*

「メンタル・ケア・ワーカー」見学記

公開日: : et cetera-life

 先日、ある病院に「メンタル・ケア・ワーカー」の仕事を見学に行ってきました。

 その病院では、「メンタル・ケア・ワーカー」は、

    ・精神科の
    ・「ケア・ワーカー(=介護者)」

 という意味で使われているそうです。

 見学の間、ケアワーカーさんの立場に身を置いて、体感していました。
 今回のこの記事は、体感した私の感覚をお伝えするものです。

------------------

 ケアワーカーさんは、看護士さんや技術療法士さんの指示のもと、

    ・食事やリハビリの介助
    ・おむつの交換

 などをの業務に勤務時間はずっと携わっていらっしゃるのことでした。

 そのような言葉での説明を伺いながら、働かれている様子を見ていました。
 見ながら、「身体感覚」で、体感していました。

 その時のことを思い出して書いたメモには、

   ・ナース/ケア・ワーカー:生身の人間、裸
   ・医師:鎧あり

 とありました。
 別の言い方をすると、ナース/ケア・ワーカーさんには、

   「私とは、考え方、身体の動かし方、身体を動かす際の指
    示系統が違う」

 と感じていました。
 どういうことかというと、

   ・見たことに対して、まず身体を反射的に動かす。
   ・考えるタイムラグがない。
   ・「身体の動き」から「身体の動き」が連続的で、常に動
    き続けている。
   ・「自分の身を盾にして」患者さんを守る。
   ・身を守るためのものは持たず、身に着けず、いわば心も
    体も裸で患者さんと接する。

 でした。
 さらに別の視点で見ると、

   ・たとえば「軍人」は、「やるべきこと」という規律で動く。
   ・ナース/ケア・ワーカーさんは、「反応」で動く。
    インプロみたいなもの?

 とメモしていました。

 もちろん、ナース/ケア・ワーカーさんも、知識は豊富ですし、患者さんの個人データはすべて頭に入っています。
 やるべきことも多くありますから、論理的に、効率的に行動されているのでしょう。

 けれど、「予想外のこと」は起こります。

 それに対応するための余力を残しておくのではなく、
 全力で患者さんに向き合いつつ、
 「予想外のこと」にきちんと対応する。

 このように感じました。

------------------

 私とは、

    「人間が違う」

 と感じました。
 私も一所懸命がんばれば、多少は役に立てるでしょう。

 でも、理屈ではなく、体感覚的に「無理をしちゃいけない」と感じました。

 私は、ほかの人に比べて、反応が早いほうだと自負しています。

 例えば、細い道で向こうから人が歩いてきたときにお互いに譲り合える、歩き方を選んですぐに行動に移すとか、
 セミナーのスタッフの時、休憩に入った直後に参加者より先に入り口の扉を開けるために動き出すとか、
 人通りが多いところを急ぐ時、人を突き飛ばしたりせずに、上手にすり抜けるとか。

 状況を見、判断し、行動するのは、早いほうだとは思うのです。
 けれど、それを1日中やり続けるのは、私には無理です。

 おそらく、ナース/ケア・ワーカーさんは、上記とは別の反応の仕方をされているのでしょう。

------------------

 そんなことを感じつつ見学していました。
 たった30分、現場を見せていただいただけでしたが、神経のある領域がかなり疲れているのがわかりました。

 今まで、ナース/ケア・ワーカーさんに敬意を持っていたつもりでしたが、まだ甘かったですね。頭でしか理解していませんでした。
 今回の体験で、段違いに心からの尊敬の気持ちをを感じることができました。

 今後、

   「コミュニケーションの取り方の改善に、
    コーチングを活かしたい」

 というご要望を伺った際には、もっと深くその想いをサポートして差し上げたいと思ったのでした。


関連記事

3a61f6f6f000352d400cefbdd6d08b27_s

「顔を上げるときこそ丁寧に」

> 礼は、頭を下げるときでなく顔を上げるときこそ丁寧に。 > 老舗の女将(おかみ)  (折々のこ

記事を読む

November2016

創り出すための道具が変わっていくことをあきらめる

> 「自分たちが信用して、やってた時代って終わったんです」と吐きだすように言った。 > デジタル技

記事を読む

Sleeping Cat / mchaconcr

エクストリーム土下座

 今回の記事は、完全に「ネタ」です。  って書かなくてもお分かりになると思いますが・・・・。

記事を読む

7621551872f9643a7487d53b418f4a15_s

『課題研究メソッド~よりよい探究活動のために~』

別件で調べ物をしていたら、このような書籍が発売予定とのことです。 著者ご本人の宣伝記事ではありませ

記事を読む

November2016

「経験値」は上がった

MacbookAir上のWindows10Proが起動できなくなって、はや2か月。 3日かけて修復

記事を読む

October2016

シミジミと感じる「幸福」は、どこにでもある

> われわれのそばを通り抜けてください、そしてわれわれの幸福を許してください! > ドストエフスキ

記事を読む

feb233edc292a72ef25a9bc0ff3414c7_m-2

「Happy New Ears」

> Happy New Ears > 英語の語呂合わせ  (折々のことば 選・鷲田清一)

記事を読む

January2017

「信頼できる大人と出逢えれば変ります。」

> 問題を持つ少年少女が、どこで信用出来る大人と出逢えるか。 > 相手が先生でも、警察官でもいいん

記事を読む

108155

コーチング料金に草津プレミアム商品券を使えます

コーチング料金のお支払いに『草津プレミアム商品券』をお使いいただけます。 草津プレミアム商品券

記事を読む

December2016

着族分類プロジェクト・・・でそれを聞いてさらに着った

着想くらぶhttps://www.facebook.com/groups/IdeationSF/

記事を読む

5cf3cfd7561291073eb13d6d18d7ac1e_s
Personality Insights診断結果

Personality Insights https://person

Title_learning child
プログラミングを何の授業で使うか?

(花まる先生 公開授業)プログラミングで慣用句クイズ千葉・柏市立田中北

Title_learning child
「ちがいを大切にする」に気づく授業

(花まる先生 公開授業)ちがい、大切にしてる?大阪市立新高小学校 金大

Title_learning child
人類が米作りをはじめたとして、どんなよいこと・悪いことが起こるだろうか

(花まる先生 公開授業)歴史、白黒つけられる?東京・筑波大付属小学校 

Title_learning child
勉強しているとき、文章を読むだけでは訳がわからない時

勉強法の一つの提案。 中二の息子が秀才の友達から勉強法を聞いて、

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑