*

ロボット教室って何をするところ?

公開日: : 最終更新日:2016/09/05 et cetera-life, 子供達の学ぶ心

a0782_000805

 ロボット教室の「教室便り」を書きました。
 こちらでもお伝えします。

-------------

 初めまして。若狭 喜弘と申します。ロボット教室の講師をしています。
 ロボット教室での出来事を中心にお話しします。

~~~~~~~~~~~~

 ロボット教室は面白いです。
 毎月新しいロボットを作っています。アドバンスコース(上級コース)まですべて受講すると、42種類のロボットを作ります。
 これらのロボット作りを味わうのも楽しいのですが、大勢の生徒さんの様々な個性や成長を味わうのもまた楽しんでいます。

 「速く作る」ことに関心がある生徒さんが多いようです。
 自宅で「早くしなさい」と言われているのかな、
 それとも宿題を早く終わらせた時に褒められたり、
 もしくはプラモデルを作るのが速かった時に称賛されているのかな、
 と思います。

 高橋智隆先生が考えたロボットを、テキストを片目で見ながらそれっぽく作るだけだったら、他の誰よりも速く作ることに価値があり、工作が得意、手先の器用な生徒が優秀となります。
 それは素敵な能力ですが、ロボット教室で身につけてほしいと思っていることは、そのような先天的な得意・不得意だけで決まることではなく、

  ・「こんなのできるかな?」と思い付いたアイディアを拾い上げる創造力
  ・「これは、あの技術が使える」と気づく発想力
  ・「工夫したらきっとできる」と思える粘りや自信

など、「創造のやり方」「気づくための考え方」「達成しよう、達成できるという意欲」といった、生きる力、地力を高めてほしいと思っています。

 同時に、他の生徒との優劣や強弱を比較するのではなく、個性の違いとして認めて受け入れてほしいとも思っています。
 競争心はモチベーションのもとになりますが、本当の競争相手は日本全国や世界にいます。
 スタート地点にいる者同士、小さなことで競うことなく、お互いに影響を受け合うことのほうが大切です。

~~~~~~~~~~~~

 一方で生徒さんは、そんなこととは無関係に、ロボットを作り、遊ぶことを第一にしています。でも、その中で知らず知らずのうちに、これらを学び、経験しています。

  ・ロボットを組み立てるコツ、動かす仕組み。
  ・テキストを参考に作り上げる達成感を得ること。
  ・ロボット同士を対戦させて勝つ方法を考えて実装すること。
  ・生徒同士の付き合い方。
  ・自分と他の生徒とは、興味や才能の方向が違うと気づくこと。

 結局、私の願いと同じ方向に向かっています。

~~~~~~~~~~~~

 入会された生徒さんへの一番最初のクラスに、「スタートアップ講座」があります。
 パーツの名前を知り、その中でギヤの仕組み、パーツや電池の扱い方を学びます。

 以前、私が受け持ったときには、右のような「質問」を授業の最初にし、「ロボット教室の約束」を伝えていました。
 ロボット教室で身につけてほしいことの別の表現です。

 一人一人の才能は違いますし、その才能の活かし方もまた違います。自分の才能に気づいて、決めて、切り開いていくしかありません。

 これらを教えることはできません。学校や家庭とは違う形で、ロボット教室がそのようなことができる場だと、感じてもらっていたら嬉しく思います。
 実際に、

  「あれ?」という顔をする生徒さんや、
  何をやったら怒られるか、
  境界を探す生徒さんもいました

 ので、何かを感じ取ってもらっているようです。ロボット教室は、自分の活かし方を学ぶ場にもなっています。


関連記事

e99989e4974fac2eb5b65fed16a9da7d_s

Vol. 87 [「天才」のまま生きていくために]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

3a61f6f6f000352d400cefbdd6d08b27_s

若い世代の選択を全面的に支持する

> どんな選択がなされても全面的に支持するのだと覚悟は決めておきたいものです。 > この覚悟こそ、

記事を読む

Earth_small

地図で「東京」と言ったら?

地図を見て、東京都庁でもなく、国会議事堂でもなく、東京駅でもなく、「そこなの?」と思いました。

記事を読む

Portuguese Coach / pedrosimoes7

「これぞコーチング」

Portuguese Coach / pedrosimoes7[/caption]  先日、また

記事を読む

September2016

家族といえども自分以外の人を心配し続けるのは・・・

家族といえども自分以外の人を心配し続けるのは、本当の自分を生きることに責任を取らない言い訳であり、自

記事を読む

Title_learning child

「思考表現することの楽しさ」

日本人は、テーマに対しての意見とその人自身を切り離して考える事ができない。だから、討論の授業だとして

記事を読む

October2016

枕もとで大騒ぎする思いやり

> 鼠骨(そこつ)来る 共に午餐(ごさん)をくふ > 鼠骨去る 左千夫義郎蕨真(さちおぎろうけつし

記事を読む

September2016

明治は17文字、平成は140文字

>涙を十七字に纏(まと)めた時には、苦しみの涙は自分から遊離して、おれは泣くことのできる男だという嬉

記事を読む

WAKASA Yoshihiro

あるところでの研修が、今日で一旦終了しました

WAKASA Yoshihiro[/caption] あるところで、研修の講師を約2年半させ

記事を読む

Title_learning child

「教える」よりも「安全の場をつくる」「学ぶ喜びを体験させる」

塾の先生として、 知って実践しておきたいことだったので、この記事を紹介します。 ~~

記事を読む

ab7b71a20276bf7df25cd18f1759d01c_s
「ロボット・プログラミング」は単なる手段

Vol. 105 [決断を早める方法]http://views.cor

3838c6972918910f26674362b98dc14d_s
Vol. 105 [決断を早める方法]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

287e064537d295454a926e7120b57393_s
Vol. 104 [責任感と報酬]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

a03f5d9a0b01c5056fb8bbdb1004126f_s
教育勅語と祖母の思い出

このところ教育勅語が話題に上っています。 思い出したことがあります。

a03f5d9a0b01c5056fb8bbdb1004126f_s
『「未曽有の体験」には、「同じ未曽有の体験」がないといけない』か

> 大津波や原発事故をもし「未曽有の出来事」と言うなら、それに対しては

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑