*

スピーカーが困っていたら、「突っ込み役」になる

公開日: : et cetera-life

04918f3fa52d87696f02f8ab82fe6989_s

11月18日(火)に、リンク先の「おふチョ(オフラインちょっとの会)」に行ってきました。
https://www.facebook.com/offcho?fref=ts

参加するのも、行くのをやめるのも、自由。
参加者同士でのやり取りも、自己責任で。
自己PRタイムあり。
スピーカーのお話のある第1部だけの参加もOK。
(第1部だけだと参加費500円。その後の飲み放題まで参加すると4,000円。会場がミュンヘンの場合)

という気楽な会なので、年に数回お邪魔しています。
京都チャプターの「設立○周年記念セミナー」のお知らせするのをネタにしています。
お酒を飲むのは好きなのだけれど、それより面白いことがあるので、第1部だけの参加のことがほとんどですが。

で、11月のおふチョのスピーカーは、
~~~~~~~~~~~~
   スピーカー
    丸野 裕行 さん

   プロフィール
    1976年生まれ。
    作家、脚本家、フリーライター、映画プロデューサー。
    小説『木屋町DARUMA』が遠藤憲一主演で
    映画化された。

    最近では、FM・ネットラジオ“SORA×NIWA”『ウラネタ
    ~これって放送アリ?!~』で初パーソナリティー、東京
    でのトークイベント、テレビ出演など精力的に活動している。

  テーマ
   『私はこれでテレビに出られなくなりました的裏社会話
     &仕事と人生を切り拓く文章の力』

   ☆☆丸野さんの波乱万丈なこれまでの創作活動や
      映画の裏話など、ここだけの話がたくさん聞ける
      と思います!あっという間の1時間!お楽しみに☆☆
~~~~~~~~~~~~

手元のメモ:

  ●誰にも好かれようとしないで、2割の人を相手にする。
  ●本は、「すべてを書いて」こそ『書いた』と言っていい。
   0か1だ。

丸野さんって、ラジオで話されている方なので話慣れられているはずなのですが、空気が重い。
参加者から避けられている雰囲気はないのだけれど、・・・・・。
裏話(ホントの裏話)を話すと、笑いは起こるのだけれど、もっと粘度が高くなる感覚がありました。

スピーチ時間(1時間)の半分くらいで、
『聞き役』『突っ込み役』として前に出ようかという気持ちがもたげました。
『コーチ』って、そんなことができる人種だと信じています。
一番前に座っていましたし。

「でもお世話役の人がいるしなあ」
(注:お世話役とは、その回の担当幹事のような役回りの人のことです)

と思って躊躇しているうちに、終わってしまいました。

かつて聞いた話ですが、
さだまさしさんが友人の結婚式に参列した際、
司会者があまりにたどたどしかったので、マイクを持って司会者の代わりに進行役のようなことを始めたとのこと。

「さださんのようなトークのスキルがないしなあ」

と、比較する相手が間違っていると気づかないまま時間を過ごしてしまいました。

今回はお役に立てなかったけれど、
次回別の場面では、こんな風に思った時には、即座に前に出て、幹事さんの了解を得ながらやってやろうと決めたのでした。


関連記事

Title_learning child

ロボット教室の生徒諸君 その6

ロボット教室の生徒諸君 ロボットづくりは、 ロボットを作ることじゃなくて ←こんなの当然

記事を読む

5ebe2285e05bfab8335f1b134b3de3d1_s

『コーチをコーチングしてコーチング力をアップするトレーニング』

『コーチをコーチングしてコーチング力をアップするトレーニング』 コーチングを学ぶために

記事を読む

5ebe2285e05bfab8335f1b134b3de3d1_s

熊本地震 寄付先に困ったらこちらはいかがでしょうか?

寄付先一覧のあるリンク 通常の公的なところ以外 お薦めという訳ではありませんが、 心のよりどころ

記事を読む

October2016

いろいろな街の音は活気がある証拠

> 町の音はいろいろ入り混(まじ)っている方がいい。うるさいくらいの方がいい。それは我々の生活に活気

記事を読む

September2016

家族といえども自分以外の人を心配し続けるのは・・・

家族といえども自分以外の人を心配し続けるのは、本当の自分を生きることに責任を取らない言い訳であり、自

記事を読む

tumbledown barn / kingstongal

淀むと朽ちていく

tumbledown barn / kingstongal[/caption]  廃村の廃屋

記事を読む

January2017

「悩む存在」は宝

> 「悩む存在」が生まれることを回避するのではなくて、それをつくり出すのを得意とするのが、アーティス

記事を読む

プレミアム商品券-small

草津「プレミアム商品券」で、コーチを雇えます

草津商工会議所からの案内で、   『草津「プレミアム商品券」取扱店』 となりました。 事情

記事を読む

January2017

ありがとうって言ってもらえる仕事

毎日新聞の毎日かあさん「母のたすき」。 > 大きく変えることはできなくても 少しずつ良い方向へ

記事を読む

7621551872f9643a7487d53b418f4a15_s

今まで経験したことがない新しい体験とは

> 根本的な新しさはひとつしかない。そしてそれはつねに同じ新しさである。すなわち死。 > ヴァルタ

記事を読む

ab7b71a20276bf7df25cd18f1759d01c_s
「ロボット・プログラミング」は単なる手段

Vol. 105 [決断を早める方法]http://views.cor

3838c6972918910f26674362b98dc14d_s
Vol. 105 [決断を早める方法]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

287e064537d295454a926e7120b57393_s
Vol. 104 [責任感と報酬]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

a03f5d9a0b01c5056fb8bbdb1004126f_s
教育勅語と祖母の思い出

このところ教育勅語が話題に上っています。 思い出したことがあります。

a03f5d9a0b01c5056fb8bbdb1004126f_s
『「未曽有の体験」には、「同じ未曽有の体験」がないといけない』か

> 大津波や原発事故をもし「未曽有の出来事」と言うなら、それに対しては

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 2014年11月
    « 10月   12月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑