によって方向が全く違う。

音楽に興味を持つ生徒
プログラムに興味を持つ生徒
ゲームに興味を持つ生徒
算数・数学に興味を持つ生徒
理科の科目に興味を持つ生徒
社会の科目に興味を持つ生徒

これまた一緒くたにはできない。

~~~~~~~~~

また根源的なことを書きます。

●学ぶとはどういうことか?
●学んだらどうなるのか?
●それが自分にどういう意味があるのか?

これがないと、ただの野放図になります。

できたら、先生も生徒も、
一緒にディスカッションして、
共通の理解にしておきたい。

できなかったら、先生だけでも、これの自分なりの答えを持っておきたい。
きれいな、
上司や教育委員会、文部省、保護者、マスコミなど外向きに受けがいい答えじゃなくて、
本音の答えね。
それを元に、先生同士でも、
「正誤」をジャッジするのではなくて、
本音でディスカッションしてほしい。

IT機器は、道具でしかありません。
文章、絵、音楽、プログラムなど
一部に使っても
自分を表現するための道具にもなります。

一方では、
ゲームやSNSなど、
閉じた世界で、さらに世界をどんどん狭くする道具にもなります。
(それらも決して悪いものじゃないけれど)

職人は、道具にこだわるけれど、
それは、自分の指先をさらに伸ばすための道具でしかない。

だから、道具のその時の状態を受け入れるけれど、
自分が使いやすいように常に整え続ける。
(包丁を研いだり、電池を交換したり、劣化した部分を修理したり・・・)

教えるなら、それを教えなきゃならないんだけれど、
教えやすいことから、
教えやすいことだけ
「教えよう」とするからね。

教える人が、「教えること」の先を探求しないと。

『「教え方」や「知識」を教わろう』

としている段階から、先に行ってほしい。

もし、それが難しいのであれば、
できる人材にやってもらうために、
『教育にはお金がかかる』
として、国や自治体、保護者も支出が増えることを覚悟してほしいなあ。

こんなのは、「資格制度」「研修」で何とかなる性質ものではないと思う。
「研修」は、発注者、講師ともに、その気になれば変わるが。


関連記事

Title_learning child

「虫歯0の学校」をつくる

糸井重里から働く人へ ちゃんとメシ食って、風呂入って、寝てる人にはかなわないhttps://dot.

記事を読む

Clip... / heartlover1717

回路設計会社MGIC(エムジック)の「イーステーション 電気電子実験室」

Clip... / heartlover1717[/caption] メモ。 大阪の回

記事を読む

Title_learning child

才能を花開かせるために考えておきたいこと

真の才能は「狂気に満ちた集中」から生まれるIT時代にこそ「真価を発揮する才能」とは?http://t

記事を読む

September2016

白黒はっきりさせるとバラバラになる

> 危険なのは実際に専制において行(おこ)なわれるコントロールではなく……断片化なのです。 > チ

記事を読む

November 2013 Wellfleet MA Uncle Tim's Bridge / elmerfishpaw

子供、子供、子供。少なくとも叔父さんになる!

November 2013 Wellfleet MA Uncle Tim's Bridge / e

記事を読む

Title_learning child

「ほめる」「承認」の記事一覧

「ほめる」「承認」について書いた記事の一覧です。 (2016/08/04現在) 「ほめる」と

記事を読む

Title_learning child

ロボット教室の生徒諸君 その5

ロボット家政婦さんで思いだしたネタ。 こんなのがありました。 ロボ子ちゃんオーバーケア あ

記事を読む

988b5067e5983b1a7aa0e194f6e2c94a_s

お客さんを満足させる従業員の働く価値づくりはできていますか?

興味深い記事がありました。 『お金の国・ディズニーR、深刻な顧客満足度低下で「マクドナルド化」

記事を読む

Earth_small

Vol. 62 [叱ること、怒ること]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通信【Vo

記事を読む

Ceasefire: Empty Promises / swamibu

「集団的自衛権」の最近の話題にコメントする

Ceasefire: Empty Promises / swamibu[/caption]

記事を読む

"Critical position of the H.M.S Investigator" / 43021516@N06
わがままと最善と思う提案 with 覚悟

予算確保にも奔走 “歌手で社長”西川貴教が語るビジネス論https:/

Title_learning child
本を読もう!

子供たちのすべての基本は、    『本を読む』 だと思う。

Title_learning child
おじさんから甥っ子への手紙

あの場で話すと、「勉強しろ」と説教するような雰囲気になるから言わなかっ

Title_learning child
大物の、夏休みの宿題が残っていませんか?

夏休みも中盤にさしかかり、やることといえば・・・http://ameb

Title_learning child
読書感想文でも何でも、文章を書こう

読書感想文に「つまらん」とだけ書いたら教頭先生に呼ばれ、その結果国語が

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑