*

東京造形大学 2013年度入学式 諏訪学長による式辞

公開日: : et cetera-opinion

 もうすでにご存知かもしれません。
 新聞に掲載され、この学長の入学式の式辞を知りました。

 リンク先を掲載しますので、ぜひご覧ください。

   『東京造形大学 2013年度入学式 諏訪学長による式辞
    http://www.zokei.ac.jp/news/2013/001-1.html

 私の眼に留まったのは、こんな文章でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この大学の卒業生である諏訪学長は、在学時代、無名の映画監督たちに混じり、その助監督をしていました。
 そして、ふと大学に戻った時の話です。

 授業に出ると、現場では必要とはされなかった、理論や哲学が、単に知識を増やすためにあるのではなく、自分が自分で考えること、つまり人間の自由を追求する営みであることも、おぼろげに理解できました。驚きでした。大学では、私が現場では出会わなかった何かが蠢いていました。
 私は、自分が「経験」という牢屋に閉じ込められていたことを理解しました。
 「経験という牢屋」とは何でしょう?
 私が仕事の現場の経験によって身につけた能力は、仕事の作法のようなものでしかありません。その作法が有効に機能しているシステムにおいては、能力を発揮しますが、誰も経験したことがない事態に出会った時には、それは何の役にも立たないものです。しかし、クリエイションというのは、まだ誰も経験したことのない跳躍を必要とします。それはある種「賭け」のようなものです。失敗するかもしれない実験です。それは「探究」といってもよいでしょう。その探究が、一体何の役に立つのか分からなくても、大学においてはまだだれも知らない価値を探究する自由が与えられています。そのような飛躍は、経験では得られないのです。それは「知」インテリジェンスによって可能となることが、今は分かります。
(上記サイトより引用)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「経験」「実践」が第一、という風潮があります。
 それ自身間違いではないでしょう。

 けれど、「経験という牢屋」に入ってしまうこともあるのです。

 「自分が自分で考える」
 「人間の自由を探求する」
 「まだ誰も知らない価値を探求する自由」
 「クリエイション(=創造)は、「知」インテリジェンスによって可能になる」

 そう、経験だけがすべてではないですよ。
 経験を「知」で見直すことで、「創造」することができるのです。

 これは、大学で研究するときにだけ関係あることじゃなく、

    「人間としての自由を獲得する」

 時に必要なことだと思うな。


関連記事

October2016

すべての人に通じる言葉はない。言葉尻の揚げ足取りを取らないで

(寂聴 残された日々:17)バカは私 恨みを繰り返さぬためにhttp://digital.asahi

記事を読む

c754b0ce1ce84a0127152cd1ed6d0214_s

「自由に生きる」蛭子さんの生き方

蛭子さんの記事がありました。 『あの蛭子さんが「安倍首相の右翼的な動きが怖ろしい」と発

記事を読む

School buses in the fall / tncountryfan

学校の未来の作り方

School buses in the fall / tncountryfan[/caption]

記事を読む

Earth_small

考える前にシャッターを押すことの大切さ

 「考える前にシャッターを押すことの大切さ」をFacebookに短い文章で書きました。  それ

記事を読む

7621551872f9643a7487d53b418f4a15_s

みんなの中で共通する無意識

> 「僕はね、集合的無意識にアクセスしたいと思っているんですよ」 (一語一会)映画プロデューサー・

記事を読む

Earth_small

「1000年コンサルタント」の言葉の先の現在

 お詫び。  昨年から今年の初旬にかけて、「1000年コンサルタント」と名乗っていました。

記事を読む

70da57dfad26991efa5267ec57d39b9b_s

アンサイクロペディアで「3月11日」は?

アンサイクロペディアより ~~~~~~ 東日本大震災 2011年の3月11日には宮城県沖を

記事を読む

November2016

ペンは剣より強し?

> The pen is mightier than the sword. > ブルワー・リットン

記事を読む

Sea Ice in the Chukchi Sea / gsfc

「アイス・バケツ・チャレンジ」が流行っているようですが・・・

Sea Ice in the Chukchi Sea / gsfc[/caption] 「ア

記事を読む

September2016

まっとうな言葉

> 詩人は……「あ」が安いから「あ」をたくさん使おうとか、「ら」が高いから「ら抜き」言葉で書こうとか

記事を読む

ab7b71a20276bf7df25cd18f1759d01c_s
「ロボット・プログラミング」は単なる手段

Vol. 105 [決断を早める方法]http://views.cor

3838c6972918910f26674362b98dc14d_s
Vol. 105 [決断を早める方法]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

287e064537d295454a926e7120b57393_s
Vol. 104 [責任感と報酬]

〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓   

a03f5d9a0b01c5056fb8bbdb1004126f_s
教育勅語と祖母の思い出

このところ教育勅語が話題に上っています。 思い出したことがあります。

a03f5d9a0b01c5056fb8bbdb1004126f_s
『「未曽有の体験」には、「同じ未曽有の体験」がないといけない』か

> 大津波や原発事故をもし「未曽有の出来事」と言うなら、それに対しては

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑