*

Vol. 71 [京都造形芸術大学 社会人と学生の交流イベント「ロールモデル研究」に参加して]

公開日: : 最終更新日:2016/09/05 Core Infinity 通信, 子供達の学ぶ心

e855e60f3c687d96c4059cb1ba435527_s

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓
  Core Infinity 通信【Vol. 71】   2014/06/05
〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓
 あなたが今いる逆境を幸運に変えるコーチング 若狭 喜弘(Yoshi:よし)です。
 『Core Infinity 通信』を引き続きご購読いただきましてありがとうござい
ます。

---------------------------------
《PR》気になったら、すぐにお問合せ(070-5346-1730:Willcomが新たに使えます)
★ポジション・ステップ・コーチング体験会
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/position-step-coaching-trial/
★あなたの想いや才能を『引き出し屋』
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/drawer/
★規格外のコーチングを望む人へ
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/el-dorado/
★戦略コーチング(目標達成のための判断の癖改善コーチング)
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/strategy/
★あなたの思い(プロフィール、寄稿文、手紙など)を代筆します
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/write-your-dream/
---------------------------------

【京都造形芸術大学 社会人と学生の交流イベント「ロールモデル研究」に参加して】

 京都造形芸術大学の社会人と学生の交流イベントに参加してきました。
 ( https://www.facebook.com/events/322146381266692/

 このイベントの趣旨は、

   ●学生の創造力と人間力を向上させるための、入学した1年生の必修のクラス
    「マンディ・プロジェクト」ワークショップの一環。
   ●仕事観を社会人に語ってもらって、大学と社会とのつながりを感じてもらう。
   ●その先にある、大学でどのように過ごしたいかを考えるきっかけとしてもらう。

 といったものでした。
 企画概要と、体験から、こういう話だったと理解しました。

-----------------

 何をやったかというと、
 1年生総勢1,000人程度をグループに分け、各教室に入れます。
 一般社会人+大学の先輩も「語り手」として教室に配置されます。
 人数として、平均10人くらいの学生を相手に、
 社会人や先輩が社会体験を15分程度語りました。
 基本的に、その教室では学生が移動して2~3セット、
 その後、社会人や先輩は教室を移動してさらに2~3セット語りました。

 これが午前中で、午後も同様に進行しました。
 結果として、私は10:30~16:30に昼食をはさんで、11セット語りました。

-----------------

 同じ話を繰り返してもいいのですが、
 11セットも話すと、このグループで何をどこまで話したか、わからなくなります。

 学生の方も、このイベントの趣旨を十分に理解している人から、わかっていない人、わかっていても何を質問すればいいのかわからない人もいますので、質問を受け付けることからスタートしようとしても、混乱の中に突入しました。

-----------------

 何を話したか、簡単に記していきます。

【大学1年生の今頃、何を考えていましたか?】
 「何も考えていませんでした。」
 あまりに正直すぎる答えをしました。
 「家から離れられて、やれやれと思っていたはずです」
 とも答えました。

 ここから自分のダメさを語りました。

 ・「できること」という意味で、「物理の問題が解けたから」という理由で物理科に入ったので、カリキュラムをこなし、住んでいた寮の企画をこなすだけだった。
 ・仕事で生物系の「環境コンサルタント」の会社に入ったのですが、「これからは生物や環境に注目が集まり、仕事になる」と思ったから。
 ・本当に「やりたいこと」に出会って、それまで隠していた気持ちに正直に生き始めたのは、会社を辞め、40歳くらいになったころだった。

【大学時代にやったことで、今役立っていることは何ですか?】
 ・科学的思考法、科学リテラシーを身につけられたこと。(例えば、「水は何でも知っている」に対して、「嘘つけ」と理由を持って反論できる感性)
 ・レポート作成法
 ・コンピュータなど、機会をいじることに恐怖心、躊躇する心がないこと。
 ・今でも続く友人関係があること。

【大学時代にやっといた方がよかったなあ、と思うことは?】
 ・親しい後輩に、「大学のある地元の夏祭りに、神輿担ぎなどで参加するなどやったらいいと思うんだよなあ」と語ったが、何も行動しなかった。「社会とつながる」という意味と、「思いついたことを素直にやってみることの大切さ」の2つで反省している。
 ・大学は、自分の仮説を安く手軽に実験できる場所なので、物理科という意味だけじゃなくなんでも「仮説」と「実験」をしたらよかった。大学生は、犯罪以外はたいがい許されるからね。

【環境コンサルタントの仕事で、今役立っていることは何ですか?】
 ・小さな会社だったので、調査業務、レポート作成、有識者で構成される検討会でのプレゼンターから、見積もり作成、入札まで、あらゆることをやらせてもらったこと。
 ・「現場での調査をしてレポートを作る」がベースとなる仕事だったけれど、発注者と地元、発注者と自社、自社内など、「人を活かす」「人に敬意をもって接する」コミュニケーションの大切さを反面教師として認識させてもらった。そして、それが、私が関心ある分野であることに気づかせてもらった。

【なぜ今の仕事をしているのですか?】
 ・大学時代に、D.カーネギーの「道は開ける」を読んで感動したのが出発点。ただ、その時の友人に話したら「人を自分の思い通りに操っているだけみたい」と言われて封印した。
 ・企業勤めの時、新聞でコーチングの記事を読んだが、惹かれた気持ちは今でも覚えているが、自分につなげようとしなかった。
 ・企業を退職し、何か仕事をしないとな、と思いながら書店をぶらついていたら、コーチングの本が平積みになっていて、天啓を感じて足を踏み入れた。これが40歳のころ。
 ・それまでの人生が無駄だったとはいわないが、もっと早い段階でこちらの道に入れたらと、思うことがある。
 ・その時から次第に人生への立ち方が変わり、「こなす人生」から「これだ、と思いつつ生きる人生」に変わった。
 ・情けない話だが、大学時代も、環境コンサルタント時代も、私よりもはるかに能力が高い人がゴロゴロいる世界。勝てる気がしなくて、その世界にかじりついてでも残ろうという気が起きなかった。

-----------------

 私の今の仕事とは直接関係ないけれど、芸術系の話で、彼らに役立つであろうと思って話したネタ。

【村上隆さんの戦略性と、ブラックなものが宝だ、という話】
 村上隆(たかし)さん・・・(りゅう)と呼んでいて、間違った情報をお伝えしていました。
 個人の情報は、Wikiなどで調べていただくとして、この本に書かれていたお話をしました。

   ・芸術起業論 By 村上 隆
    http://astore.amazon.co.jp/hitotoikimono-22/detail/4344011783

   ・創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 (角川oneテーマ21)
    By 村上 隆
    http://astore.amazon.co.jp/hitotoikimono-22/detail/4041103304

 社会というか、自分の才能を認めてもらいたい人のニーズを知る戦略性、そのためのコミュニケーション力が必要という話。
 そして、自分の中の「ブラックな部分」「ダークな部分」は、もしかすると大いなる才能の元かもしれないので、絶対大丈夫な人に話を聴いてもらうなど、した方がよいという話。
 さらに、それに向き合うと、自分の人生が太く、豊かに、「やりたいことをやれる」人生になるよ、というお話。

【大阪の商店街の話】
 大阪の商店街ポスターを学生が作ったという話をしたのですが・・・・。

   ・商店街ポスター展
    https://www.facebook.com/postar.t

 電通が取り仕切ってやった話のようですね。
 元芸大 or 現役の芸大生のWeb上の記事で知ったので、「芸大生が企画・実行したこと」だと思い込んでいました。

 でも、どっちみち、「今の内から、大学にこもらずに社会に入って行けよ」という、伝えたい話は変わりません。

-----------------

 今の仕事に関係ある話では・・・・・。
 質問ではなく、会話の中から言葉を拾い出しました。

【インプロ(インプロビゼーション)=即興的反応】
 演劇としてのインプロがよく知られているけれど、Jazzのフリーセッションもインプロ。
 考える時間を極力短くしても、考える時間がある限り、反応が一瞬遅くなる。
 コミュニケーション能力という意味でも、インプロは身につけておいた方がよい。
 というか、「心と身体を直結させる」ので、これは「芸術」を生み出すトレーニングにもなる。

【今がもし、チャンスなのだとしたら?】
 「学科選びを間違えたように感じている」という学生さんがいた。
 今から変えることも、どんなに障害があっても望むならば可能なのだけれど、「やりたいこと」を見たときに、「今の学科で学ぶこと」って、とても役立つように感じるよ、という話をした。

 でも、今から思えば、

   「今がもし、チャンスなのだとしたら、何が学べますか?」

 という質問をしてあげればよかったと反省しています。
 で、この質問は、その学生さんだけではなく、一緒に話を聴いてくださっていた学生さんにも刺さる質問になったことでしょう。

-----------------

 そのほかにお伝えしたこと

【やりたいことと、やりたくないことを両方見つめて取り組みましょう】
 「やりたくないこと」「避けたいこと」って、自分にとって必要なこと。
 それに、「やりたいこと」の正反対のことを言っているだけで、その線上のことは、自分にとって必要なこと。
 どうせやらなきゃならないことなので、いつまでも気持ちを引きずっていないで、とっととやっちゃいましょう。
 すると、自分の人生が豊かに、太く、「やりたいことに集中できる」ようになりますよ。

-----------------

 ほかに、「学芸員の仕事は?」「ドバトはどこに巣をかけるの?」という質問もありましたが、割愛します。

-----------------

【最後に】
 途中から思っていたのですが、
 その日に話したことは、当時の自分にも話してやりたかったことだなあ、と感じていました。
 素直に聞いたか、話を聞いても本当の意味が分かったか、わかりませんが。

 そして、自分のこれまでの人生を振り返る機会になったなあ、と感じます。
 格好をつける気もないので、すべて正直に話しました。(心の中の本当にダークな話は話していませんが)

 だからこそ、聴いてくださった学生さんよりも、話した私たち、というよりも「私(Yoshi:よし)」にとって、「話し手のための時間」になったなあ、と感じています。
 だから、「聴いてくださってありがとう」です。

 来年も開催されるそうですので、ご都合がつけば、ぜひご参加ください。

 あと、薄々感じていますが、話のほとんどは「ロールモデルを提示する」という範疇から外れていますね。
 本間正人さん、ごめんなさい。

              あなたが今いる逆境を幸運に変えるコーチング
                    若狭 喜弘(Yoshi)

 このメール通信は、お申込みご登録頂いた方にお届けしています。
 毎月1回、実体験、ニュースや新聞、雑誌、Web上の記事の中からピックアッ
プした話題について、『コーチの視点で社会を見ると』をお伝えしてまいりま
す。
 Webサイトでは、この記事のほかにも多くの記事を書いています。
   http://views.core-infinity.jp/

 Twitter、Facebook、LinkedIn、Google+で綴っています。
   http://twitter.jp/CI_Yoshi
   http://facebook.com/wakasa.yoshihiro
   http://jp.linkedin.com/in/wakasa
   http://gplus.to/yoshiwakasa
 より近いコミュニケーションをしましょう。

〓〓━━━━━━━━━━━━
《最新情報》
 私(Yoshi:よし)が主催、提供するサービスは、すべて
 『がんばろう日本 三方よしプログラム( http://p.tl/8J5q )』
 に則って被災地支援に役立てます。

★あなたとの個人セッション
 あなたが求めているものは何ですか?
 求めているものをつかんでください。
 あなたの人生はあなたのものです。

  ●あなたの想いや才能を『引き出し屋』
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/drawer/
  ●規格外のコーチングを望む人へ
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/el-dorado/
  ●戦略コーチング(目標達成のための判断の癖改善コーチング)
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/strategy/

★研修、勉強会、講演会の依頼をご検討の方へ★
 ※テーマ、参加者の特性、人数、回数、ご予算など、ご希望の内容にあわせ
  て最適なプログラムを提案します。
 ※各種学校・教育機関、自治体、NPOなど、社会的意義のあるものには柔軟に
  対応いたします。
 まずはお問合せください。
 http://core-infinity.sakura.ne.jp/study-and-training/
 http://core-infinity.sakura.ne.jp/list/list/

---------------------------------
《PR》気になったら、すぐにお問合せ(090-6660-6532)
★私が、コーチとして大切に思っている人
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/precious-person/
★料金表
  http://core-infinity.sakura.ne.jp/list/fee/

—————————————————————
 日本コーチ協会 京都チャプターの例会のご案内
 お申込みは、Webサイト( http://www.jca-kyoto.jp/ )をご覧ください。
●6/22(日)例会  いよいよ6月に登壇です。
テーマ  達人コーチが備える力  「質問する力」
講師  京都チャプター 副代表   若狭 喜弘氏

□日 時□ 2014年6月22日(日)13:30~16:30
      *13:15~受付 開講5分前までにお集まりください。
□場 所□ ウィングス京都 2階 ビデオシアター
   http://www.wings-kyoto.jp/
□参加費□ 正会員2,000円  一般3,000円

クライアントの目標達成、課題解決の旅の同伴者として、「クライアントの人生の幅を広げるための質問」をするための視点をお伝えします。

●7/27(日)例会
テーマ  達人コーチが備える力  「リクエストする力」

□日 時□ 2014年5月25日(日)13:30~16:30
      *13:15~受付 開講5分前までにお集まりください。
□場 所□ ウィングス京都 2階 セミナー室B
□参加費□ 正会員2,000円  一般3,000円

コーチはクライアント自身で答えを見つけるためのサポートをしますが、時に目標達成のため特定の行動をリクエストする場面もあります。クライアントが目標達成に向けて行動を起こし、より成長するための「リクエストする力」とは?を共に考えましょう。

〓〓━━━━━━━━━━━━
メール通信をお届けしています。登録はコチラよりどうぞ。
→ https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P69060698
6月期、7月期 の研修、個人セッション(全1回~)、体験セッション、無料オリエンテーションを希望される方も上記よりどうぞ。


関連記事

a0001_005444

Vol. 84 [落ち穂拾い]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

Title_learning child

「受験数学」と「大学数学(または数学研究)」の違いは大きい

哲学な日々 考えさせない時代に抗し 野矢 茂樹 より。 ~~~~~~ (森毅先

記事を読む

093791

Vol. 83 [蛭子能収さんって素敵だなあ、という話]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

Title_learning child

自分は何に共鳴してその仕事をしたいのだろうか

やりたいこと、っていいながら、結局なにかの「職業」につきたいだけということはある。でも、その「職業」

記事を読む

8f133aa92418743b00046f7fdb6f3629_s

Vol. 100 [コーチングについて質問を受けて~コーチは、「絶対に」答えを教えてはいけないんですか?~]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

609c7336e9a7d9a69f335c4908a3331f_s

Vol. 91 [嵐のような人は神さまです]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

Title_learning child

ロボットに子供の雑談相手をさせるには?

「ロボットやAIまだまだと言っても、子供の雑談相手とか、冷蔵庫からビール取ってきて注いでくれる的な雑

記事を読む

Title_learning child

生徒が自分にもしてほしいこと?

【生徒が自分にもしてほしいこと?】  ロボット教室は、生徒はほとんど男の子です。先生も、男の先

記事を読む

Title_learning child

生徒自身が周辺住民とのトラブルを解決する仕組みをつくった

SPA!に、こんな記事がありました。 高校生が日本初の「騒音トラブル解決モデル」を発足。周辺住

記事を読む

5b159e454dde3d58d750921bbc48932f_s

Vol. 95 [成長と成熟・・・・動的平衡も少々]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   Core Infinity 通

記事を読む

Comment

  1. […]    Vol. 71 [京都造形芸術大学 社会人と学生の交流イベント「ロールモデル研究」に参加して]    http://views.core-infinity.jp/2014/06/role-model/ […]

  2. […]    Vol. 71 [京都造形芸術大学 社会人と学生の交流イベント「ロールモデル研究」に参加して]    http://views.core-infinity.jp/2014/06/role-model/ […]

  3. […]    Vol. 71 [京都造形芸術大学 社会人と学生の交流イベント「ロールモデル研究」に参加して]    http://views.core-infinity.jp/2014/06/role-model/ […]

5cf3cfd7561291073eb13d6d18d7ac1e_s
Personality Insights診断結果

Personality Insights https://person

Title_learning child
プログラミングを何の授業で使うか?

(花まる先生 公開授業)プログラミングで慣用句クイズ千葉・柏市立田中北

Title_learning child
「ちがいを大切にする」に気づく授業

(花まる先生 公開授業)ちがい、大切にしてる?大阪市立新高小学校 金大

Title_learning child
人類が米作りをはじめたとして、どんなよいこと・悪いことが起こるだろうか

(花まる先生 公開授業)歴史、白黒つけられる?東京・筑波大付属小学校 

Title_learning child
勉強しているとき、文章を読むだけでは訳がわからない時

勉強法の一つの提案。 中二の息子が秀才の友達から勉強法を聞いて、

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑