*

橋下市長の慰安婦関係の発言を題材に

公開日: : 最終更新日:2013/05/20 et cetera-opinion

 今回の橋下徹 大阪市長の発言に対する様々な反論に、「あほらしいなあ」と感じました。

 橋下市長の発言はコチラ。

   橋下氏慰安婦発言:記者団との一問一答(要旨)
   http://mainichi.jp/select/news/20130514k0000m040097000c.html
   (毎日.JP より)

 最初に記しておかないといけないですね。
 『反論に「あほらしいなあ」』と感じた一番大切な点は、

    「事実と価値判断と倫理」をごっちゃにして扱っている

 ということです。
 「反論している人」の反論の仕方について、少々呆れました。
 こんな議論をしていたら、「反論している人」が大切に考えている「被害者を救う」ことさえできません。

----------------------------------

 という意味で、「事実」と「価値判断」と「倫理」を分けるトレーニングとして、この題材を使いましょう。
 なお、すべてについて、裏付けとなる情報を確認していません。
 「論理的に考えたらこうなる」ということを記します。
 お分かり頂けると思いますが、「戦争はいけない。不幸になる人を大量に作り出す」という気持ちにブレはありません。

●「侵略」に学術上きちんとした定義がない
  ・「事実」  :学術上の定義がないことは事実でしょう。私は確認をとっていません。攻め入って負けた場合は「侵略」と言われます。ただし、池澤夏樹さんのおっしゃる「他国の領土に軍を送ることが侵略である」は、一般的認知として正しいでしょう。でも学術的に採用されているかどうかわかりません。
  ・「価値判断」:今でもいろいろな立場の発言をする人がいます。当時の宣伝や建前は別にして、「あれは侵略だった」そう判断できます。
  ・「倫理」  :「侵略すべきではない」その通りだけれど、今はそのことを議論していない。

●従軍慰安婦問題も、意に反してそういう職業に就いたということであれば配慮しなければいけない
  ・「事実」  :望んで従軍した人もいるでしょう。一方で、証言から騙されて、もしくは人さらいのように連れて行かれた人もいるでしょう。橋下氏の発言には、これを否定していません。
  ・「価値判断」:どの話者も、「従軍慰安婦」について、自分の価値判断に合っている面からだけ話しています。
  ・「倫理」  :「従軍慰安婦はあるべきではない」。戦争は必ず「従軍慰安婦」を求める精神状態にしてしまうのであれば、戦争してはいけない、とは言えるが、今はそのことを議論していない。

●慰安婦制度は世界各国の軍が活用した
  ・「事実」  :私は確認を取っていません。ですが、戦争は必ず「従軍慰安婦」を求める精神状態にしてしまうのでしょうから、橋下氏の発言は事実でしょう。
  ・「価値判断」:「公的に整備していなくても、実際の運用上はあった」と考えるのが素直です。それに対して好き嫌いで判断したり、倫理で反論されます。
  ・「倫理」  :「慰安婦制度が軍にあってはならない」その通りだけれど、今はそのことを議論していない。

●軍や政府が国を挙げて慰安婦を暴行脅迫拉致したという証拠がない
  ・「事実」  :「公的な指示命令書」という証拠がまだ見つかっていないのは事実でしょう。ただし、機密情報など「後日証拠として発見されたら問題があるもの」は書類にしませんし、真っ先に処分します。さらに、「暴行脅迫拉致」の命令を書類に起こすことは考えられないでしょう。
  ・「価値判断」:「すべての慰安婦は、暴行脅迫拉致された」。世の中すべての人が、まったく同じ価値観で判断していることはありません。ただし、「誤解させるような勧誘」はあったかもしれません。
  ・「倫理」  :「軍や政府が国を挙げて慰安婦を暴行脅迫拉致してはいけない」その通りだけれど、今はそのことを議論していない。ただし、「誤解させるような勧誘」はあったかもしれません。

●生死の境で精神的に高ぶっている集団に休息をさせてあげようと思ったら、慰安婦制度が必要
  ・「事実」  :心理学的にも、脳科学的にも、正しいでしょう。そうでないと、心が壊れていきます。私は確認を取っていません。ですが、落ち着かせるために、「慰安婦制度」や「薬物」の利用は必要でしょう。そうでなければ、戊辰戦争を例に挙げるまでもなく、対戦相手の地域の女性へのレイプが起こります。
  ・「価値判断」:「日本軍人はそんなことを望むはずがない」。そう思うのは自由ですが、日本の歴史を見ても、起こったのは事実です。もちろん、世界のどの国も同じです。
  ・「倫理」  :「軍人は常に冷静沈着でなければならない」「軍人は慰安婦を求めてはいけない」。今はそのことを議論していない。

●今は慰安婦制度は認められない
  ・「事実」  :これは橋下氏の主張。
  ・「価値判断」:「慰安婦制度は認められない」。意見は一致しています。
  ・「倫理」  :「慰安婦制度は認められない」。意見は一致しています。世界的な世論でも、認められないでしょう。

----------------------------------

 以上のように、橋下氏の発言に「事実」としては間違いはありません。
 ただし、秦郁彦さんの意見のように、「専門家から問題となっている点を聞き、慎重にきちんと説明しないといけない」と思います。
 (<橋下氏慰安婦発言>「女性への冒とくだ」…市民団体も反発 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130514-00000001-mai-soci&1368462155 より)

 さらに、議論する際には、橋下氏は「事実」と「意見」をそれなりに分けて発言されています。
 反論するのであれば、

    「事実への反論の仕方」
    「意見への反論の仕方」

 をよく考えてから行いたいたいものです。


関連記事

October2016

コーチングのスキルは、使い手次第で良くも悪くもなる

電通の新入社員が、その年の12月25日に投身自殺したニュースを知って。 どこかに相談するとか、

記事を読む

Earth_small

先生、何歳?

 ロボット教室にて。  「若くないけど、若狭先生!」  「そうじゃなくて、いつも若い若狭先生

記事を読む

no image

「安くないと消費者は買ってくれない」って本当?

 「安くないと消費者は買ってくれない」  この状況からの脱却を謳って、現在、日銀の施策は円の市

記事を読む

988b5067e5983b1a7aa0e194f6e2c94a_s

お客さんを満足させる従業員の働く価値づくりはできていますか?

興味深い記事がありました。 『お金の国・ディズニーR、深刻な顧客満足度低下で「マクドナルド化」

記事を読む

Earth_small

橋下市長の発言を政治に携わる人として見てみる

 「橋下市長の慰安婦関係の発言を題材に   http://views.core-infinity.

記事を読む

Earth_small

「次元を上げる」

 「次元を上げる」というお話。  前回、「多様性」の話の中で取り上げたので、途中でこの話が止ま

記事を読む

Earth_small

ICFのコア・コンピテンシーの単語に突っ込みを入れる_Share

 下記の記事を書きました。     『ICFのコア・コンピテンシーの単語に突っ込みを入れる

記事を読む

3a61f6f6f000352d400cefbdd6d08b27_s

「学校でLGBTへの偏見を無くす授業」

近所のママさんが「学校でLGBTへの偏見を無くす授業をするらしいんだけど、異常なものを異常と認めなく

記事を読む

Earth_small

「選挙」って、「社会の多様性」を映すもの

 選挙のことで、やっとわかったことがあります。  今まで、「変だな」と思っていても、「問い」の形に

記事を読む

December2016

権力者とジョーク

> 権力者がジョークの流布を見逃すことができるなら、その権力は、あきらかに安定している > 宮田光

記事を読む

DSCF009219-2-mini
年賀状2018の画像の裏話

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

DSCF009219-2-mini
これからの僕のテーマ「夢をかなえる技術を伝えることと環境づくり」

新年あけましておめでとうございますhttp://views.core-

DSCF009219-2-mini
新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます  コーチングはそのままに

e9635afbdd2318356e002a79f2fe03a1_s
Vol. 112 [思わずにやけてしまうほどやりたいこと]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

a64c7b1b7b4db62d05b7deca893008d4_s
Happy Holidays!

新月があり、冬至があり、クリスマスがあり、正月があり。 これまでを見

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑