*

「効率化」、「創造」、そして「多様性」

公開日: : et cetera-opinion

 この話を知ってから、『効率化』、そして『創造』という言葉についての気持ちが変わりました。

 何度も紹介しているこの本からの引用です。

    単純な脳、複雑な「私」
    By 池谷裕二
    http://astore.amazon.co.jp/hitotoikimono-22/detail/4255004323
    

 それはどんな話かというと、・・・・・・
 上記の書籍の「目の網膜は進化の失敗作をそのまま使っている」(232ページ)のお話です。

 講演の会話を文章にした体裁なので、整理すると、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 脳や身体の構造って、すごく精密にできているようでいて、意外と「使い回し」もしているし、場合によってはルーズなつくりになっている。
 目の網膜は、光を電気信号に変換する装置なのだけれど、完璧に効率的・・・とは言えない。
 網膜は何層にもなった薄い膜構造になっていて、光を感知するセンサ細胞は一番深いところにある。
 目に入ってきた光は、センサに届く前に、上層にある細胞を透過してこなくてはならない。
 さらに、センサで電気に変換された信号は、脳の方向に送り込むのではなく、配線を浅い方向に戻す。
 さらに配線は、脳に信号を届ける必要があるから、眼球に穴をあけて通してある。それが「盲点」。

(上記書籍より引用)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 もう一つ話を付け加えます。
 この内容について、どこに書いているか調べましたが、発見できなかったので、「National Geographic」から引用します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 鳥の羽は、何のために生まれたか、である。
 恐竜が飛ぶ機能を持つために、鱗から進化させたという考え方もあるが、鳥類と爬虫類が枝分かれする前のワニ類にも、羽の形成にかかわる遺伝子を持っていることがわかっている。
 つまり、鳥類と爬虫類が枝分かれする前のワニ類の祖先は羽を持っていた可能性があるのだ。
 もし、飛行のためでないとしたら、羽にはどんな利点があるのだろうか。
 「保温」のため、という説もある。

http://nationalgeographic.jp/nng/magazine/1102/feature01/ より引用)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 最後の説を採用すると、

   「鳥類は、恐竜が進化の途中で「保温」のために身につけた羽毛を、飛ぶために
    使っている」

 ということになるのです。

---------------------------------

 どういうことかと言いますと、
 単純な脳、複雑な「私」の池谷さんの言葉を借りますと、

    ●生物は、効率的に進化してきたなんてことはない。
    ●今持っている機能を使い回して、新しい機能を身につけている。
    ●その方法でしか進化できない。

 自分が神さまで、今からだったら、もっと効率的な構造にすることもできるのでしょうが。

 これを、日常の当てはめるのは強引な気がしますが、なんとなく納得もできます。

    ●本当の意味での「創造」はない。
    ●結局は、「使い回し」「組み合わせ」である。

 そして、

    ●「効率化」は、すべてを眺める視点を持つことで、「造り直」して実現する。

---------------------------------

 追加して。もう一つ簡単に紹介します。
 池谷さんは「ひねくれアリ」のことも書かれています。
 簡単に記すと、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「優等生の働きアリ」によって、同じ習慣を繰り返し行うことができる。
 でも、「皆と一緒の行動をしないひねくれアリ」によって、最短の効率的な経路を見つけられる。

(上記書籍より引用)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ということは、「生物の進化」から学ぶと、

    ●「効率化」は、すべてを眺める視点を持つことで、「造り直」して実現する。

 という方法で、「効率的」に「効率的」な方法を探すよりも、

    ●ランダムな発想と行動をする者を集団に一定割合入れておいた方が、
     「効率的な結果」を得られる。

 ということが言えそうです。
 『多様性』の大事さです。

 『効率化』『創造』から、『多様性』までやってきました。

 生物の進化からすると、自然なことです。
 こんな風に見ると、自分や社会や仲間を見る眼が変わってきます。

 あなたは、どう感じますか?


関連記事

988b5067e5983b1a7aa0e194f6e2c94a_s

お客さんを満足させる従業員の働く価値づくりはできていますか?

興味深い記事がありました。 『お金の国・ディズニーR、深刻な顧客満足度低下で「マクドナルド化」

記事を読む

Earth_small

ICFのコア・コンピテンシーの単語に突っ込みを入れる_Communication

 ICFのコア・コンピテンシーを読み直していました。  国際コーチ連盟(ICF)は、http:

記事を読む

Sea Ice in the Chukchi Sea / gsfc

「アイス・バケツ・チャレンジ」が流行っているようですが・・・

Sea Ice in the Chukchi Sea / gsfc[/caption] 「ア

記事を読む

September2016

白黒はっきりさせるとバラバラになる

> 危険なのは実際に専制において行(おこ)なわれるコントロールではなく……断片化なのです。 > チ

記事を読む

Earth_small

アイスブレイクが一杯詰まったサイト紹介

 「仕事のプロのためのコーチング技術」にかつて書いた記事の再掲です。    「アイスブレイクが

記事を読む

Robots only eat old people / r80o

ロボットの寿命

Robots only eat old people / r80o[/caption]  ロ

記事を読む

a76f4b84ea8d9f3c480894b281e2d84a_s

「教育」を実験してもいいじゃないか

> 教育はもつとも実験室化してはならぬものでありながら、もつとも実験室化しやすいもの > 福田恆存

記事を読む

Earth_small

“スルーする” コミュニケーション

 こんな記事がありました。    「“スルーされる人”に共通する残念な特徴     ht

記事を読む

Icy statue of young Lord Buddha, considering, A Garden for the Buddha, Seattle, Washington, USA / wonderlane

「赤ちゃん連れ」と「舌打ちおじさん・おばさん」

Icy statue of young Lord Buddha, considering, A G

記事を読む

Teacher_009 / tim_ellis

「先生」と呼ばれて

Teacher_009 / tim_ellis[/caption] 先生と呼ぶから生徒になる

記事を読む

5cf3cfd7561291073eb13d6d18d7ac1e_s
Personality Insights診断結果

Personality Insights https://person

Title_learning child
プログラミングを何の授業で使うか?

(花まる先生 公開授業)プログラミングで慣用句クイズ千葉・柏市立田中北

Title_learning child
「ちがいを大切にする」に気づく授業

(花まる先生 公開授業)ちがい、大切にしてる?大阪市立新高小学校 金大

Title_learning child
人類が米作りをはじめたとして、どんなよいこと・悪いことが起こるだろうか

(花まる先生 公開授業)歴史、白黒つけられる?東京・筑波大付属小学校 

Title_learning child
勉強しているとき、文章を読むだけでは訳がわからない時

勉強法の一つの提案。 中二の息子が秀才の友達から勉強法を聞いて、

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑