*

ロボット教育、プログラム教育で、「目的としていないもの」を手に入れろ

公開日: : et cetera-life, 子供達の学ぶ心

ロボット教育、プログラム教育を
文部科学省は、2020年から小学校以上の必修にしようという案が出ているという。

それについて、下記のような取り組みや意見がある。

「ロボット教育」は、子どもをどう伸ばすのか
世界大会で優勝した奈良の中学校で聞く
http://toyokeizai.net/articles/-/76590

必修化盛られた小学校のプログラミング教育の問題点とは
同志社大学教授・三木光範
http://www.sankei.com/column/news/160801/clm1608010006-n1.html

機会をみて、詳細な議論をする、
もしくは、適切な教育プランを提案したいとは思っているが、
今回はメモ。

~~~~~~~

ブロックを使った「ロボット教室」、
Arduinoという、ロボットを作る時の標準的なマイコンボードとプログラム言語を使った「ロボプロ講座」
の先生をしていて理解できていることを記す。

・ピタゴラスイッチのように、物を組み合わせただけで動きを作るのも
「ロボット」。

・世の中的に、「ロボット」が「プログラム」に行きがちで、
 上記のような「ロボット」を作る才能がある子どもが、世の中の評価基準では落ちこぼれてしまうことがある。

・「プログラム」には流行や進化があるので、ある一つのプログラム言語を覚えることに意味はない。

(参考:「ロボット教育」は、子どもをどう伸ばすのか
世界大会で優勝した奈良の中学校で聞く
http://toyokeizai.net/articles/-/119790

・ただし、「プログラム」の考え方は共通だから、無駄にはならない。

・さらに、場合によって「プログラム」を使い分けることがあるので、学んでいて損はない。

・一般の人にわかりやすく「プログラム」と言っているときでも、
 「矛盾がない動作」
 「動作の順番」
 「一緒に動作させる組合せ」
 「緊急停止や例外」
 を考えることを表していることがある。

・それを「フローチャート」「論理思考」と言いたくない。
 その言葉を使うだけで拒絶反応をする子供がいるから。

・結局、「プログラム」を書くことができなくても、
 「矛盾がない動作」
 「動作の順番」
 「一緒に動作させる組合せ」
 「緊急停止や例外」
 これらを、ほかの人に説明できればいい。

・そしてそれは、
 「とにかく伝えよう」とすること。
 「間違いに気づいたり、指摘されたら、感謝を伝える」こと。
 「相手を巻き込んで、お互いが得意な方法で次の手を考える」こと。

ができればいいだけだと思うのです。

~~~~~~~

「手に職」というのは、食いっぱぐれがなくていいけれど、
同じような技術を持つ人が大勢いたら、
一部分で少し能力が劣っているだけで、仕事がなくなってしまうし、
給料を安く買いたたかれます。

あまり、国の「技術者養成」の話には乗らない方が幸せだと思います。
(例えば、介護職、弁護士、医者、英語教育など)

もっとも、そういう国の施策に乗っているふりをして、
 「矛盾がない動作」
 「動作の順番」
 「一緒に動作させる組合せ」
 「緊急停止や例外」
を考えられるようになって、

 「とにかく伝えよう」とすること。
 「間違いに気づいたり、指摘されたら、感謝を伝える」こと。
 「相手を巻き込んで、お互いが得意な方法で次の手を考える」こと。
といった技術をちゃっかり身につける

ということが、賢い生き方です。

~~~~~~~

一番最初に書いた、

・ピタゴラスイッチのように、物を組み合わせただけで動きを作るのも
「ロボット」。

これができる子供たちを、振り落としてきたと反省しています。
この子供たちが輝く場をつくる責任が、僕にはあります。


関連記事

September2016

「今」の時代を後でわかるように記録する

> 街のショーウインドーの品物を歴史博物館の陳列品と同列に見るのである。 > 今(こん)和次郎

記事を読む

7621551872f9643a7487d53b418f4a15_s

今まで経験したことがない新しい体験とは

> 根本的な新しさはひとつしかない。そしてそれはつねに同じ新しさである。すなわち死。 > ヴァルタ

記事を読む

a1370_000463

島暮らしは・・・・

島へ行ったり、暮らしたりしたい人のためのフェス、アイランダー http://chiky

記事を読む

2cd92180e928ce66f3c0d09cbf1961dc_s

熊蟄穴(くまあなにこもる)

 七十二節季では「熊蟄穴(くまあなにこもる)」です。  熊は冬が来るまでにたくさん食べ、メ

記事を読む

October2016

枕もとで大騒ぎする思いやり

> 鼠骨(そこつ)来る 共に午餐(ごさん)をくふ > 鼠骨去る 左千夫義郎蕨真(さちおぎろうけつし

記事を読む

January2017

データが多いところに目がいくが・・・・

これたまにふわっと思い出すと問題が片付くことがあってすき pic.twitter.com/xz5hS

記事を読む

Earth_small

「多様性と天使の分け前」について、集中考察

「多様性と天使の分け前」について、集中考察 このような「問い」を立てました。 ●多様性が高い

記事を読む

ef1e806b0b434fad3854629a59126757_s

新年おめでとうございます

記事を読む

Title_learning child

子供に信頼される

> 自信に満ちた人は子供に信用されない。むしろ自信がないことを隠さない方が耳を傾けてもらえる。 >

記事を読む

Title_learning child

「教育の情報化(ICT化)」を横目で見て思うこと

貧困層の子どもたちにパソコンを与えることが、教育問題解決となるのか?http://nge.jp/20

記事を読む

Title_learning child
「問題文が理解できない子供が増えている」というけれど、どんな利点があったのだろうか

読解力が危ない(1)~問題文が理解できないhttp://www.yom

Title_family
共依存へのお誘いの特長

ひとつでも当てはまれば「共依存」の可能性 ・理不尽だと思っても相

84351b8e73a2804b7e6c0e664e69c403_s
僕の映画の観方

 僕は、映画も本も、何度も見返します。  自分でお金を払って映画館に

1dacf1a74ae1ca1767e15925d5c1d5b1_s
Vol. 110 [映画「この世界の片隅に」]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

Title_learning child
Web「女子高生が開発した「負のSNSスパイラル」から抜ける勉強アプリの話」

女子高生が開発した「負のSNSスパイラル」から抜ける勉強アプリの話と、

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑