*

「ほめる」のは、対等なコミュニケーションを手抜きしてる?

公開日: : 最終更新日:2016/09/09 et cetera-life, 子供達の学ぶ心

 ロボット教室の講師をしています。
 生徒と接する時に心がけていることがあります。

   『ほめない』

 です。

 でも、こんな時に、あなたはどうしますか?

・生徒が自分で作りたいものを決め、取り組み、やっと完成させたとき

・ロボットをつくるための作り方手順書があります。
 その中には、ロボットづくりに必要な力学や「リンク機構」といったものも書かれています。
 ですから、手順書があるといっても、注意深く作っていかないと一度バラシて再度組み立てることが必要な時もあります。
 そのような、難しいロボットを作り上げられたとき

~~~~~~~

 言いがちなのは、

 「すごいね」
 「かっこいいね」
 「かしこいね」
 「お兄ちゃんだね」

 このあたりでしょうか。

 「難しいのがよくわかったね」

 という変則バージョンもあります。

 これらはすべて『ほめる』です。

~~~~~~~

 『ほめる』のは大人として子供に対してとてもやりやすいので、つい使っちゃいます。

 人によっては、

 無理やり顔をつくって、声のトーンを上げて、
 「すごいのできたやん」

~~~~~~~

 僕はどうすると思いますか?

 1.生徒が喜んでいる気持ちに同調する。

 2.目を合わせて、僕も嬉しい気持ちになって、ハイタッチをしながら「やったね」という。

 その変形バージョンで

 2-1.「○○のところで苦労してたね」と話しかける。

 という場合もあります。

 実は、さらにその前段階があり、

 0-1.取り組んでいる様子を観察する。

 0-2.困ったことがありそうだったら、話を聴いたり、少し手伝ったりする。

 完成品を見るだけではなく、
 『作り始める段階でのアイディアを語りあう時間』、
 『途中の試行錯誤している段階でちょっかいを出し、方向性を語ってもらう時間』を大切にしています。

 ただ見てるだけ でもなく、
 単に、本当のちょっかい出しでいちゃもんをつけるように話しかけるのでもなく、
 「これじゃ絶対に動かない」と勝手に間違いを指摘したり、
 「これがいいよ」って、勝手に正解を決めてその通りに直したり

 僕はこんなことは絶対にしません。

 でも、『ほめる』人は、やっちゃいがちです。

 『ほめる』人は、『自分が持っている正解』にこだわります。
 だって、「正しい」から。

 でも、そうじゃないのです。

 「正しくても間違っていても、生徒が満足してくれればそれでいい」

 でもありません。

 ロボット教室は、
 TDLやUSJなどのアトラクション施設、
 1日だけの「夏休みロボット教室」
 ではありません。

 毎月2回とはいえ、長い生徒は5年を越えて在籍します。

 いっときの欲求を満たすような『満足』を提供していたら、

 求める欲求は際限なく大きくなりますし、
 「メンドクサイ」とやらないこともまたOKというメッセージを出していることになります。

 それはよろしくない。

※「苦労してでも全部やれ!」というのとも違います。
 ほめられなくても、どんどんチャレンジしていく生徒づくりを目指していて、
 「自分で課題を設定し、課題をクリアして自分で満足する」
 が大事なんです。

~~~~~~~

 チャレンジしなくても、
 苦労しなくても、
 先生の側が勝手に『ほめる』ことはできます。

 適当にやっただけでほめられるのであれば、メンドクサイことはしません。

 それをその生徒の強みと認めて、

   『強みを伝える』

 のであればまだしも、
 「ほめるだけ」の人にそこまでの覚悟はないでしょう。
 (言った言葉に責任を持たないといけません)

 それに、その「強み」は、周りとの比較で「強み」かもしれませんが、
 本人が大切に思っている「資質・行動パターン」かというと、どうでしょう?

~~~~~~~

 また、ほめられるためには、ほめられる基準がインフレーションして、

   『派手に』
   『大きく』

 なりがちです。

 対戦型ロボットだったら、
 しまいには、

   「自分のロボットが少し弱いから、人間の僕が援軍しよう」

 と、勝つためにはもともとのルールを無視することも起こりがちです。

 「ほめる」のは、かなり使い方に注意した方がよいですね。

~~~~~~~

 よく考えると、ほめる人にとって「ほめる」は、

   「ほめる人の自己満足」
   「俺は、ほめる側の人なんだぞ、というマウンティング」
   「わかりやすいのを出せ。ほめてやるから」

 といった、意識しないレベルの気持ちも含めた気持ちが行動にちらつかせるもののようです。

 「ほめられたらヤル気が出るんだから、ほめたらいいじゃん」

 という意見がありますが、

 「騙されて働かされているのと一緒」

 と思いませんか?

 それに、ここまで知って、「自分がほめる」のはともかく、
 「ほめられたい」ですか?

 それでもやっぱり「ほめられるのが好き」という人もいることでしょう。
 受け入れましょう。
 ただし、みんな同じだと思わないでください。

~~~~~~~

 再度、僕の関わり方を記します。

 0-1.取り組んでいる様子を観察する。

 0-2.困ったことがありそうだったら、話を聴いたり、少し手伝ったりする。

 完成品を見るだけではなく、
 『作り始める段階でのアイディアを語りあう時間』、
 『途中の試行錯誤している段階でちょっかいを出し、方向性を語ってもらう時間』を大切にする。

 そして、できあがったら、

 1.生徒が喜んでいる気持ちに同調する。

 2.目を合わせて、僕も嬉しい気持ちになって、ハイタッチをしながら「やったね」という。

 もしくは

 2-1.「○○のところで苦労してたね」と話しかける。

 とします。

 結果的に「対等」の関係になるので、

 先生「ここどうなってるの、教えて?」

 とも言いやすいし、

 生徒「それはね、~~~~」

 と答えやすいですよ。


関連記事

December2016

今探している腕時計

今探している腕時計。 こんなのを探している。 ・アナログ ・クォーツ ・カレンダー付き

記事を読む

December2016

「問題意識がなければ、目は節穴だということだ。」

> 問題意識がなければ、目は節穴だということだ。 > 川田順造  (折々のことば 選・鷲田清一)

記事を読む

214e5214a0af8185173eddfbb66aab4c_s

(学校編)「学ぶってどういうことかイメージできない」ってことはないですか?

リブログした元の記事のタイトルは ”大学の存在が遠い、大学生のいない町で中学生は大学をイメージ

記事を読む

WAKASA Yoshihiro

2014年秋の『リンク・ロボット』はここまできた

WAKASA Yoshihiro[/caption] ロボプロ 今季のロボット 201

記事を読む

Title_learning child

小中高校時代にも「自分で切り開く体験」をしよう

僕はロボット教室の運営をしているのですが、 生徒たちと話していると、どうしても 『塾』 のことを無

記事を読む

October2016

「俺は関係ないよ」

> 「オレは関係ないよ」は、実は、発語されると、世界の引き受けの足場になるのです。 > 加藤典洋

記事を読む

Required tools / wza

あなたの商売道具を教えてください。

Required tools / wza[/caption]  地味だけれど、興味を惹かれた

記事を読む

Title_learning child

自分は何に共鳴してその仕事をしたいのだろうか

やりたいこと、っていいながら、結局なにかの「職業」につきたいだけということはある。でも、その「職業」

記事を読む

7621551872f9643a7487d53b418f4a15_s

「元旦の神社は大変だったという話」

元旦の神社は大変だったという話(デイリーポータルZ) より 記事を読んで、ある神社の宮司を

記事を読む

December2016

「知的生産の技術」

Facebookで情報カードが紹介されているのを読んで、 その大本の本を読んだ。 知的生

記事を読む

5cf3cfd7561291073eb13d6d18d7ac1e_s
Personality Insights診断結果

Personality Insights https://person

Title_learning child
プログラミングを何の授業で使うか?

(花まる先生 公開授業)プログラミングで慣用句クイズ千葉・柏市立田中北

Title_learning child
「ちがいを大切にする」に気づく授業

(花まる先生 公開授業)ちがい、大切にしてる?大阪市立新高小学校 金大

Title_learning child
人類が米作りをはじめたとして、どんなよいこと・悪いことが起こるだろうか

(花まる先生 公開授業)歴史、白黒つけられる?東京・筑波大付属小学校 

Title_learning child
勉強しているとき、文章を読むだけでは訳がわからない時

勉強法の一つの提案。 中二の息子が秀才の友達から勉強法を聞いて、

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑