*

ICFのコア・コンピテンシーの単語に突っ込みを入れる_Share

公開日: : et cetera-opinion

 下記の記事を書きました。

    『ICFのコア・コンピテンシーの単語に突っ込みを入れる_Communication
     http://views.core-infinity.jp/?p=794

 その中で、「share」について触れました。

 書き終わってから、「かなり大事だな」と感じたので、もう一度考えます。

------------------------------

 辞書で調べると、

━━[動](他)[III[名]([副])]
   1 …を分ける,(人の間で)分配する;…を割り当てる((out/among, between …))
   2 …を(人と)共有する,分担する;…を(他人の使用に)供する;…について(人と)話す((with …))

━━(自)
   1 [I[副]](…を)ともにする;(…に)加わる((in …));(人と)分担する((with …))
   2 等分する,均等に分け合う((out)).

[類語]
   share (他)で自分のものを他人に分かち与える. (自)で共に享受する,参加する. 格式ばらない一般的な語.
   partake 特に食べ物などの分け前にあずかる. 文語.
   participate 主に行動面での積極的な参加.
   [ eプログレッシブ英和中辞典 提供:JapanKnowledge ]

 「取り分を受け取る」「分配する」「分担する」「分け合う」といった意味です。
 ほかに、「貢献する」といった意味も書かれています。

------------------------------

 日常生活では、

    「(カプリチョーザで)パスタをシェアする」
    「(結婚して)苦労を共にする」

 といった場面で、「シェア」という言葉や、概念を使います。

 「パスタ」は、一応注文した人のものなので、「取り分を受け取る」でしょう。
 「苦労」は、「分担する」でしょう。

------------------------------

 コーチングでは?
 というお話です。

 前回はこのように書きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[share]
 コーチングではコーチは、クライアントと一体化して互いに区別がつかなくなるくらいに、クライアントの立場になりきって、クライアントを理解します。
 それは、クライアントの持っている情報だけではなく、感情や感覚を共有するひつようがあるのです。
 そのために、クライアントから感情や感覚を教えてもらい、コーチも言葉や言葉外で受け取ったクライアントの情報を正しく受け取っているか、返します。
 このことを「share(シェア)」すると表します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そのこころは、・・・少しジャンプしたところを埋めますね。
 ICFのコア・コンピテンシーに、こんな節があります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4. Coaching Presence
Is present and flexible during the coaching process, dancing in the moment.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「コーチングの時間、まるでクライアントとダンスを踊るように柔軟でいましょう」

 と書かれています。

 「ダンス」。それは、互いの呼吸を合わせることです。
 同じ呼吸をしなくても、相手の呼吸と調和した呼吸をすることです。

 それは、音楽で例えると、

    ●倍音
    ●和音
    ●リズムが全く違っていても、テンポが一緒で、一緒に聞くと調和する

 など、「相手の重心がどこにあるか」それを感じながら、
 クライアントは「まるで制約がないかのように、一人で踊るよりももっと自由に踊り続けられる」

 『それがコーチングだ!』

 という訳なんですが、その時に「share」が大切になってきます。

------------------------------

 最初に挙げた記事に、「communication」についても述べています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   『Communicationとは、
    あいまいで言語化されていないものを明確化して、
    2人の間ですべての言葉の意味が一致するまで伝えあって、共有すること』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この「伝えあう」というのが、「share(シェア)」だと思ったのです。

 ということから、Facebookで書いた言葉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コーチングのトレーニングの場で「シェア(share)する」って手軽に使っていたけれど、『共有する』って意味なんですね。伝える側も、受け取る側も、「覚悟」と「責任」がついて回る、大切に使わないといけない言葉と気づきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 につながったのです。

まだ説明がジャンプしているかなあ。


関連記事

84351b8e73a2804b7e6c0e664e69c403_s

自立と依存、希望と絶望

https://www.tokyo-jinken.or.jp/publication/tj_56_i

記事を読む

January2017

その話はホントですか?

特集「廃用症候群」 より ある方がFacebookに紹介していたサイトの情報。 リンク先の引

記事を読む

September2016

非常に興味深い「怪しい話」

非常に興味深い視点、データを教えられることはあるのだが、 3段論法のどこかの段が非常に飛躍していた

記事を読む

Title_learning child

教育困難校での教育方法は知らないけれど・・・・・

モンキー高校と侮蔑される教育困難校の実態スマホを回収しなければ、授業は完全崩壊http://toyo

記事を読む

Earth_small

「1000年コンサルタント」の言葉の先の現在

 お詫び。  昨年から今年の初旬にかけて、「1000年コンサルタント」と名乗っていました。

記事を読む

Praying Gopher / danelow

東日本大震災3年目の日に

Praying Gopher / danelow[/caption] 3年前のあの日、 今

記事を読む

ccf1c89a43c5823511970682c9877988_s

初対面のコーチに緊張する?

コーチが集まるあるところで、    「初対面の人に対して緊張するか?」 という話

記事を読む

7621551872f9643a7487d53b418f4a15_s

「人間の中に『好き』と言う感情があるから、戦争がなくならない」

魔法のコンパス 道なき道の歩き方, 西野 亮廣 より 未読です。 この本の中に、タモリさんの

記事を読む

September2016

「屈辱」の映像

> あのころテレビがなくて良かった。あんな屈辱の姿が後世に残ったら、死んでも死にきれません > 森

記事を読む

September2016

それでも「何のために人間は生きるか」を自分に問おうよ。

> 「何のために」人間は生きるかという問い……を拒否することが〈生きる〉ということの現実性だというだ

記事を読む

DSCF009219-2-mini
年賀状2018の画像の裏話

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

DSCF009219-2-mini
これからの僕のテーマ「夢をかなえる技術を伝えることと環境づくり」

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

DSCF009219-2-mini
新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます  コーチングはそのままに

e9635afbdd2318356e002a79f2fe03a1_s
Vol. 112 [思わずにやけてしまうほどやりたいこと]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

a64c7b1b7b4db62d05b7deca893008d4_s
Happy Holidays!

新月があり、冬至があり、クリスマスがあり、正月があり。 これまでを見

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑