*

ロボット教室の生徒諸君11~「学ぶ」ということ~

公開日: : 最終更新日:2016/10/21 子供達の学ぶ心

仕事や学校だと

「失敗したくない」

と、やる前からあきらめてしまうかもしれないけれど、

自分のアイディアを実現するのに失敗はない。
というか、

周りからは「失敗とわからない」

からそのままやり続ければよい。

で、問題は、
君に知識も技術もない場合だ。

でも、そんなのは簡単。

本を読んで調べたらいいんだ。
インターネットで調べたらいいんだ。
学校の先生に聞けばいいんだ。
家族に聞けばいいんだ。
近所の知ってそうな人に聞けばいいんだ。

そして、「やってもらう」んじゃなくて、
「自分でやる」んだ。

それを『学ぶ』というんだ。

学校や塾でやることも『学ぶ』だけれど、
決められた内容を
決められた順番で
学ぶのは苦痛だよね。

風邪やけがで休んだら、
先生や友達が教えてくれるんだけれど、
授業で学ぶように、自分のペースで「あ、わかった」がなくなるからね。

本当のところ、ロボット教室は、
カリキュラム通りに、テキストのロボットを作ることをする場じゃない。

君が作りたいものを作るための
「知識や技術を学ぶ場」
なんだ。

「学ぶ」というのは、

『自分で使えるようになる』

ということなんだ。

経験してわかっていると思うけれど、

「教えてもらっただけでは使えない」
「誰かができたのを見ただけでは使えない」

んだ。

----
※余談
中には天才がいて、
「見ただけ」「聞いただけ」でそのまま真似してできる人がいる。

オリンピックの世界だと、
例えば
「100m走で10秒を切った人が一人でも出たら、どんどんほかの人も10秒以下で走れるようになった」
っていうこともある。

それは、一握りの天才が、技術や体力を身につけているタイミングで、そんなチャンスがあった、というだけ。

天才でも、「技術や体力」は蓄えておかないと、よりハイレベルのチャレンジを達成することはできないんだ。
----

本当に「やりたいこと」であれば、

知識を一つ得るだけ
技術を1つ身につけるだけ

で、とっても嬉しいはず。

「自分がやりたいことにどう使ってやろうかな?」
「どこの問題が解決するんだ?」

と、頭がフル回転する。

「学ぶ」

というのは、そういうこと。

どんどん学んでほしい。

ロボット教室も、学校も、塾も、そのためにどんどん使ってほしい。
だって、君の人生だから。


関連記事

Title_learning child

子育てのためにも、キラキラと生きる

> 家事と自分の仕事は、やり直しが利く。育児はやり直しが利かない。 > 穐吉(あきよし)敏子  

記事を読む

Title_learning child

「自分の言葉では、まだ語れない」というしかない体験

> 「第二のふるさと」「宝物」といった言葉を使うのに抵抗がある。 > 「まだ、八坂での経験を消化

記事を読む

Title_learning child

本を読もう!2

植松努さんが小学生のころ、よく読んでいた本だそうです。 5.21世紀こども百科 もののはじまり

記事を読む

Title_learning child

子供に信頼される

> 自信に満ちた人は子供に信用されない。むしろ自信がないことを隠さない方が耳を傾けてもらえる。 >

記事を読む

Title_learning child

「思考表現することの楽しさ」

日本人は、テーマに対しての意見とその人自身を切り離して考える事ができない。だから、討論の授業だとして

記事を読む

Title_learning child

コーチングで子供たちに持ってもらいたいこと

教育現場や家庭でのコーチングはとても大切だと考えています。 「コーチングをする」ということではなく

記事を読む

Title_learning child

「他人に与えてもらう夢は『娯楽』と呼ぶ」

岡野由美さんの「ぼんぼんすふぃあ」を読んでいて、 ポン、と膝をたたいたことがある。

記事を読む

Title_learning child

「ちょっと難しい」はどれくらい難しい?

日本語で開発要件を正確に伝えるのは難しい「ちょっと難しい」にはどういう意味があるかhttp://to

記事を読む

Title_learning child

将来をイメージできたら、勉強への取り組みが変わってくる

塾を運営しているコーチ仲間とミーティング。 成績アップはもちろんだけれど、現実感をもって目標、目的

記事を読む

Title_learning child

ロボット教室の生徒諸君 その9~生徒のみんなに何を得てもらいたいか?~

僕が講師をしているロボット教室で、 生徒のヤル気や発想力に刺激を与えるにはどうしたらいいか、 と

記事を読む

Title_learning child
「他人に与えてもらう夢は『娯楽』と呼ぶ」

岡野由美さんの「ぼんぼんすふぃあ」を読んでいて、 ポン、と膝

c7701fbc0bc5e12d4c655f776d01d3c4_s
捨てるほど「恵方巻」を作っている日本は不思議

恵方巻き、大量廃棄の現実 店頭に並ばないケースも…https://di

71bb8068a1060bb71f08e14ac08c34fd_s
Vol. 113 [介助法を知っているのを社会常識にしなきゃ]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

DSCF009219-2-mini
年賀状2018の画像の裏話

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

DSCF009219-2-mini
これからの僕のテーマ「夢をかなえる技術を伝えることと環境づくり」

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑