*

友人であること

公開日: : 最終更新日:2016/09/05 et cetera-life

> お前の話はようわからんけれど、お前が死んだら嫌やなぁ
> 高嶺格(ただす)の友人
 (折々のことば 選・鷲田清一)

鷲田さんの言葉がしみる。
「理解しあうことは必ずしも交友の着地点なのではない。」

理解し合うことを前提とすると、友達関係はかなりきつい。
それは、こちらが相手を理解すること、
相手がこちらを理解すること、
その両方を手放すこと。

「理解しなきゃ」と思うと、我慢がはじまり、相互依存もはじまる。


関連記事

January2017

「人と人、時代と空気を結びつける言葉」を使えるようになりたい

>  至るところで分断が起き、無意識かつ悪意不在の差別的発言の多さに、立ちすくみます。詩人の故石垣り

記事を読む

3a61f6f6f000352d400cefbdd6d08b27_s

家族を愛するということ

> お父さん、お金持って帰ってくるだけやないの > 井村雅代  (折々のことば 選・鷲田清一)

記事を読む

December2016

「知的生産の技術」

Facebookで情報カードが紹介されているのを読んで、 その大本の本を読んだ。 知的生

記事を読む

December2016

誰にも、親を介護する、親を送る権利がある

> 親の介護とは、親を送るということは、自分の成長の完了じゃないか > 伊藤比呂美  (折々のこ

記事を読む

October2016

いちばん弱い環

> 鎖の強さはいちばん弱い環(わ)で決まるのだ。 > ギルバート・K・チェスタトン  (折々のこ

記事を読む

November2016

手帳の話-2017年版

2017年使用予定の手帳 【2016年12月始まり】 hands+ダイアリー B6 バ

記事を読む

7621551872f9643a7487d53b418f4a15_s

図書館を見れば、その都市の豊かさがわかる

転勤族の妻なんで、引っ越す度に新しい土地の図書館に行ってたら分かってきたんだけど、図書館て、その市の

記事を読む

September2016

恋に焦がれて鳴く蟬(せみ)よりも

> 恋に焦がれて鳴く蟬(せみ)よりも 鳴かぬ蛍が身を焦がす > 山城国の民謡  (折々のことば 

記事を読む

7621551872f9643a7487d53b418f4a15_s

「元旦の神社は大変だったという話」

元旦の神社は大変だったという話(デイリーポータルZ) より 記事を読んで、ある神社の宮司を

記事を読む

988b5067e5983b1a7aa0e194f6e2c94a_s

家族に言える本音とコーチに語る本音

ロボット教室の生徒諸君 その5http://views.core-infinity.jp/2016/

記事を読む

Title_learning child
「他人に与えてもらう夢は『娯楽』と呼ぶ」

岡野由美さんの「ぼんぼんすふぃあ」を読んでいて、 ポン、と膝

c7701fbc0bc5e12d4c655f776d01d3c4_s
捨てるほど「恵方巻」を作っている日本は不思議

恵方巻き、大量廃棄の現実 店頭に並ばないケースも…https://di

71bb8068a1060bb71f08e14ac08c34fd_s
Vol. 113 [介助法を知っているのを社会常識にしなきゃ]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

DSCF009219-2-mini
年賀状2018の画像の裏話

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

DSCF009219-2-mini
これからの僕のテーマ「夢をかなえる技術を伝えることと環境づくり」

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑