*

「1000年コンサルタント」の言葉の先の現在

公開日: : et cetera-opinion

 お詫び。
 昨年から今年の初旬にかけて、「1000年コンサルタント」と名乗っていました。

 今日気づきました。
 このコンセプトの一部が間違っていたと。

 お詫びと訂正をさせていただきます。
 混乱させまして、申し訳ありませんでした。

--------------------------------

 一番のコンセプト間違いは、

    「1,000年先に残るものを作りましょう」

 でした。
 実際には、

    「人の意志で、1000年続くもの、残るものを作ることはできない。
     すべての一瞬で必要とされた物だけが、結果として残る。」

 が真実です。

 木造建築であれ、コンクリート建築であれ、
 文学であれ、芸術品であれ、
 地域の祭りであれ、言葉であれ、
 そして、会社であれ

 1000年残そうと思って、残すことはできません。

 天災による破損。
 所有者による意図的な、または不意の破損。
 設計図が失われてしまい、メンテナンスできないこと。
 もともとの目的が忘れられること。
 人の出入りによる様々な影響。
 「不要」と判断されること。
 「必要」とされないこと。

 一瞬でもこのように判断されれば、消え去ってしまいます。

 飛鳥時代に創業された「金剛組」は、1,435年間も業務を行っていらっしゃるわけですが、本当にまれな例です。
 日本には、創業後100年以上経った会社が2万7千社以上ととても多く、世界的にも珍しい国です。

 これらの会社は、社会から「必要」とされているのです。

 しかし、次の一瞬、社会から「不要」とされる、もしくは経営者が「不要」と判断したら、その瞬間に無くなります。

 それに、「1,000年以上残すこと」を目的にするのは間違っています。
 それをする理由が大切です。

--------------------------------

 もともとね、

 あまりに「今の一瞬に、自分の利益になること」という視点
     「今の一瞬に、自分の損にならないこと」という視点

 これが社会にあふれているように感じられて、
 「そんな今の自分の損得じゃないでしょ?」という思いが強まって出てきた言葉でした。

 もちろん、経営する、仕事として働くということは、

    ・きちんとお金を請求し、払っていただく。
    ・お客様を守るためにも、会社を存続させる。

 これらは大切です。
 忘れたり、ないがしろにしてはいけません。

 その上で、「将来の子孫への負担となることをしない」という視点を持ちたかったのです。

[将来の子孫への負担ってどういうことかというと・・・・]
 例えば、
    ・原子力発電所の建設、運用
    ・谷や干潟に埋める「ごみ処理」
    ・化石燃料の消費
    ・プラスチックごみや重金属、毒成分を川や海に捨てること
    ・厳密なシステム研究に目がいっている地球温暖化
    ・パソコンなど電化製品の廃棄までの短期間化

 モノの、生産~消費のサイクルが、あまりに「刹那的」と感じて悲しくなったのでした。

 また、
    ・経済の右肩上がりを期待すること
    ・人口減を許さないこと

 なんて、結構自分勝手な都合が言われています。

--------------------------------

[将来の子孫への負担ってどういうことかというと・・・・]に追加して。

 こういうのって、せいぜい100年~200年くらいの時間スパンのお話です。

 「日本人として」でもいいですし、
 「人間として」でもいいのですが、
 どちらにしても、あまりに一瞬のできごとです。

 使われ出してから200年以内の技術というと、

    ・自家用車
    ・鉄道、飛行機
    ・電気
    ・電話
    ・コンピュータ
    ・インターネット
    ・蛇口から出る水
    ・旬の季節以外の野菜や果物
    ・レコードやCD

 これらって便利ですけれど、時間や時代の経過による検証ができていません。
 そういう意味で、1000年先を考えられる技術ではないのです。

 運よく様々な条件が揃い、社会から必要とされた物のみ、残っていくことでしょう。
 でも、これらって、すべて道具です。
 それを使ってすることが、1000年後にも理解されないと、何も残したことになりません。

 例えば、「5インチのフロッピーディスク」を1000年後に残したとして、奇跡的にデータがディスク上に残っていることが第一です。
 そして、そのディスクを読む機械があることが必要です。
 そこまで考えると、紙に印刷したものの方が、1000年残す可能性としては高いです。

 そんなことを考えているのは、私だけでしょうか。

--------------------------------

 話を戻して。

 ただし、解決策として提案していたことは、今も変わりません。
 それは信念を持って、「大切にしていこうよ」と思っています。

    ・お互いに素の自分を出せる、引き出し合える人間関係づくり
    ・自分の能力を自覚し、発揮できる場つくり

 これが、

 ●これからの社会がどのようになったとしても、「柔軟に」生きていけるための基本となる人間関係だし、
 ●互いに「自分らしく生きること」をサポートすることは、基本

 となるのです。
 この考え方・・・・これらはとてもわかりやすく、いつの時代にも共通で、変わりません・・・・は、とても大切です。

 このようにして生きた結果、その時代の人が、例えば「日本という国を閉じる」という決断をしたとしても、受け入れることとしましょう。
 この例は極端にしても、「日本語ではなく、英語を公用語にしよう」という動きはすでにあります。
 まだ企業内の言語の話ですが。
 そういえば、小学校で「英語を教科にする」という話も出てきていますね。

 将来の子孫が、何を決めたとしても、受け入れることとしましょう。
 でも、そのためには、「自分らしさ」を常に考えられる人間でいられるようにする責任が、今を生きる私たちにあるのです。

※余談
 英語の公用語化については、
 「日本語は優秀な言葉だから」という視点ではなく、
 理性で判断したことは、あまりいい結果にはならないと思いますよ。

 私の理解では、
 理性で思考され、広めようとされた、「エスペラント語」「日本語のローマ字化」は、実社会で使えるレベルには広がっていません。

 外部民族の侵攻がたびたびの地域では、互いが使う多言語社会が普通だし、
 駐留軍がいる地域では、商売のため、生きるため、必然的に言葉を使うようになります。

 言葉って、必要性なんです。

--------------------------------

 ということで、今でもお伝えし続けていることは、

    ・お互いに素の自分を出せる、引き出し合える人間関係づくり
    ・自分の能力を自覚し、発揮できる場つくり

 それらのための、

    「生きる『原点』を一緒に創る」

 です。
 今はかつてメッセージとしてお伝えしていた、

    「あなたが、あなたの人生をドライブしましょう」

 も、言葉として復活しています。

 今は、下記のように自己紹介しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生きる『原点』を一緒に創るコーチです。『原点』は、夢や目標を持ち、自分の人生を自信を持ってドライブし、生きるために必要です。自分らしい才能を発揮しながら自分の人生を生きる人同士が、互いに「感謝」「応援」「信頼」し、心の豊かさを一人一人が感じられる社会づくりをサポートしています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 よろしくお願いします。

※一部文章を追加しました。(2013.05.29 12:16)


関連記事

Earth_small

ICFのコア・コンピテンシーの単語に突っ込みを入れる_Communication

 ICFのコア・コンピテンシーを読み直していました。  国際コーチ連盟(ICF)は、http:

記事を読む

Rainbow Food III / dos82

お返しする間柄

Rainbow Food III / dos82[/caption] 先日お盆で実家に帰った

記事を読む

Title_learning child

学校で、書類を増やすより、授業内容をワクワクしながら変えていくには

> 今の改革は大学にアリバイづくりの大量の文書作成を促すだけで、肝心の授業内容はあまり改善されていな

記事を読む

Earth_small

2ちゃんねるの情報流出事件をながめて

 ブラックな自分って、絶対に居るんだし、無くすことはできない。  2ちゃんねるって、その発散場所に

記事を読む

Title_learning child

タブレット授業は必要?

滋賀県の「子ども県議会」で、タブレット授業について質問が出たという。 > 「学校のタブレット端

記事を読む

Othello / unloveable

ゲームの途中を楽しむ

Othello / unloveable[/caption] お盆で実家に帰った時、甥っ子、

記事を読む

Brand / loop_oh

他人の「ブランド」にタダ乗りしていませんか?

Brand / loop_oh[/caption]  大手高級レストランのメニュー偽装のニュ

記事を読む

Title_learning child

コーチングで子供たちに持ってもらいたいこと

教育現場や家庭でのコーチングはとても大切だと考えています。 「コーチングをする」ということではなく

記事を読む

5ebe2285e05bfab8335f1b134b3de3d1_s

「炎上させる人」「クレームをつける人」のエネルギーの向きを正しい方向にしてもらいましょう

検証したわけではないけれど、 6人もいれば「炎上」します。 最近のインターネットのツールはすごい

記事を読む

A drop and some droplets.... / shareitnow

リフレクション・コーチングのすゝめ

A drop and some droplets.... / shareitnow[/captio

記事を読む

Title_learning child
「子供の学習習慣をつけさせる」ために方便として「強制」も必要?

「子供の学習習慣をつけさせる」 というと、 「毎日机に〇時

Title_learning child
将来をイメージできたら、勉強への取り組みが変わってくる

塾を運営しているコーチ仲間とミーティング。 成績アップはもちろんだけ

Title_learning child
「勉強する」スキルを子供たちにつけさせたい

【補足追加】子供からも親からも不評だった小学校5,6年時の担任・Y先生

Title_learning child
「勉強する」とは、「問題の解決の仕方」を見つけ出す力を身につけること

プログラミングのプの字も知らない文系エンジニアが普通のエンジニアになる

cfdccf9964c9d1b2184300a2726ff234_s
Vol. 108 [僕が決めるもん!]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑